男らしさを保ちたい!かっこよく決めるセーターの着こなし術
MEN
2018/03/06
986 VIEWS

男らしさを保ちたい!かっこよく決めるセーターの着こなし術

Photo by:www.instagram.com

デザインや着こなしによっては可愛く見えてしまうセーターやニット系のもの。まだ寒い日が続き、薄手のセーターは春先まで使えます。そんな可愛くなってしまいがちなセーターやニットですが、今回男らしく、かっこよくセーターやニットの着こなし術を伝授します。

タートルネック×テーラードジャケット

首元まであるタートルネックは男性の特徴ともいえるのどぼとけや血管を隠してしまうのでそれだけで少し男らしさがなくなるかも…。しかし、テーラードジャケットと合わせることによってクールな印象を作るといいでしょう。

一味違った首元のデザインで!

ただのレギュラーなセーターではなく、首元にボタンがついていたりと襟付きのニットを選んでみるとおしゃれさがアップします。特にそういったデザインのものは編み目が太く、生地も厚いのでガタイがしっかり見えるのです。そう、雰囲気だけではなくて見た目の身体のラインを男らしくみせてくれるので女性が思わず男性の胸元が気になってしまう…。というように男らしさを感じますよ。

セーター×デニムは男らしさを際立たせる!

どんな柄物のセーターやニットを着ていようが、デニムと合わせたら超王道男らしさのできあがりです!しかし、ここでポイントになるキーワードが「カラー」と「ベルト」です。
まずカラーはデニムのカラーのこと。深い色のカラーを着用していることによって男性らしさが引き立ちます。
また、ここでもう一つのキーワードになる「ベルト」ですが、セーターからチラ見せできるようにしておくといいでしょう。個人的な意見になりますがこれにライダースを着ている男性には目を奪われてしまいますね…。

同系色でまとめて!

セーターやニットが白や黒、パンツがカラーだとどうしても周りと差がつけられない、なんだか可愛くなることも。そこで男らしく着こなすためには全身コーディネートのカラーを統一することです。まずはそれだけでお洒落さがアップ。そして足元まで揃えることでシックさがでてきます。もちろんかっこよく決めたい場合には「白<黒」のほうがいいでしょう。

さまざまな着こなしを参考に

このようないろいろなデザインのセーターやニットがある中、男らしく着こなせる術はたくさんあります。もちろんそれは街中であなたが「男らしい」と思える気づきが大切です。
ぜひ参考にしてくださいね。

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

kyo

EDITOR / kyo

メンズやベビー・キッズを中心に最新のファッション情報を発信しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧