<お悩み別>あなたのスタイルと相思相愛♥デニム選びのQ&A
2018/02/18
2725 VIEWS

<お悩み別>あなたのスタイルと相思相愛♥デニム選びのQ&A

Photo by:www.instagram.com

モデルみたいなスタイルじゃないし~、デニムって体型選ぶから…、と諦めている乙女たちCome on‼お悩みポイントに合う、とっておきデニム選びで、コンプレックスの解消法を教えちゃいます♡芽吹く春に向け、コートやブーツで隠れていた体や足を、デニムで颯爽と歩きませんか?

Q.<もも>が張っていてピチピチ。体のラインが拾われて…

A.もも張りさんには2周回った感のある、裾広がりのバギー・デニムが正解!ヒッピーや、フラワーチルドレンと言った60年代を彷彿させる、往年のアイテムが、また熱い♡足元でチューリップ型に開き、X字を描く事でバランスが取れる。腿と足元のシンメトリーで、太さが目立たないのでオススメ★

ボヘミアンな気持ちにさせる、懐かしのヴィンテージ・コーデ。今ならフランネルのシャツを、さらりと羽織って。これからの季節は、ボトムにボリューム感がある為、トップスはデザイン性のある物をチョイスしてね‼まさにラブ&ピース♥

A post shared by Fashion Blogger (@constantly_k) on

Q.上半身<胴>が長いのか、全体的に詰まった感じがするけど…

A.胴長さんにはプルオーバーやチュニックを合わせて、スキニーデニムが最高!トップスに長い丈の物をコーデし、体型を利用し、ふんわりレイヤリング。脚先までスッキリするスキニーで、上半身はボリューミー、下半身はクールに決めればスタイリッシュ☆隠さず味方にするのがカギ♡

春コーデには、白黒のフリルのプルオーバーや、シフォンのワンピ×薄手ニットをスタイリングすると、明るいガーリーを演出出来ちゃう♥ただトップスは縦ラインがモチーフのストライプや、前開きボタンのブラウスは、体の長さを強調するのでNG。

Q.<脚>が太い人が、デニム履こうと思うかな?細い特権でしょ

A.太脚さんには、切りっぱなしやウォッシュ加工の独創的な、バギーやボーイフレンド・デニムが相性抜群!デニムに限らずワイドパンツやガウチョ等、旬モノはパンツの幅が広く、全体的にAライン。脚を隠さず、活かした型で、トレンドに変えちゃおう♥裾折りや足首魅せで、ヌーディーを演出すれば、こなれ感完了。

A post shared by Fashion Blogger (@constantly_k) on

サイケな象徴バギー・デニムも、クラシカルなトレンチMIXで違和感ナシ。デニム×トラッドなジャケットも、メンズライクになり過ぎず、適度な抜け感に乙女ゴコロが香る。デニムが、ふわっとしたシルエットの為、トップスやアウターは辛口が冴える。

A post shared by Fashion Blogger (@constantly_k) on

Q.<小柄>だとパンツって難しい~。丈もサイズ調整必須だし~

A.小柄さんにはノーマルなストレートデニム推し。デザイン性が無い為、難しいと思われるけれど、華奢魅えで本領発揮‼デコラティブな物は、体の面積が無い分、美しく映えない部分も。ナチュラル&ベーシックな型なら、素の自分で安心して、艶やかに魅力的♡ブラウスをインして綺麗なのは、ストレートonly。

デニムとパンプスの黄金比は、ストレートにあり!ミニマムなシルエットに、1点投入すべきは、ヒールが効いたパンプス。裾から足の甲へのラインが、ゾクッとする位に麗しい。まさしくアデージョ♥

Q.大きな<ヒップ>がパンパンで、デニムが入るか心配…

A.デカ尻さんには空気感ある、バギーやボーイフレンド・デニムがgood!体のラインを拾わず、可愛いジーニストに仕上げてくれる。余裕があるタイプの作りで、お尻だけが悪目立ちする事無く、他のアイテムと素敵にコラボしてくれる。大きなお尻も、もはや個性的なアクセント♪

バギーもボーイフレンド・デニムも、絶妙なゆとり感がコーデのポイント。ミニマルにまとめず、たっぷりした雰囲気を楽しんで★オレンジや赤など暖色系は、膨張色と思われ避けるけれど、差し色にして、明るく春を迎えてね♡

コンプレックスを味方に付けて、真っ青なデニムで、春へススメ♪

それぞれに、みんな悩みはあるけれど、春めいて来た空の下、自信を持って、大好きなデニムに身を包み、歩いて行きましょう!コンプレックスなくして、美しさは無い。それさえ味方に、可愛い春コーデの1本を選んで下さいね♥♥

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

kmrin

EDITOR / kmrin

化粧品メーカーのMDを経験し、色彩のノウハウを勉強。ファッションや美容やライフスタイルで、可愛くなる情報を提案♡他の女子メディアでも執筆中。

おすすめアイテム

(PR)