洗練された春モードに仕上げるメンズショートブーツ!おすすめブランド3選
men
2017/04/18

洗練された春モードに仕上げるメンズショートブーツ!おすすめブランド3選

出典:www.fashionsnap.com

これからはお洒落がさらに楽しくなってくる季節です。春を彩るファッションには、ショートブーツが重宝します。今回は、人気ブランドのアイテムに注目!季節感あるショートブーツのコーディネート術を、紹介していきます!!

お気に入り追加 0

Berluti(ベルルッティ)

■Berluti(ベルルッティ) について

出典:www.berluti.com

1895年の創業以来、ベルルッティは洗練された紳士の足元を装ってきました。斬新なクラシシズムと技巧を調和させ、メゾンベルルッティはその品位を守り続けてきました。ベルルッティのブティックを訪れるとメゾンの特徴を間近に感じることができます。

出典:気品あるメゾン | Berluti

■最新コレクションでも、王道のショートブーツを展開。Berluti(ベルルッティ)で足元をエレガントに飾りたい。

出典:www.buyma.com

ポリッシュレザーチェルシーブーツ。ダークブラウンの色合いが、渋くて、大人の色気を引きたててくれます。Berluti(ベルルッティ)のチェルシーブーツは、滑らかなハンドポリッシュのヴェネツィアレザーから製造されているのが、特徴です。さらに、テーパードトゥーデザインは伸縮性に長けたサイドガセットと、さらにスムースなレザー素材のライニングが備わっており、快適で抜群のフィット感を与えてくれます。
トリムのズボンやすっきりしたセルベッジデニムで試してみたいチェルシーブーツです。Berluti(ベルルッティ)のバッグと一緒に合わせれば、さらにラグジュアリー感もアップします。

出典:www.buyma.com

ダークトーンのネイビーでツヤ感のあるポリッシュレザーブーツ。レザーは、職人の手によって、丁寧に磨き上げられており、芸術品のような光沢を放っています。そして、ワックスで覆われたカプラのタクティールミックスによって作られています。また、交換可能なパッド入りの足首が快適な履き心地を実現してくれ、頑丈なグッドイヤーのソールで縫いつけられているのも特徴です。さらに、コバルトブルーのシューレースを追加で交換することもできるので、遊び心をもって付き合えるアイテムだと言えます。インディゴブルーやブラック系のボトムスジーンズと一緒にダンディな雰囲気を作りたいですね。バックパックをレザー素材にしても粋です。

出典:www.buyma.com

マット加工が施されたスエードデザートブーツ。上質で滑らかなスエードレザーからは、Berluti(ベルルッティ)らしい品格が感じられます。高級感はありつつ、ミリタリーテイストのあるコマンドースタイルのラバーソールが、男前度を上げてくれ、かつ攻めのファッションへと導いてくれます。シンプルなアイテムはもちろんデザイン性の高いアイテムとも合わせたいデザートブーツです。

■俳優として活躍するティモシー・シャラメが、スタイリッシュなセットアップスタイルに、Berluti(ベルルッティ)のショートブーツを導入。ボリューム感のあるアウターを羽織っても、足元で引き締めてくれて、バランスのとれたシルエットを完成させてくれます。

Saint Laurent(サンローラン)

■Saint Laurent(サンローラン)について

Saint Laurent(サンローラン)は「モードの帝王」との異名を持つ、アルジェリア出身のデザイナー、イヴ・サンローランが1962年に発表したブランドです。1960年代後半に、フランス人女優のカトリーヌ・ドヌーヴがマスコット的存在として位置したことで有名です。クラシカルなジャケットスタイルやラグジュアリーなドレスなどをコレクションで発表し話題を呼びました。2013年春夏コレクションより、新たにデザインディレクターに就任したエディ・スリマンのもとYves Saint Laurent(イヴサンローラン)からブランド名を変更。ビューティーラインのみこれまでのYves Saint Laurent(イヴサンローラン)のブランド名で発表されています。

出典:BUYMA.com サンローラン(Saint Laurent)の最新アイテムを海外通販!

出典:www.buyma.com

Saint Laurent(サンローラン)のハイエンドなジョッパーブーツは、ブラックなのに眩しいくらいにラグジュアリーで、足元に輝きを与えてくれるアイテムです。カジュアルからドレッシーなスタイルにまで、対応可能。ストリートシーンでは、タイトなカモフラージュ柄のジャケットと一緒に合わせると、トレンド感があってスタイリッシュ。カジュアルでも崩しすぎないことで、洗練された大人ストリートファッションを味わえます。

■活躍するシーンが多いマストアイテムのスエード素材のショートブーツ

材質においても常に高い水準を保ち続け、優雅さを演出するハイブランドとしての地位を保ち続けている『Saint Laurent(サンローラン)』の商品です☆ 滑らかな手触りのスエード素材で、足にフィットするサイズ感です。 シンプルな無地のデザインの中に、クロスバックのアンクルストラップがアクセントになっているおしゃれな商品です。 カジュアルでも、フォーマルでもどのような場面でも着用でき、着ている服装を更に魅力的に引き立ててくれる商品になっております。

出典:BUYMA.com Saint Laurent サンローラン|スエードジョドプールブーツ(27254268)

出典:www.buyma.com

出典:www.buyma.com

スエードレザーのショートブーツと、ダブルのレザーライダースジャケットとのMIX技は、男前オシャレの最高峰。思わずオトコ惚れしてしまうワイルドなコーディネートです。さらに、ダメージ加工が施されたホワイトジーンを履いて、爽やかさと、アグレッシブな姿勢、どちらもを演出してみましょう。休日のオフモードファッションに華やかさをもたらしてくれます。

出典:www.buyma.com

デボンスエード素材のアンクルブーツで、難易度の高いドレッシーなスーツスタイルに挑戦。高いデザイン性と、眩しいほどの光沢感があるスーツアイテムでも、Saint Laurent(サンローラン)であれば、個性も高級感も損なわれません。パーティーや記念日、結婚式など特別な日に履いていきたいアイテムです。

BALMAIN(バルマン)

■BALMAIN(バルマン)について

1945年、フランスでピエール・バルマンが設立した自身の名を冠したファッションブランド。バルマンは1914年フランス、サヴォワ生まれ。紳士服の卸業を営む父親とブティックを経営する母の元に生まれ、幼少期よりファッションに興味を抱く。パリ国立美術学校で建築を学んだ後、イギリス人デザイナー、エドワード・モリヌーにその才能を見出され1934年からモリヌーのメゾンで働く。1939年からルシアン・ルロンの元でモデリストを担当。1945年に独立。50年代にはバレンシアガ、ディオールと並んで3大デザイナーに数えられた。映画や舞台の衣装も手がけ、ヴィヴィアン・リーやマレーネ・ディートリッヒ、ブリジット・バルドーなどが着用。舞台ではトニー賞衣装デザインを受賞。1982年、バルマンが死去。アシスタントを務めていたエリック・モルテンセンがブランドを引き継ぐ。1993年からはオスカー・デ・ラ・レンタがデザインを担当。2003年よりローラ・メルシエがオートクチュールのデザイナーに就任。2011年、ロベルト カヴァリ出身のデザイナー。オリヴィエ・ルスタンがレディース・メンズともにデザイナーに就任。

出典:バルマン(BALMAIN) - ブランド検索|VOGUE JAPAN

出典:www.buyma.com

ブラックだけで統一させたクールなコーディネート。ダークなトーンになりがちですが、BALMAIN(バルマン)のアンクルブーツによって、類を見ないロックテイストを実現。ブラックレザーとチェーン付きハーネスストラップ、そしてアーモンドトゥとハードなレザーソールで、大人でロックなスタイルが完成しています。ライダースジャケットやダメージジーンズなど、ハードなアイテムとどんどん組み合わせていきたいですね。

出典:www.buyma.com

さり気なく履いたBALMAIN(バルマン)のレザーレースアップブーツ。一見シンプルですが、こだわりがスゴい。シルバーメタルのロゴ、フロントジップファスニング、シルバートーンメタルアイレットなど、ユーザーの期待を超えたクチュール感が堪らないアイテムです。タイトなスキニーパンツを合わせて、スッキリとしたシルエットでコーディネイト。カジュアルでも、セレブ感が溢れ出すスタイルになっています。

出典:www.buyma.com

ベージュのスエードレザーにセンスの良さを感じさせるショートブーツは、着脱式のフロントジップとレースアップ、そしてラバーソールで、コーディネートにボリューム感をアップしてくれます。ブラックだと落ち着き過ぎるという方には、こちらのスエードレザーがおススメ。

■トップスと同素材のキルティングレザーが印象的なショートブーツ。周りの人とは、絶対にかぶらない存在感が絶大なアイテムです。ハードなデザインのアイテムで個性的な印象を与えつつ、サルエルパンツのように股下の深いパンツを履いて、トレンドなシルエットでコーディネイトを楽しみましょう。

ぜひ春のコーディネートに取り入れてみてください!

ISSEY

EDITOR / ISSEY

大阪在住のライター。トレンドをおさえながらも、個性をだせるファッション情報を発信していきます!

関連するまとめ