持っていたらセンスがいいと言われる腕時計特集!
MEN
2017/11/25
12436 VIEWS

持っていたらセンスがいいと言われる腕時計特集!

Photo by:www.instagram.com

大人の男の必需品、腕時計。
最近ではスマートフォンの普及により時計としていない人もいるかもしれませんが、社会人ならば必須アイテムです。
今回は手が届きやすい10万円前後でご紹介していきます。

男の三つの神器とは

昭和生まれのビジネスマンであればすぐにピンと来るかと思いますが、男の三つの神器と呼ばれるアイテムがあります。
それは車・時計・ビジネスバッグです。
やはりできる男であれば時計はしっかり拘りたいもの。
それではご紹介してまいります。

ハミルトン/ベンチュラー

世界初の”電池で動く時計”が、このベンチュラ。

ハミルトンは1800年代半ばにアメリカにて創業。
エレクトリックの独創的なムーブメントを表現したというこのデザインは、キャデラックのデザインで有名なリチャードアービブによるもの。
10万前後でかっこいい時計と言えば真っ先にこのモデルが思い浮かぶ方もいるのでは?
ハミルトンのベンチュラーはかのエルヴィス・プレスリーが愛用した一本。
洒落者の必需アイテムです。

GUCCI(グッチ)

A post shared by Gucci (@gucci) on

ミケーレ手がける新生グッチはファッション界でも飛ぶ鳥を落とす勢い。
重すぎる雰囲気なくつけられる一本はオフでも楽しめそうですね。

HERMES/アップルウォッチ

確かなクラフトマンシップで世界のトップブランドの頂点に君臨するHERMES(エルメス)
とiPhoneをはじめ革新的なアイテムで人々のライフスタイルまでを変えてしまったApple(アップル)のコラボレーション。
スマートフォンの通知をすぐに知らせてくれる機能など、忙しいビジネスマンにオススメの一本です。

ベルトにも様々なバリエーションがあり、自分好みの一本を選ぶことができます。

LUMINOX(ルミノックス)

A post shared by Luminox (@luminoxworld) on

ラテン語で「明るい夜」を意味するアメリカのミルスペック・ウォッチブランド。
特殊部隊であるNAVY SEALSやSWAT、戦闘機のパイロットなどの軍用品として採用されている実績をもっています。
ごついデザインで男らしいルミノックスの一本。
頑丈堅牢でたくましいイメージですね。
スポーツマンやサーファーにもオススメしたい一本です。

TISSOT(ティソ)

TISSOTは1853年に創業したスイスの時計メーカー。、世界で腕時計の生産量No.1、MotoGP・国際自転車競技会・アイスホッケー・フェンシング・バスケなど様々な分野でオフィシャルタイマーとして名高いブランドです。

JUNGHANS(ユンハンス)/マックスビル

世界で最初に電波時計を作ったことで知られている、ドイツ最大の時計メーカー。
代表モデルは、ドイツを代表する歴史的デザイナーから名前を取ったマックスビル。ドイツ製の精巧な作りと、シンプルで工業的な美しさを体現した、ドイツ伝統のバウハウス様式のデザインが美しい一本です。

もし時計をお持ちでない紳士諸君もこの機会に是非、自分にあった一本を見つけてみてはいかがでしょうか?
仕事も遊びもできる男のパートナー腕時計を手に入れてください!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

mu-min。

EDITOR / mu-min。

メンズファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧