オーストラリア発!この夏欠かせないサーフブランド「TCSS(ティーシーエスエス)」
men
2017/05/24

オーストラリア発!この夏欠かせないサーフブランド「TCSS(ティーシーエスエス)」

出典:www.instagram.com

オーストラリア・ノーザンビーチ発のサーフブランド、TCSS(ティーシーエスエス) 。世界中で、コアなファンが増えてきています!!今回は、TCSS(ティーシーエスエス) のオススメ新作アイテムを紹介していきます!!

お気に入り追加

TCSS(ティーシーエスエス)とは

■TCSS(ティーシーエスエス)とは

オーストラリア・ノーザンビーチ発のサーフブランドです。オーストラリア在住のアーティストであるジム・ミッチェルとベン・ウォーターたちによって、2009年に立ち上げられました。「THE CRITICAL SLIDE SOCIETY(ザ クリティカル スライド ソサエティ)」としてスタートし、2010年よりブランド名をTCSS(ティーシーエスエス)に変更。

「普段の生活のなかに自然や海があり、それをアーティスティックに立体的に表現する」をコンセントに掲げています。1950年代、カリフォルニアのスタイルマスターたちや、1960年代後期のオーストラリアのワイルドな先駆者をイメージソースにしたプロダクトをつくっています。

TCSS(ティーシーエスエス)の特徴は、「alternative(型にはまらない)」服づくり。モダンなカットワークと、レトロなデザインを融合させています。マリンとタウンどちらでも楽しめるデザインで、世界中のサーフカルチャーやストリートシーンで愛されています。アメリカ西海岸のハイエンドなショップから、ニューヨーク、サンフランシスコ、イギリスなどで展開、日本でも有数のセレクトショップで取り扱われています。今や、TCSS(ティーシーエスエス)は夏の定番ブランドといえます。

ブランドロゴTシャツをデイリーに着こなす

フロント部分に、TCSS(ティーシーエスエス)とプリントされたシンプルなTシャツ。ブランドロゴが、ひし形のシェイプによって囲まれており、無駄を省いたデザインながらも、エッジの効いたアイテムになっています。ボタニカル柄のパンツやカラーパンツとの相性は、抜群です。

出典:www.buyma.com

ロゴ入りのTシャツは、カラーバリエーションも豊富。デイリーな着まわしに使いやすく、何枚か持っていても重宝します。オーバーサイズな感じで、ややルーズに着てみるのもアリですね。タイトなアンクレットパンツに、コンバースのオールスター HIとの組み合わせが、超絶にキマります。

インナーづかいにも使いやすいロゴ入りTシャツ。アウターには、ベージュなど落ち着いた色合いのシンプルなジャケットを着て、メリハリのあるコーディネートをしたい。サラっと着こなす感じがカッコいいですね。

出典:www.thecriticalslidesociety.com

ロゴ入りのロングスリーブTシャツを、ストリートづかい。とくにスケーターファッションのコーディネートにおススメです。コーデュロイパンツやチノパンツと一緒に、スタンダードなスタイリングで、王道のスケーターファッションを楽しめます。

リラックス感のある大人カジュアルに適したブラックの生地でつくられたTシャツ。ブランドロゴのデザインがはいったキャップ帽と合わせると、統一感を演出できます。カーキ系のパンツと一緒に、ワーク感のあるスタイルをつくりたい。

ボーダー柄Tシャツは、一枚だけでキマってしまう人気の高いアイテムです。シンプルなパンツと合わせるだけでもOK。フロント部分にブランドロゴがプリントされているので、周りのファッションとも差がつけられます。シンプルでも、個性をだしたいメンズにおススメです。

これからの季節に手放したくない完璧パーカー

ジャストフィットなサイズ感から、密着性の高い着心地から、立体感のある美しいシルエットで、手放したくないフーディーパーカー。TCSS(ティーシーエスエス)のロゴがプリントされていて、コントラストのあるデザインもGOOD。ヤミツキ度の高いアイテムです。スリムフィットのブラックジーンズと一緒に、クールなオシャレを演出したい。

サーフィンに行くオフスタイルでも使いたいフーディーパーカー。通勤通学のデイリーファッションから、ストリートづかいまで、どのシーンで着ても様になります。万能なアイテムを、ユニークなキャップ帽やバックパックなど、気の利いた小物アイテムと一緒に合わせたいですね。

ナチュラルなテイストで着こなしたい、鮮明なレインボーカラーのフーディーパーカー。カラフルなアイテムなので、一枚着るだけで存在感は抜群。フォークロアで自然な世界観が、海辺の雰囲気にマッチしてくれます。

パーカーからショートパンツ、ソックスまで同一のデザインで統一させたスタイリング。ヌケ感があって、ハイセンスなコーディネートです。シンプルなアイテムだけでは、ちょっと物足りないという欲張りメンズに、着こなしてもらいですね。

トロピカル柄のシャツで大人の装いを

白い生地をベースに、やや淡い印象を受けるグリーン、ブルー、オレンジの葉が方々にプリントされたシャツを、サラッと着こなしています。黒地のニット帽とサングラスを合わせることで、ルーズになりすぎず、引き締まった印象をつくってくれます。

ここ数年で、人気を集めてきているバケットハットに、バンブー柄のシャツを合わせて、トレンドな着こなしを実現。自然色のある風合いが、アウトドアのアクティブな活動にピッタリです。

少し胸元をあけて着たいボタニカル柄シャツ。白地のショートパンツとサンダルで、爽やかな大人のコーディネートを。さり気なくサングラスをかけることで、色気ある雰囲気をつくりだせます。

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ISSEY

EDITOR / ISSEY

大阪在住のライター。トレンドをおさえながらも、個性をだせるファッション情報を発信していきます!

今、読者が読んでいる記事

関連記事一覧