夏フェス間近★オシャレに着こなす【アウトドアファッション】アイテム
women
2017/07/16

夏フェス間近★オシャレに着こなす【アウトドアファッション】アイテム

出典:www.instagram.com

今年の夏フェスに何着て行こう?とお悩みのあなたへオススメしたい、アウトドアファッション。
キャンプもしちゃう本格的な山フェスから都市型フェスまで、機能性抜群のアウトドアファッションで今年の夏フェスを思う存分楽しみましょう!

お気に入り追加

山フェスコーデはキャンプと同じ!都市型フェスにも応用できる!

A post shared by Teva (@teva) on

大自然の山の中で行われるフェスは、気候や天候に左右されがち。都市型やビーチフェスに比べれば、一番アウトドアファッションが似合うフェスと言えるでしょう。もはやキャンプに行くんだという心構えで臨むのがベスト。
それでは早速アウトドアアイテムをご紹介しましょう。

取り入れたいアウトドアコーデ

実は海外のキャンパー達はおしゃれなコーデでキャンプに行く人がいっぱい。みんなと同じ山ガールコーデはちょっと、、という人やいつものアウトドアコーデをアレンジしたい人にもおすすめのコーデをご紹介します。

汚れても良いスニーカーより、ハイカットのトレッキングシューズならぬかるんだエリアでもガシガシ歩ける◎手持ちの服でコーデが完成できそうな入門アウトドアファッション。

ランニングやトレーニング用レギンスは足の疲れが溜まりにくいサポートデザイン。山フェスなら虫対策になるからぜひ取り入れたい!
海外ガールを見習ってキュッと引き締まったヒップでレギンスコーデを楽しんでみて。

日焼けなんて気にしない、フェスで焼くという人はもうこれくらいアウトドアファッションで行っても良いくらい!アスレジャーを取り入れたスポーティーなスタイリングながら足元はしっかり。ポイントアイテムさえ押さえておけば、アウトドアファッションは機能的で普段使いも出来ちゃうんです!

フェスの準備は足元から

そうは言っても日本の夏は蒸し暑すぎる!フェスファッションで一番気にして欲しい「足元」も、歩きやすいスニーカーや丈夫なトレッキングシューズはもちろんだけど、夏フェスならではのシューズ選びをしたい!サンダルなら水陸両用タイプを基本に、怪我なく楽しめるよう準備しましょう。

KEEN

出典:www.buyma.com

KEEN

アウトドアブランドのKEEN(キーン)。
このオープンエアスニーカーのUNKEEK(ユニーク)シリーズは、もちろん水陸両用で伸縮性のある素材なので厚手のソックスと合わせても大丈夫なのが嬉しいデザインです。
さらにサンダルなのにつま先が覆われているので裸足でいても足先を守ってくれる優秀サンダルなのです!

TEVA

出典:www.buyma.com

TEVA

アウトドアサンダルといえばTEVA(テバ)というくらい定評のあるサンダル。
そんな定番ブランドからも、トレンドを取り入れた厚底のフラットフォームシリーズが登場!背が低くて困っていた方(私も)必見!ホールド感のしっかりしたサンダルだから歩きにくいことも無くて履きやすい◎

A post shared by Hunter Boots (@hunterboots) on

言わずと知れたHUNTER(ハンター)は今も根強い人気◎アウトドアでもガシガシ歩けるレインブーツは天候の崩れやすい山フェスでも安心して楽しめます。今年はカラフルなカラーをチョイスして足元にポイントを持ってくるコーデで周りと差をつけましょう!はぐれてしまっても見つけやすいのです◎

雨対策は忘れずに

山フェス、都市型フェスでも雨対策はしておきたい。突然の雨でテンションが落ちないために、事前にオシャレアイテムをゲットしておきましょう!

山フェスでは気候や天候が変わりやすく、また2days参加のキャンプで一泊コースなら必ず持っていたいのがマウンテンパーカー。
防水機能も完備された素材なら、急な大雨にも対応出来ちゃいます。落ち着いた色じゃなく、赤などのポイントカラーでコーデの差し色に使うとオシャレに着こなせます◎

HUNTER

出典:www.buyma.com

HUNTER

トレンドの透け感はレインコートにも。HUNTER(ハンター)のレインポンチョは透け感のあるデザインで、大自然じゃない都市型フェスでもオシャレなコーデが完成します。軽くてコンパクトなので持ち歩くのにも邪魔になりません。

荷物は最小限に抑えたい!

ステージからステージへと移動も多いフェスでは荷物はできるだけ最小限にしたいところ。リュック選びも機能性を重視して選びたい!そんなあなたにオススメなのがVibedration(バイブドレーション)のバックパック。

「READY 2 RAVE」シリーズなど、完全にフェスを意識したリュックでサイズも小ぶりなのが嬉しい。体にフィットする形で背負ってることも忘れしまいそう!

実はこのバックパックは、登山用によくあるウォーターパック付きのバックパックなんです。水を入れたパックからストローが伸びて、水分補給に困らない!
アウトドアブランドには必ずあるバックパックだけど、こんなデザインは見たことない!
キュートなのに機能性抜群のVibedrationは日本未発売ながら要チェックです◎

ウエストポーチ

出典:www.buyma.com

ウエストポーチ

さらに荷物を減らしたいミニマリストさんにはウエストポーチがオススメ。都市型フェスで休めるスタンド席があるならケータイ、財布、タオル、リップ、虫除けスプレーなどの必需品だけを持ち運べるウェストポーチでの参戦も。山フェスでは少し頼りないので注意。

番外編・iPhoneケース

出典:www.buyma.com

番外編・iPhoneケース

防水のiPhoneケースも、紐付きや首かけ可能なポーチタイプを選べば気にせずガシガシ写真も撮れる!

アウトドアハットで紫外線予防を

何よりも気にしたい紫外線対策。アウトドア仕様のハットなら、アパレルブランドのそれよりUVカットの機能がしっかりしています。タグをよく見て、UVカットされている素材か確かめてみましょう。

アウトドアハット

出典:www.buyma.com

アウトドアハット

ハットはできるだけストラップ付きを選びましょう。そもそもアウトドアブランドのものはストラップ付きが多いですが、どれだけ踊っても強風が吹いてもへっちゃらです。
そして素材は濡れても乾きが早いものを。通気のメッシュが付いていれば汗もすぐに逃がしてくれるので蒸れを気にすることもありません。

セレブの間でも人気なキャップも見逃せない!
都市型フェスなら普段に近いコーデにキャップをプラスするだけでいつもと違うフェス仕様に変身できる!

番外編・バンダナ。
潮風の気持ちいいビーチフェスではこんなバンダナスタイルにしてもかわいい◎陽が落ちてきた夕陽に合いそうなカラーのバンダナでアメリカンガールを意識してみては。

いかがでしたか?

アウトドアファッションというと、日本では全て覆い隠す山ガールコーデを思い浮かべますが、私自身そのコーデに違和感を覚えていました。
でも海外のアウトドアを楽しむ人たちはとってもオシャレ!ぜひ気になるアイテムを取り入れて自分らしいアウトドアファッションで、怪我なく夏フェスを楽しんでみてください♡

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

MINA

EDITOR / MINA

WRITER in TOKYO.
loves BEAUTY, FASHION, TRAVEL.

おすすめアイテム(PR)

アプリダウンロードキャンペーン

あなたにオススメの記事