真似したい度No.1!ヴィクトリア・ベッカムの"ゆったり女っぽい"スタイルを大解剖!
2017/12/07
7762 VIEWS

真似したい度No.1!ヴィクトリア・ベッカムの"ゆったり女っぽい"スタイルを大解剖!

Photo by:www.instagram.com

大人シックなスタイルで現代のファッションアイコン的存在のヴィクトリア・ベッカム。ここ数年は、それまでのボディコンシャスなスタイルから一変、リラックスムード満点のスタイルに完全シフト。”ゆったり”しているのに”女っぽさ”もしっかり踏まえたヴィクトリア・スタイルの秘訣をご紹介します!

現代のファッションアイコン「ヴィクトリア・ベッカム」とは

現在43歳のヴィクトリア・ベッカムはイギリス出身。90年代を代表するアイドルグループ、スパイスガールズの元一員で、愛称はポッシュ。現在はデザイナー・実業家としての活動が注目されている。身長も163cmのヴィクトリアのスタイルは、日本人女性も大いに参考になりそう。

ヴィクトリアが注目されるようになった一因のひとつが、デヴィット・ベッカムとの結婚。三男一女に恵まれ、四人の子を育てる母としての一面も、幅広い女性に共感・支持されています。

そして近年ではすっか一流デザイナーの仲間入りを果たしたヴィクトリア。2008年に自身の名を冠したブランドを発表して以来、瞬く間に世界中のファッショニスタを虜に。シンプルながら程よいモード感とカッティングの美しさで、上質感を求める大人の女性の支持者を増やしています。

ゆったりでも縦長シルエットが叶う「ニット×ロングスカート」

最近のヴィクトリアの象徴的なスタイルとも呼べる、ゆったりとしたタートルネック×ロングスカートのコーディネート。アイテム選びのポイントは、ボディラインが出過ぎず、でもボリューム感を抑えたタイプのニット&スカートをセレクトすること。しっとりとした落ち感のいい上質ニット&スカートの組み合わせなら、リラックス感のあるスタイルも女らしいロング&リーンなシルエットに。

顔映りがキレイに見える発色のいいカラーのニットも冬の街に映えてオススメ。ボリューム感はあっても柔らかい素材感のシフォンスカートと合わせれば、ロング×ロングのコーデもスッキリとフェミニンな雰囲気に。足元には、しっかりと重量感のあるブーツを合わせて全身のバランスをよく。

ワイドパンツは「ライン入り」で脚長効果倍増!

ゆったりとしたワイドパンツも、ヴィクトリアお得意のアイテムのひとつ。マニッシュな雰囲気がカッコいいアイテムですが、バランス良く着こなすのが難しいのも事実。そんなときには、是非ヴィクトリアのような「サイドライン」が入ったタイプを選んでみて。重く見えがちなワイドパンツも、サイドに入ったラインの効果で脚が長く、女性らしいバランスで着こなせます。

ライン入りパンツをさらにスタイルアップさせるには、トップスも同系色で合わせるのがベター。シャツはもちろん、ハイゲージのニットなどを合わせて、上半身はコンパクトにまとめるのが正解です。

大人の艶感を演出してくれる「ボルドー」を効果的に使う!

ゆったりとしたシルエットのスタイリングには、大人の”艶感”を演出してくれる「ボルドー」のアイテムを味方に付けて、女っぷりの高いコーディネートに。タートルネックにワイドパンツのマニッシュなスタイルも、ボルドーのバッグをプラスしただけで、格段と女度がアップ!

ニットとパンプスを「ボルドー」でリンクさせたコーディネート。シンプルなアイテム同士のコーディネートながら、ボルドーの効果で大人の女度満点のスタイルに。

肩から羽織って颯爽と着こなしたいオーバーサイズのコートも、2枚目なら「ボルドー」を選ぶのもオススメ。こっくりとした色味と上質な艶感で、メンズライクなスタイリングでも女っぷりの高いコーディネートに。

ドレスアップだって”ゆったり”がヴィクトリアの新ルール!

ドレスアップスタイルも、最近はボディラインをあまり強調しないゆったりデザインが好みのヴィクトリア。それでも女らしく華やかに見えるのは、優雅に見えるロング丈と上品に肌を露出できるタイプを選んでいるから。ピュアホワイトのこのドレスは、リッチな素材感とドレープの美しいスカート部分がエレガント。

無駄を排したデザインのジャンプスーツも、ヴィクトリアらしいドレスアップアイテム。ボリューム感のあるパンツ部分とスカラップされたような胸元のデザインがカッコよさと女らしさを両立しています。

肩の力が抜けたリラックスムードを上手に女らしくまとめた、最新ヴィクトリア・ベッカムスタイル。私たちでも真似しやすいアイテム&コーディネートばかりだから、是非彼女をお手本に、大人の洗練スタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか?

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

RY

EDITOR / RY

Fashion Editor/Writer
ベーシックにちょっとだけ今っぽい雰囲気をプラスした大人のスタイルを、世界中のトレンドから選りすぐってお届けします。

おすすめアイテム

(PR)