年末年始どこ行く?女子旅マカオがおすすめなワケ vol.3 ~マカオ自体が免税店!?~
travel
2017/08/03

年末年始どこ行く?女子旅マカオがおすすめなワケ vol.3 ~マカオ自体が免税店!?~

マカオってカジノのイメージって方多いのでは!?私が実際にマカオ旅行で行った女子旅にオススメのスポットを3回に分けてご紹介。最終回は女子旅に外せないショッピングスポットをご紹介!!

お気に入り追加

マカオはまだまだ知られていない魅力がいっぱい♡

マカオと聞くとカジノのイメージが強い方もまだまだ多いのではないでしょうか。美味しいものが沢山あり、ラグジュアリーホテルが軒を連ねるマカオの町は可愛いもので溢れていて、女子旅にはピッタリなんです!

第1回はフォトジェニックなマカオ、第2回は優雅なホテルステイをご紹介しました。最終回となる第3回目はお買い物好きにはたまらないマカオの魅力をご紹介します♪

年末年始どこ行く?女子旅マカオがおすすめなワケ vol.1 ~フォトジェニックなマカオ~

年末年始どこ行く?女子旅マカオがおすすめなワケ vol.2 ~優雅なホテルステイ~

マカオのショッピングが楽しい理由

【1】マカオには消費税がない!
マカオはタックスフリー!消費税がかからないので、免税店でなくても免税価格でお買い物が出来ちゃいます♡

【2】充実のショッピングモール
IR(統合型リゾート) が多いマカオには、巨大なショッピングモールが沢山あります。
マカオにないラグジュアリーブランドはないのでは!?と思う程のラインナップです。もちろん、ラグジュアリーブランドだけでなく、手頃な価格の日本未上陸ブランドも手に入ります!

そんなマカオのおすすめショップをご紹介!

GUCCI BEAUTY

日本未上陸のGUCCI BEAUTYがマカオに1店舗だけあるんです♪
場所はニューヤオハン(新八佰伴)というマカオ唯一のデパートの1階コスメフロアにあります。

リップやグロスはカラバリ豊富!アイシャドウもキレイな日本人の肌にも合うカラーが多く、思わず長居しちゃいます。

定番のリップはMOP$309。もちろん消費税がかからないので、免税プライス♪
私が行ったタイミングは同じシリーズのリップを2本買うと1本プレゼントキャンぺーン中でした♪

ゴールドの部分にはGGマークがついていて、持っているだけでハッピーなコスメ!
自分へのお土産にぴったりのお店です♡

住所:Av. Doutor Mário Soares n˚90, Macau
営業時間:10:30–22:00(月曜日~日曜日)

Sasa(莎莎)

マカオの街を歩けば色々なところで見かける「Sasa(ササ)」というコスメ専門のドラックストアのようなショップ。
香港のお店ですが、マカオにもたくさんあります。

■PUPA(プーパ)
日本未上陸のイタリア発コスメブランド「PUPA(プーパ)」がSasaで揃います♪
王冠やネコモチーフのメイクパレットが人気のブランドです。
リップも1,000円代から揃う手ごろなブランドなので、コスメ好きの友達へのお土産にもおすすめ。

真っ赤なパッケージが目印です!

■BOURJOIS(ブルジョワ)
惜しまれつつ日本から撤退した「BOURJOIS(ブルジョワ)」もSasaで発見!人気のチークなど思わずまとめ買いしたくなっちゃいます!

Benefit

日本未上陸のコスメブランド「Benefit(ベネフィット)」も「ショップス・アット・フォーシーズンズ 」内の免税店などにあります。

定番のチークやマスカラ、リップティントなどはミニサイズがあり、お試しで買ってみるのもアリ♪

IR内のショッピングモール

コタイエリアに複数あるIR(統合型リゾート)のには1日お買い物を楽しめる巨大ショッピングモールがいっぱい!
CHANELやLouis Vuittonなどのラグジュアリーブランドから、日本未上陸のブランドやファストファッションのブランドまで幅広く揃います。

■ショップス・アット・パリジャン
パリの街並みを再現したような「ザ・パリジャン・マカオ」にあるショッピングフロア。

「edition」というショップは、1万円~2万円程度でトレンド感のあるお洋服が揃っていてすごく可愛かったです!
7月~8月はマカオもセールシーズンで、こちらのブランドは50%オフでさらにお得になっていました!

日本のブランドにはありそうでないデザインが揃います。

■プロムナード
こちらは、「ギャラクシー・マカオ」内にあります。
1階にはラグジュアリーブランド。2階には手ごろな価格のアパレルブランドや子供服などが揃います。

フランス発の「maje(マージュ)」もこの時期セールで秋まで使えそうなトップスなどがかなりお得になっていました!

セレクトショップ「Branco」には、SELF PORTRAIT(セルフ・ポートレイト)やオーストラリア発のCAMEO COLLECTIVE(カメオコレクティブ)等がありました。

特にSELF PORTRAIT(セルフ・ポートレイト)は圧巻の品揃え!日本は沢山の種類を一気に見れるショップが少ないのでSELF PORTRAIT好きには嬉しいショップ♪

■ショップス・アット・ヴェネチアン
ドラマなどの撮影にも使われる有名な「ザ・ヴェネチアン・マカオ」のショッピングフロア。ゴンドラがあったり、まるでヴェネチアにいるような不思議な空間です。

イギリスの「Marks&Spencer(マークスアンドスペンサー)」は食品からプチプラのお洋服まで揃うショップ。

日本にはないショップなのでお土産にチョコレートやクッキーを買うのもオススメです。

いかがでしたか?
私もマカオを旅行するまでは、カジノのイメージが強かったのですが、お買い物やアフタヌーンティーなど女子が好きなものがいっぱい詰まったマカオに驚きました!
夏休みの旅行先をまだ迷っている方にはぜひマカオがおすすめです♪

協力:マカオ観光局
http://www.macaotourism.gov.mo

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

STYLE HAUSの編集スタッフ

あなたにオススメの記事