今から使える!【ban.do】の可愛すぎるスケジュール帳とタンブラー
ZAKKA
2017/08/31

今から使える!【ban.do】の可愛すぎるスケジュール帳とタンブラー

出典:www.instagram.com

海外通販BUYMAで活躍する韓国在住のパーソナルショッパー「missy closet」さんのポストから投稿!ロサンゼルス発のファッションアイテムが人気のブランド「ban.do(バン・ドー)」から可愛すぎるダイアリーとタンブラーをご紹介!

お気に入り追加

今から使える、2018年ダイアリー・スケジュール帳

2018年度用のスケジュール帳やダイアリーなら、今年の11月か12月頃から「どんなのにしようかな?」と考え始めて、早い人は年内に購入、ちょっとゆっくり派の人は年が明けてから用意する、なんてパターンがけっこう一般的なのではないかと思います。しかし、これからご紹介する ban.do の2018年度用のスケジュール帳は、なんと2017年8月始まり。つまり、来年用の手帳であるにもかかわらず、もう今から使い始めることができてしまうんです。それ、何てフライング?と思われた方も、ban.do のポップな手帳を見たら、早く使い始めたくてウズウズしてしまうこと間違いなしです!

出典:www.buyma.com

ban.do はLA発のアメリカブランドなので、8月始まりの手帳・スケジュール帳があるのは、9月から新学年がスタートするアメリカの教育システムの影響によるところが大きいと思われます。日本の4月に近いイメージがあるので、手帳を新しくして心機一転! という心境にもなりやすいのでしょう。最近は日本でも学部によっては9月から新年度が始まる大学等も増えてきていますので、そのような場合は頼もしい相棒となってくれることでしょう。

出典:www.buyma.com

ban.do の手帳の人気の秘密は、なんといってもそのカラフルでガーリー、かつポップな世界観でしょう。マンスリーページとウィークリーページの両方があり、ノート部分もちゃんとあって実用面でのニーズにしっかりと応えてくれるだけでなく、ベージ毎に展開している可愛いアートワークが素敵すぎて乙女心が刺激されまくり!通常、手帳やダイアリーは他人に見られたくないというか、見られたら困るものですが、ban.do の手帳に限っていえば、むしろ「見て、見て! このページすごく可愛いの!」と、自分から誰かに見せたくなってしまうような不思議な魔力があります。

出典:www.buyma.com

17カ月用のスケジュール帳を使うことのメリットは、それでなくても忙しい年末の時期に、来年から使えるスケジュール帳を探し求めて心身ともにバタバタとしなくても済むことでしょう。ban.do のステッカーブックは、700枚以上の可愛いシールがセットになっているので、スケジュール帳のカスタマイズ用としてはもちろん、便せんや封筒に貼ったり、ギフトラッピングのアクセントにしたり等、さまざまな使い方を楽しむことができます。手帳と一緒に、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。一つ注意点があるとすれば、17カ月用なので、通常の12カ月用の手帳に比べるとそれなりに厚みがあります。バッグに入れていつも一緒に持ち歩くスタイルの方はなるべく小さめのサイズを、常にデスクの上に置いておく形で使用される方は大きめのサイズを購入されるのがベストかもしれません。

サーモタンブラーはオールシーズン愛用できる必需品!

ban.do というと、どうしてもスケジュール帳や文具のイメージが強いブランドなのですが、実はサーモタンブラーも隠れた人気アイテムだったりします。

出典:www.buyma.com

冷たい飲み物は冷たいままで、温かい飲み物は温かいままで!そんな当たり前の要求を簡単に、そして余計な電気代やガス代を使うことなく手軽に叶えてくれるサーモタンブラー。高機能で無機質な印象のタンブラーも決して悪くないですが、どうせ使うのなら、やっぱり可愛いデザインのものの方が気分が上がりますよね♪ ということで、ban.do のタンブラーの出番です。オフィスでも自宅でも気軽に使うことができるサーモタンブラーは、大切な方へのプレゼントにも素敵ですね。お気に入りの1点を、ぜひ見つけていただけたら嬉しいです♪

いかがでしたか?

A post shared by ban.do (@shopbando) on

これからスケジュール帳を買い替えたい方、また秋冬に向けてタンブラーを追加購入しようと思っていた人に打ってつけの「ban.do」。ぜひポップで可愛すぎる世界観に浸ってみてください!

乙女心が刺激される ban.do のスケジュール帳とタンブラー!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

STYLE HAUSの編集スタッフ

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧