ロング丈アウター×細身ボトムスでキメるコーデ
MEN
2018/01/06

ロング丈アウター×細身ボトムスでキメるコーデ

出典:www.instagram.com

ロング丈のアウターと、細身のボトムスでまとめる!スタイリッシュなコーディネートを今回は紹介していきます!ゆるめのワイド丈ではなく、タイトなシルエットで男前にキメる!

お気に入り追加

シルエットを味方にしたコーデ術が今すぐ欲しい!

シルエットでカッコよさを演出したいメンズへ。ロング丈のアウターに、細いラインのボトムスとの着回しが、クールでスタイリッシュなフォルムを作ってくれます♪アウターごとに、様々なコーデ術を見て行きましょう!!

王道コート×細身ボトムス

ヘリンボーンベースにして、チェックパターンで仕立てられたダブルコート。淡いブラウンと、ボトムスの渋いカーキとのカラーコーディネートから抜群のセンスを感じさせます。オーソドックスなデザインながらも、今季らしいシルエットです!着心地の良さにも注目☆

A post shared by ACOVER (@acover_official) on

大人のスタイリングのポイントになってくれる ロングコートです。 隠しボタンのフロントがシャープな印象を与えてくれます。 シックなブラックカラーで、どんな洋服にもマッチしてくれます。 パーカーを合わせてカジュアルでこなれた印象に スーツスタイルにもばっちりです。 ロング丈で暖か、冬の通勤からナイトシーンまで、 多様に着こなせるアイテムです。

出典:www.buyma.com

出典:www.buyma.com

ムートンのステンカラーコートに、ジップが施されたダメージジーンズとの組み合わせ。オフホワイトとブラックとのモノクロコーディネートがポイントです。インナーからスニーカーまで白黒にまとめると統一感のあるスタイリングになります☆

A post shared by Sixth June (@sixthjune) on

デニムコート×細身ボトムス

ウォッシュ加工されたデニム生地のコート。裏地は柔らかなフリース素材。防寒性も抜群です☆フロント部分は開放させて、レイヤードにしたインナーを魅せるコーディネートがワイルド。サイド部分に赤いラインが引かれたパンツで、スポーツMIXを成功させたい♪

ウォッシュ加工されたデニム生地のコートにボトムスで、カジュアルな王道の着こなし。個性的なコートですがボア付きで機能性が高くて、かつデイリーに使い回せます♪

出典:www.buyma.com

同系色のデニム生地でアウターとボトムスを合わせるのも◎インナーは極力シンプルに抑えて、ダメージ加工したボトムスで攻めモードに♪ストリートファッションをベースにしながらも、古着のような感覚でオシャレが出来ます☆

A post shared by Sixth June (@sixthjune) on

MA-1×細身ボトムス

ビッグシルエットのMA-1、いわゆるボンバーコートで仕上げるコーディネート。パーカーを着ることで、首飾りにボリュームを。ブラックのスーパースキニージーンズを履いて、アメカジにモード感をプラス。ブルーのスニーカーで、足元は軽やかに♪

A post shared by ACOVER (@acover_official) on

スッキリとした着こなしにピッタリ♪ブラックのボンバーコートです。ブラックのボトムスとレザーブーツ、ショート丈のトップスでキレイ目に仕上がります☆クールな冬オシャレを楽しみたい時にオススメです!!

出典:www.buyma.com

ウールローブ×細身ボトムス

タータンチェック柄のウールローブにスウェットパンツで、ストリート最前線の着こなしに。パンツは赤色をベースに、白いサイドラインが引かれた印象的なデザイン。ウールローブにもレッドが配色されており、統一感のあるコーディネートとなっています!!ハイカットスニーカーを履いて、さらにスポーティーな印象をアップ♪

A post shared by FEAR OF GOD (@fearofgod) on

ブラックをベースにしたウールローブ。タータンチェック柄が横軸に入れられており、ロック系のプリントTシャツとタイトなブラックデニムで、ハードな着回しに最適です☆

シルエットが決まれば、あとは楽勝!

ロング丈のアウターに、細いラインのボトムスでキメるコーディネート術を紹介してきました!やりたいシルエットが決まっていれば、あとはアイテムを選ぶだけ♪様々な組み合わせを試してみてください!!

A post shared by Sixth June (@sixthjune) on

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ISSEY

EDITOR / ISSEY

大阪在住のライター。トレンドをおさえながらも、個性をだせるファッション情報を発信していきます!

おすすめアイテム

(PR)