できる男は手元も抜かりなく!「レザー手袋」で真のジェントルマン
2018/01/23
5277 VIEWS

できる男は手元も抜かりなく!「レザー手袋」で真のジェントルマン

Photo by:www.instagram.com

外見の身だしなみとおしゃれは細部まで気を抜かないのが、本物のできる男。寒い冬のデート中、寒がる彼女にさっとおしゃれな手袋を渡してあげたら、愛が深まるかも・・!?
周りの男とおしゃれの差をつける仕事でもプライベートでも使える上質な手袋をご紹介します。

ラグジュアリーブランド派

【BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)】

1966年創業のイタリアを代表するラグジュアリーブランドBOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)。上質なレザーとブランドアイコンであるイントレチャートのデザインが人気です。

柔らかい上質な羊革に中はカシミア素材。
コートの裾からボッテガヴェネタと一目でわかるイントレチャートのデザインがさりげなく見えるのが、とてもおしゃれな手袋です。価格は、5万円前後ですが年代関係なく、長く愛用できます。

モノトーンで統一された大人なコーディネート。
蝶ネクタイで遊び心をプラスした、大人の余裕を感じさせるコーディネートですね。

【ARMANI(アルマーニ)】

イタリアの伊達男のイメージが強いアルマーニは、1975年にジョルジオ・アルマーニ氏によって設立されたブランド。
メインブランドのジョルジオ・アルマーニセカンドラインのエンポリオ・アルマーニが特に有名です。

シンプルなデザインの手袋は、エンポリオ・アルマーニのもの。
価格も高級ブランドながら1~3万円と手に届きやすい価格帯であるのも人気の理由です。

パンツと手袋をグレーに合わせたスタイル。黒にすると全体的に重くなる印象ですが、手元が明るい色だと差し色になり、重くなりすぎません。

カジュアルブランド派

【Polo Ralph Lauren(ポロラルフローレン)】

アメリカ生まれの大人カジュアルブランド。ラルフローレンといえばポロシャツとイメージできるほど認知度が高い、世界中で人気のブランドです。ポニーロゴがアクセントとしてあしらわれているのが特徴。手袋の価格帯も1万円以下のものが多く、お手頃で上質なレザー手袋を購入できます。

手の甲にキルティングのステッチを施したベルト付きのレザー手袋。
カジュアルからビジネスシーンまで使える万能なデザインです。

アメリカブランドらしいカジュアルさがおしゃれですね。
ラルフローレンは、セーターも様々なデザインがあります。
ハンチング帽は、5千円~1万円前後です。

デニムとジャケットにコートで合わせた冬の大人休日カジュアルスタイル。
バイクデートにこんな姿であらわれたら、彼女が惚れ直すこと間違い無いです。

【Paul Smith(ポール・スミス)】

英国出身のポール・スミスが、英国の伝統的なスタイルをベースにモダンなシルエットを取り入れ、立ち上げたブランドです。
手袋の価格帯は、1万5千円から2万円ほどです。

上質なラムレザーを使用したシンプルなデザイン。
好き嫌いのないデザインなので、女性のギフトでも、選びやすいですね。

英国らしいクラシックなスタイル。手袋がシンプルなので、マフラーなど他の小物をデザインのあるものにすれば一気におしゃれに見えますよ。

いかかでしたか。
まだまだ寒い日が続きますが、手元まで抜かりなくおしゃれを楽しんで、冬を乗り切りましょう。

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

kyo

EDITOR / kyo

メンズやベビー・キッズを中心に最新のファッション情報を発信しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧