鼻も+5mmは高見え!?KKW Beautyでプチ整形級メイクやってみました
MAKE
2017/12/27

鼻も+5mmは高見え!?KKW Beautyでプチ整形級メイクやってみました

出典:www.instagram.com

インスタでよく見るコントゥアリング。専用キットで自然な彫り深フェイスになるまでを元鈴木さんがレポートしました!

お気に入り追加

誰でも彫り深になれる、コントゥアリングって?

コントゥア(陰影)を付けるという意味のメイクで、海外のインスタグラマーがよく挑戦しているのを目にすると思います。

ブームのきっかけは、キムカーダシアンが鼻の整形疑惑が出た際に「みんな鼻を整形したって言うけど本当にコントゥアリングだけなのよ!」と否定し注目が集まったことでした。

しかしいまいち日本人には濃すぎるのでは・・・?
とお思いな方のために、平たい顔をした元鈴木さんが、日本人でも浮かないコントゥアリングを体験してみました!

使うのはKKW Beautyのキット

今回は、元祖コントゥアリングクイーンことキムカーダシアンのブランドKKWから出ている、パウダーとクリームのコントゥアリング専用キットをそれぞれ使ってみました!

A post shared by KKWBEAUTY (@kkwbeauty) on

まずは色の選び方

ライト、ミディアム、ダークの三種類あるこちらのキット。
キムはライトとミディアムの中間の肌色で、ハイライターはライト、コントゥアはミディアムだそう。

私はライトでチャレンジ!

私は黄みのある肌なので不安でしたが全然平気でした。白人向けのカラーのようなので、ブルーベースの方も大丈夫かと思います。

パウダーコントゥアには大きめのブラシ、クリームコントゥア2本には小さめのブラシがついてます。

保湿が鍵!

肌以外の化粧が済んだ状態からのスタートです。しっかり保湿はしましょう。
私が使ったのはこちら。

ヴェレダのファーミングコンセントレートは、肌に驚くほどすっと入ってべたつきません。いつもは1滴で十分なのですが、コントゥアリングにはたっぷり3滴使ってしっとりさせてます。
(あと実店舗で買いましたが2000円も高かったので今泣いてます)

さて、このヤバいのが私のアイメイクだけの状態です。アラサーの肌のくすみ、シミ、赤み、徹夜による肌荒れ諸々が本当に隠れるのか心配ではあります!

クリームコントゥア

ハイライト、コントゥア、ブラシのセットです。カラーはライトを使います。

A post shared by KKWBEAUTY (@kkwbeauty) on

ハイライトとコントゥアにはⅠとⅡの番号が振ってあります。ちょっと同じような色で見にくいですが…。

付け方です。
基本的には付属のブラシのフラットトップのほうを使いますが、細かい作業はアイシャドウブラシなどを使うといいでしょう。

ハイライトです。おでこは足りない場合は足してください。
Ⅱのハイライトは光を集めるので、あるとないとでは立体感が大違いです。

Ⅰは水を含ませたスポンジで伸ばしますが、正直使いづらいので卵形のスポンジとかの方がおすすめです。

ちなみにスポンジやブラシは取り外し可能ですので、パウダーコントゥアのブラシと交換もできます。好きなものを持ち歩ける点は良いです。

コントゥアです。

フェイスラインは数字の3を意識してくるくるしましょう。
頬骨の部分は、顔の外側から内側にすっと払うように伸ばすとうまくいきます。

鼻で大事なのは、鼻筋を一直線にしないこと。Ⅱの部分は三角を書くように塗ると、立体感が出ます。

鼻の下は、影ができる部分に陰を足すようにⅠのコントゥアを塗ると立体感が出ます。
ハイライトは、キューピッドボウと呼ばれる唇の山の部分がきゅっと上がって見えるので鼻の下が短く見えます。

スティックですが、とても柔らかいのでするーっと伸びます。

キムはささっと馴染ませてましたが、この時はまだ本当に大丈夫なのか不安でした(笑)

キムの動画のやり方が一番楽ですが、作り込むならこれが最も立体的に顔を作れました。がっつりやるならマークした場所に全部塗りつぶす方法がいいですが、少量を伸ばす感覚だと自然な仕上がりです。今回は自然な仕上がりを目指してみました。

ビデオでキムがやっていたように、アイホールと目の下にⅡのコントゥアを馴染ませます。

参考にしたのはこちらの動画。

完成です!

塗っているときは大丈夫か…!?と心配になりましたがブラシをクルクルしているうちに綺麗に馴染みました。

ハイライトは光を自然に集めてくれてとても優秀です。そして鼻のあたりを見ていただけると分かりやすいのですが、コントゥアもとても自然でやってる感なく彫り深になれます!

しかしもっとカバー力があるもんだと思っていたので、何もない状態から始めたのを後悔。素のヤバさが隠し切れていない…!
粗はコンシーラーで隠しきってからやるべきなんですねえ。

カバー力はそこまでない分自然な仕上がりになるので、元の肌が綺麗な方にはおすすめできます。私のようにニキビ跡や赤みのある方はしっかりコンシーラーやコントロールカラー使ってからがいいかも!

パウダーコントゥア

ハイライト2色とコントゥア2色に、大きな鏡、ブラシがセットです。

A post shared by KKWBEAUTY (@kkwbeauty) on

こちらはどうやら先にいつものファンデーションで仕上げてから仕上げるタイプのようなので、いつものお化粧を済ませてから試してみました。

こちらが24Hコスメのプレミアムスティックファンデーションとetvosのチークを済ませたいつもメイクのビフォーです。

アフターです!

立体感が違いますよね…!
特に鼻先のシャープさが全然違います!

数字を私の方で振っておいたので、こちらを参考に顔を作ってみてください。

ハイライト

パウダーハイライトは、非常に光を集めるのでクリームのように広範囲に伸ばす必用はございません。
②は粒子が①より大きいので、ちりめん皺が気になる方は①の細かいハイライトの方が目立たなくていいかもしれません。

コントゥア

コントゥアも同じです。付属のブラシの斜めカットの方を使ってください。細かい部分はアイシャドウブラシを使ってください。

鼻や唇周りも同じですが、パウダーは少量を様子を見ながら乗せていってくださいね。乗せすぎるとクリームより浮きます。

今回は涙袋も描いてみました。
ハイライトは、細かい皺が気になる方は②を①にしてくださいね。

涙袋描くとよく分かるのですが、ハイライトだけでなくコントゥアパウダーも光を集めるのか、顔から浮かないんです。前にマットなアイシャドウで涙袋を描いてみた時は、不自然に浮いてしまったので感動しました。

完成がこちら!

ハイライトで高いところは高く、コントゥア部分は生まれてこのかたずっと陰でした風になりました!

眉下の陰の自然さもなかなかですが、鼻や涙袋の立体感が際立っています。
頬もコントゥアによって高く見えるので、若く見える効果もありそうです。

パウダーは粒子の輝きのおかげか、豪華な艶肌に仕上がります。
これだけでメイクは完成しませんが、いつものメイクに足せば立体感が簡単に出るので、記念撮影などの大事なシーンでも活躍すると思います。

結論

実は今までにも、普通の暗めのファンデーションでコントゥアリングもどきには何度かチャレンジしたことがありましたが、どうしても浮いてしまって気にくわなかったのです。今回KKWを使ってみて、こんなに違うとは思いませんでした。やっぱりコントゥアリング専用は全然違うんですね・・・!

A post shared by KKWBEAUTY (@kkwbeauty) on

自然な仕上がりはクリームコントゥア。
艶肌ならパウダーコントゥアをおすすめします。

今回私が使用したのはこちら!

いかがでしたか?
皆さんの鼻や輪郭を作ったリポート、いつでもお待ちしてます!

元鈴木さんのTwitter

KKW BEAUTY(ケーケーダブリュー)のアイテムをもっと見る!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

元鈴木さん

EDITOR / 元鈴木さん

CカップをGまで育て上げました。バストアップとくびれ作りならお任せください。ちなみに頑張らずに綺麗になれる方法しかやりません。でも努力しないための努力は惜しみません!大きめの旦那がいます。
twitter @motosuzukisan
instagram motosuzukisan

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧