特別なデートには、下着もモダンピンナップ風♡ガーターストッキング初心者の手引き!
WOMEN
2018/02/25
14209 VIEWS

特別なデートには、下着もモダンピンナップ風♡ガーターストッキング初心者の手引き!

Photo by:www.instagram.com

セクシーすぎてちょっと・・・と思っていたガーターストッキングも、実はモダンピンナップ風ならチャレンジしやすいのです!

普通のストッキングもいいけど、たまにはガーターストッキング

長く付き合うと、どうしてもデートがマンネリ化しがち・・・。
そんな時に、いつものパンティストッキングから、ガーターストッキングを履いて彼を驚かせてみませんか?

今回はガーターストッキング初心者も気軽にトライできる、モダンピンナップ風ランジェリースタイルをご紹介します!

50年代のガーターストッキング

実は63年にパンティストッキングが発売されるまでは、ガーターストッキングがストッキングの主流だったのです。

60年代に入りミニスカートが大流行し、スカートからはみ出さない形のストッキングが求められたことでパンティストッキングは生まれました。

現在、ガーターストッキングはパンティストッキングに第一線を譲り、よりセクシーなアイテムという位置づけになりました。

特徴①シンプル

あまり多くの装飾が施されているわけではない、シンプルなストッキング。レースなども控えめで、背面にシームが入っているのが特徴。

コルセットとの相性もばっちりですね。

いつもの黒ストッキングも、ガーターストッキングなら履いただけでセクシーにキマります!

おへその隠れるハイライズタイプのガーターベルトを選ぶと、50年代らしさが出ます。

特徴③カラフル

モダンピンナップのガーターストッキングは、遊び心がいっぱい!
シンプルなガーターストッキングに見えても、脱げばとってもカラフル♡

本当の50年代にはきっとこんなにプレイフルなガーターストッキングはなかったでしょう。

リアルな着け方

そろそろお気づきの方もいらっしゃると思いますが…実はガーターベルトはモデルさんのように着けるとトイレが大変なのです!

このようにショーツを下に履いてしまうと、ガーターベルトを毎回取らなければいけません。
撮影などではこのような着け方をしますが、もっとリアルな着こなしや、トイレ問題を解決する方法が何種類かありますのでご紹介いたしますね。

着方①パンツを上に履く

ピンナップ系インスタグラマーのMiss Victory Violetさん。ショーツをコルセットとガーターの上から履いていますがこのスタイルが基本です。

このスタイルならショーツは脱いでもガーターベルトは着けたままになるので、デートの演出としてもばっちりです♡

さらに、ショーツを上から履くことで、コルセットのデコボコも軽減されるのでコルセット女子にもオススメです。

Miss Victory Violetさんのインスタグラムは、素敵なピンナップスタイルがたくさんあるのでぜひご参考にしてみてください。

miss victory violet

着方②ガーターショーツにする

ガーターショーツとは、ショーツにガーターベルトがついたもの。
これならショーツを下ろすだけでトイレは楽です!

ただデートの夜の利用を考えると、ガーターごと脱ぐことになるので演出としては微妙かもしれません。通常時の着用がいいでしょう。

着方③サイドタイショーツにする

俗に言う紐パンというやつです。紐のショーツなら、サイドのリボンをほどけばいいので脱ぐのも楽ちんですね!
ガーターベルトの上に履いても下に履いても、ショーツは簡単に脱げます。もちろんガーターは脱がなくて大丈夫です♡

彼を驚かせる準備はできた?

これでガーターストッキングにチャレンジする準備ができましたね!
あとはチャレンジする勇気があれば、彼は絶対ドキッとするはず♡
デートのためだけでなく、自分のために履いてもテンションが上がること間違いなしのガーターストッキング。

ぜひ挑戦してみてくださいね!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

元鈴木さん

EDITOR / 元鈴木さん

CカップをGまで育て上げました。バストアップとくびれ作りならお任せください。ちなみに頑張らずに綺麗になれる方法しかやりません。でも努力しないための努力は惜しみません!大きめの旦那がいます。
twitter @motosuzukisan
instagram motosuzukisan

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧