ハンサムレディの定番品”ワイドパンツ”のスタイリング術
WOMEN
2018/03/24

ハンサムレディの定番品”ワイドパンツ”のスタイリング術

出典:www.buyma.com

数年前にトレンド入りしたワイドパンツですが、今となってはデイリーユースできるアイテムのひとつ。オールシーズン使えるアイテムとして、毎日のおしゃれに欠かせないアイテムです。そんなワイドパンツ、今期はどう着る?今回は様々なワイドパンツのスタイリング術についてご紹介します。

お気に入り追加

ワイドパンツといえば”ヴィクトリア・ベッカム”

元有名サッカー選手デイビッド・ベッカムの妻として知られる、ヴィクトリア・ベッカム。
今やファッション界でも大活躍と遂げるスターです。
そして彼女のスタイリングの特徴といえば、ワイドパンツの着こなしが非常に多いのです。

ハンサムかつレディな印象をとりまくスタイリングが特徴的で、様々な視点からワイドパンツを駆使しています。
そんなヴィクトリアをお手本に、ワイドパンツのコーデ術を学びましょう!

ワイドパンツ✖️ブランドロゴT

▲キレイめな素材や、スラックスタイプのワイドパンツの着こなしが得意なヴィクトリア。
それに、あえてブランドのロゴTを合わせた外し方が妙にハイセンスです。
トップスの雰囲気に合わせて、オーバーサイズぎみのワイドパンツをチョイス。
キレイめのパンツが、たちまちストリート感ただようスタイルに大変身します。

パステルカラー✖️ワイドパンツ

▲ハンサムなコーディネートが多い彼女ですが、女性らしいパステルカラーもお手の物。
春夏のワイドパンツは、カラーものを選ぶのも◎
パステルカラーなど淡い色を選ぶときは、生地にハリや光沢感のあるタイプを選べば、大人っぽいモードな印象に。
トップスも無地などシンプルなものを合わせれば、ワイドパンツ特有のハンサムイメージを活かせます。

タンクトップ✖️ワイドパンツ

▲タンクトップと合わせるのおすすめコーデは、パンツと同色のものを選んでみること。
セットアップ風に着ることができて、ワイドパンツコーデの幅が広がります。
生地感まで上下合わせば、より本格的なセットアップの雰囲気がでます。

襟付きシャツ✖️ワイドパンツ

▲襟付きのシャツを合わせれば、フォーマル感ただようハンサムスタイルに。
サイドライン入りのワイドパンツを選ぶと、堅い印象になりすぎるのを中和できます。
シャツは、きちっとしたサイズ感よりは少しオーバー気味のものや、ゆるさのあるデザインを選ぶのがおすすめ。
ヴィクトリアのようにあえてボタンをしめるもよし、襟を抜いて春夏らしく着るのもよしです。

柄シャツ✖️ワイドパンツ

▲ここ数年トレンドの90年代風ファッションを意識するなら、派手めな柄シャツをON。
シンプルになりがちな春夏ファッションも、たちまちエッジのきいたスタイルになります。
ワイドパンツ愛用者が多い今だからこそ、周りから一目置かれるようなコーディネートで勝負するなら、柄シャツを取り入れて存在感を。

コーデの幅を広げて周りと差をつけたおしゃれを!

デイリーユースアイテムだからこそ、一捻りきかせた使い方をしたいもの。
ワイドパンツはコーデの幅が広いので、今まで合わせなかったトップスなどを合わせても意外としっくりきます!
更にこだわるなら、生地や素材にも目を配って選んでみるのもおすすめですよ☆

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Risa

EDITOR / Risa

アパレル勤務を数年間経て、現在はファッションや美容のカテゴリーでライターとして活動中。外資アパレル勤務で培った、海外のファッショントレンドやメイク・美容トレンドを中心にライティングしています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧