知っておきたい 憧れパリジェンヌの最愛ブランド
WOMEN
2017/07/01

知っておきたい 憧れパリジェンヌの最愛ブランド

出典:fr.maje.com

DiorやLouis Vuittonなど、フランス生まれのハイブランドはよく知っているけれど、パリジェンヌが普段実際に着ているお洋服って、いまいちわからない。そこで今回は、パリジェンヌの偏愛5ブランドをご紹介。これを知れば、エフォートレスでシックなコーデの秘密がまるわかり。

お気に入り追加

パリジェンヌのように、自分らしいファッションを楽しみたい貴女へ、エフォートレスシックなフランスのカジュアルブランドをお届けします。

1.maje(マージュ)

ジュディス・ミルグロム(Judith Milgrom)が立ち上げた、「maje(マージュ)」。ブランド名は、ファミリーネームと兄弟姉妹、そして自分の名前の頭文字を一文字づつとって名付けたのだそう。

出典:fr.maje.com

「不可能などない(tout est possible)」という言葉が彼女のモチヴェーション。2011年には、フランスの女性の働き方におけるスタイル部門で金賞を受賞するなど、溢れるエネルギーと情熱で「maje」をフランスで最も有名なブランドの一つに押し上げました。

出典:fr.maje.com

コンセプトは"ノマド モダンなボヘミアン シック"。幼少期のモロッコで過ごした経験が大きく反映されているそうです。ブティックは、マレ地区やモンマルトルなどいたるところにあり、今日ではフランスで200店舗、海外でも150店舗を展開。
いつも素敵にデコレーションされたショーケースも魅力。ナチュラルシックなおしゃれを叶えてくれる一押しブランドです。

出典:fr.maje.com

出典:www.buyma.com

出典:www.buyma.com

2.sandro(サンドロ)

「Sandro(サンドロ)」は、パリの代表的なショッピングエリア オスマン大通りに店を構え、「maje」とならびフランスでも大変な人気を誇るファッションブランド。

"単純性と複雑性"が同ブランドのコンセプト。どのアイテムも「Sandro」にしかないキラリと光るディテールが魅力。シンプルな中に構築的なデザインが顔を覗かせるなど、いつお店に立ち寄っても素敵なお洋服に出会えるんです。

出典:www.buyma.com

ハイブランドのようなリュクス感も特徴。クールさとフェミニニティが一度に楽しめるなど、まさにコンセプトどおりの魅惑的なラインナップ。フランスのカジュアルブランドの中でも、ひときわアーティスティックかつ洗練されたアイテムが目を惹きます。

3.zadig&voltaire(ザディグ&ヴォルテール)

「Zadig & Voltaire(ザディグ & ヴォルテール)」は、1997年にレディトゥウェアの発売を開始。

同ブランドでは、革素材やシルク、カシミアといったオーセンティックな素材を使用しつつ、ロックンロールの精神を宿すエッジの効いたお洋服がずらり。カジュアルでいてリュクス感も漂うという二面性が、パリっ子のハートを捉えてやまない理由なのかもしれません。

出典:www.buyma.com

街中のバス停では、同ブランドの広告を見ないことがないといってもいいほどパリジェンヌが愛するブランドの一つで、店舗はパリ中のいたるところにあります。一見ハードで奇抜ですが、着心地の良さには定評があり、きどらないお洋服たちはまさにデイリーウェアに最適です。

4.agnes.b(アニエスベー)

知る人ぞ知る「Agnes.b(アニエスベー)」は、1975年、パリはレ・アール地区にてブティックをオープン。

出典:www.agnesb.fr

創始者のアニエスは、ヴェルサイユにて生まれ、アート好きの父親の影響もあって美術館のキュレーターを目指していたそう。美術学校を卒業後、雑誌『ELLE』でエディターとして働きながら多くのメゾンのデザイナーとしても活動していたのだとか。

出典:www.agnesb.fr

まさにフレンチシックを代弁するような彼女のシンプルで力強いお洋服は、世界中の人々を惹きつけてやみません。ホワイトのカラーがついたブラックドレスは、まさに同ブランドのアイコン的存在。永遠に愛されるフランス代表ブランドの一つです。

出典:www.agnesb.fr

出典:www.agnesb.fr

5.COMPTOIR DES COTTONIERS

最後にご紹介するのは、自由が丘にも店を構える「COMPTOIR DES COTTONIERS(コントワール デ コトニエ)」。

朝・昼・夜といったシチュエーションや職業にかかわらず、すべての女性がいつきてもシックで現代的なアイテムがラインナップ。

"それぞれの人に、それぞれのスタイルを"、を信念にかかげる同ブランド。
街中では、毎シーズン有名な母と娘のデュオをミューズにした広告が話題を呼んでいます。女性が生まれながらにしてもつ大いなる愛と自信、内から自然と溢れ出る美しさ、また男性社会からの解放など、かつて女性たちが歩んできた歴史にも敬意を払い、年齢に関係なくどのような世代の女性が着ても美しいアイテムが豊富にラインナップ。リアルな日常着がここにはあります。

パリジェンヌのようなエフォートレスさを纏って

パリジェンヌのリアルな装いのヒントがこの5ブランドにはあります。
今回ご紹介したブランドを参考に、ぜひ、肩肘張らないシックな装いを楽しんでみてくださいね。

出典:fr.maje.com

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

J

EDITOR / J

"貴女に似合うファッション"を切り口にトレンドをお届け。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧