Louis vuittonアトリエ見学レポ!!ヴィトンの人気の秘密に迫る
women
2017/04/17

Louis vuittonアトリエ見学レポ!!ヴィトンの人気の秘密に迫る

出典:www.buyma.com

パーソナルショッパーUchaさんのポストから投稿!Louis vuittonアトリエ見学に行った様子をご紹介いたします。
ルイヴィトンの機能性の高さ、丈夫さの秘密に迫っていきましょう!

お気に入り追加

Louis vuittonのアトリエ(工房)に招待されました

予約制少人数のスタイルで、じっくり見ることができる工房見学に行ってきました!

出典:www.buyma.com

こちらはパリ郊外の工房。外観からもただの建物ではない雰囲気が見受けられ、密やかな雰囲気・・・。
ここから世界中の人を魅了するブランド・Louis vuittonの製品が作られていると思うと、なんだかドキドキしてしまいますね。

入り口はこんな感じ。専属のムシュとマダムが、荷物を預かってくれます。

出典:www.buyma.com

予約の時間になると、案内の方が工房に連れて行ってくれます。

出典:www.buyma.com

こちらのお姉さんが、本日の案内人でした。ルイ・ヴィトンの歴史をじっくりと語ってくれます。
お召しになられているジャケットもとっても可愛いですね。こちらの販売は今はないらしいです。残念。

ブランドの歴史ですが、創設者のルイ・ヴィトンは1837年にパリで職人として見習い修行を始めました。その当時の主要な交通手段は馬車や船、汽車であり、それらの荷物は手荒く扱われていました。そのため旅行者は職人に依頼し、個々に持ち物を荷造りし、保護してもらっていたといいます。
その際に使われる木箱、トランクを顧客の要望に沿ってスペシャルオーダーで作る、それが彼の職人としてのはじまりでした。
これが、ルイ・ヴィトンの極めて特殊な原点です。

工房の中にはいると…

出典:www.buyma.com

当時作られていた木箱。大切な持ち物を守るために必要不可欠な丈夫さが評判を呼び、ルイヴィトンの職人としての評価は程なくして、価値あるものになりました。

出典:www.buyma.com

またこちらは、スペシャルオーダーで作られていた、トランクたち。オーダーメイドのため、オーダー主のイニシャルが彫られていますね。

出典:www.buyma.com

製作のために使われていた道具たちです。

出典:www.buyma.com

1900年代、旅行者はトランクにすべての必需品を入れて持ち運んでおり、それはしばしば泥棒の標的となりました。そこでトランク製造職人のルイ・ヴィトンは、錠前のシステムを採用。

出典:www.buyma.com

数年間の開発を経て、息子ジョルジュはこの画期的なシステムで特許権を取得。この錠前は現在も使用されています。ルイヴィトンはこのように、顧客の信頼を得る確かな技術で機能的な製品を作り出していきました。

出典:www.buyma.com

出典:www.buyma.com

サッカーボールカバーやラケットカバーもあります。面白いですね。
レザーの丈夫さの信頼も伺えます。

出典:www.buyma.com

その後、ファッション性も兼ね備えた製品も次々と発表。こちらは歴代のバッグコレクションです。

出典:www.buyma.com

じわじわとブランドしての地位や信頼を固めていったその後、1998年に、マーク・ジェイコブスによる初のウィメンズ・コレクションを発表し、モードの世界に進出。

出典:www.buyma.com

バッグだけでなく、靴など様々なの商品を作り出すことになります。

敷地内にはvuitton家の別荘も

出典:www.buyma.com

また、この工房の敷地内には、vuitton家の別荘もあります。
こんな素敵な別荘で、くつろぎながら製品づくりのアイデアを練っていたのかもしれません。

出典:www.buyma.com

今回のアトリエ見学で、louis vuittonのブランドの価値の高さを改めて実感しました。
歴史あるルイヴィトンの商品、ぜひチェックしてみてくださいね!

BUYMA.com Louis vuittonアトリエ見学から知る機能性の高さ、丈夫さの秘密 Ucha - パーソナルショッパーポスト

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

STYLE HAUSの編集スタッフ

LINE友達追加キャンペーン

あなたにオススメの記事