【2018春夏】は大きめ"ストライプ"でトレンドライクな着こなしを★
MEN
2018/03/07
3055 VIEWS

【2018春夏】は大きめ"ストライプ"でトレンドライクな着こなしを★

Photo by:www.instagram.com

2018年春夏コレクションでは様々なブランドでストライプが多く取り入れられていました。定番柄ではありますが、幅や色によっても印象が大きく変わるストライプ柄。今回は、春に向けて取り入れていきたいトレンドのストライプ柄のコーディネートをご紹介していきます!

コレクションでもインパクトのある大柄ストライプがトレンド!

A post shared by Balenciaga (@balenciaga) on

BALENCIAGA(バレンシアガ)の2018SSコレクション。大柄の規則的なストライプシャツは、他のアイテムがシンプルにまとまっているので、シャツをメインとしたコーディネートに仕上がっています。シャツの裾をパンツに入れる、タックインも流行しています。

Marni(マルニ)の2018SSコレクション。シャツとパンツにストライプを取り入れていますが、線が細く、印象の違う柄なのでぶつかることなくまとまっています。全体的に淡い色を使っているので、爽やかなコーディネートになっています。ストライプは縦長に見せてくれる効果があるので全体としてスタイル良く見えますね。

春夏は爽やかな印象のストライプを

オーバーサイズのゆったりとしたストライプシャツ。シャツの裾を半身だけパンツにインするスタイルもトレンドですね。爽やかなブルーとホワイトを基調に色がまとまっていて、春夏にぴったりのコーディネートとなっています。

幅の違うストライプを取り入れたデザインのシャツ。ネイビーのストライプは、スタイルも良く見えるだけではなく、すっきりと上品なイメージに仕上がります。凝ったデザインのシャツは、暖かい時期に1枚で着たいですね。

柄をメインに

大柄の赤いストライプシャツ。線が太いストライプは、カジュアルで活発な印象を与えてくれます。ゆったりと羽織るシャツの場合、このようにボトムスは細身のシルエットのボトムスを選ぶと、スタイル良く、よりすっきりと見えます。

A post shared by LOUIS RUBI (@louisrubi) on

白地に黒の線が入った、ストライプのセットアップコーディネート。ストライプの幅は細めで、線がはっきりとして見えるので、個性的でありながらも、シャープで引き締めてくれる印象です。
全体的にゆったりとしたシルエットでカジュアルなイメージなのでスニーカーとの相性も抜群ですね。

個性的なストライプ柄のガウン。今年は幅が太く多色使いのストライプもトレンドとされています。個性的なコーディネートではありますが、柄と色の合ったキャラクターのシャツと、ハイダメージのデニムがより強くてかっこいい着こなしにまとめてくれています。

主役になるストライプコーデ

同じストライプでも色や幅、アイテムによって印象が大きく変わることがわかります。
TPOや他のアイテムとのバランスも考えて、ストライプを主役にコーディネートを組んでみてはいかがでしょうか。

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

kyo

EDITOR / kyo

メンズやベビー・キッズを中心に最新のファッション情報を発信しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧