今年こそはものにしたい!オフショルアイテムの悩み解決する5つのポイント♡
women
2017/05/13

今年こそはものにしたい!オフショルアイテムの悩み解決する5つのポイント♡

出典:VOGUE

昨年に引き続きブームとなっているオフショル。ですが、大人女子にとっては肌を露出しすぎるのはちょっと……など、なかなかトライできないアイテムのひとつということをよく耳にします。そこで今回は年を重ねた女性に意識してもらいたいオフショルアイテムの5つのポイントをご紹介!

お気に入り追加

今からご紹介する5つのポイントを意識して、今夏はぜひオフショルコーデにチャレンジしてみてはいかがですか?

1.オフショル2WAY

出典:Like a Boss

まずは、ノーブルで正統派なおしゃれが大のお得意、オリビア・パレルモのデイリーウェアを覗き見。初心者さんは、シャツとしてはもちろん少しさげればオフショルとしても着られる2WAYタイプのものがおすすめです。

出典:BLOGLOVIN'

欧米の女性と違い、アジア人女性は肌を露出するとどうしてもセクシーな印象になりがち。そんな時は、デニムでカジュアルダウンするのもオフショルコーデのテクニックといえそう。

2.落ち着いたブラック

出典:www.sandrasemburg.com

ふんわりとした素材感やシルエットは、どうしても大人女子にとって難しいポイントのひとつ。そんな時は、ブラックをチョイスするのがうってつけです。全体をブラックでまとめることで、すっきりと落ち着いた仕上がりになるのも嬉しい。

出典:VOGUE

甘めのペプラムシルエットもブラックにすることで洗練されたスタイリングに。裾に広がりのあるシルエット同士をレイヤードするなど、あなたらしいスタイルを探求して。

3.ずれにくいリブ&カットソータイプ

出典:vanessajackman.blogspot.jp

リブタイプは、ボディラインをすっきりと見せてくれることに加え、はだけにくいので普段着に最適。お手持ちのシックなアイテムにも馴染んでくれること請け合いです。

出典:www.net-a-porter.com

また、リブ素材だとボートネックのようにして着ることも可能なので、休日はもちろんオフィスでも活躍してくれそう。

4.コールドショルダー

出典:somethingnavy.com

それでもやっぱり露出が気になる……という方には、肩や腕の一部分が見えるコールドショルダータイプがおすすめ。これだと屈んだときなどにずれる心配もないので、お子さんがいる女性も安心です。

出典:mindbodyswag.com

いつものコーデも、トップスをコールドショルダーにするだけで、ちょっぴりセクシーさとヘルシーさをプラス。

5.レイヤード

出典:Vogue Baby

最後のポイントは、レイヤードです。例え大胆なオフショルであったとしても、オーバーオールやロングワンピースなどを重ね着してあげることで、デイリーウェアに昇格!旅行などで遠出するとき、いつもとちょっぴり雰囲気を変えたいときなど、シーンに合わせて服装を変えるのも大人の流儀です。

出典:REFINERY29

最後にご紹介するコーディネートは上級者向けのアレンジ。ギンガムチェックがキュートなオフショルにレースアイテムをレイヤードするなど、意外な組み合わせが功を奏すこともあるんです。欲しいものを全て買うのではなく、お手持ちのアイテムとのアレンジを楽しむのも、おしゃれが上達する秘訣かもしれませんね。

いかがでしたか?

今回ご紹介したコーディネートを参考に、今年はオフショルにチャレンジしたい!と思っていただけたらとても嬉しく思います。

今年はぜひ自分らしいオフショルコーデを見つけて、夏を一段と楽しみましょう♡

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

智子

EDITOR / 智子

京都でフリーランスのファッションライターをしています。パリ在住経験と東京でのファッションライター経験を活かし、"貴女に似合うファッション"を切り口にトレンドをお届け。
Twitter @cherie_violette
Instagram @juillet___________14

おすすめアイテム(PR)

アプリダウンロードキャンペーン

あなたにオススメの記事