デトックス効果♡【ファスティング】するなら夏前がオススメ♪毒素を身体から取り出そう♡
2018/04/22
1050 VIEWS

デトックス効果♡【ファスティング】するなら夏前がオススメ♪毒素を身体から取り出そう♡

Photo by:www.instagram.com

健康資本なヘルシー女子やダイエットマニアなら知っている"ファスティング"と呼ばれるダイエット法。知らない方は是非一度読んでいただきたい、知っている方もこれを機に、夏前にトライしてみませんか?方法や効果をご紹介します♡

ファスティングってどんなもの?

ファスティングとはプチ断食とも呼ばれているような、固形物を一切口にしないダイエット法です。一概にファスティングといっても行う期間や口にするものの制限も、ものにより様々ですが、モデルや芸能人が行なっていることで話題となったファスティングの方法を今回はご紹介します。

ファスティング自体を行う期間は3日ですが、その前に準備期間と回復期間を一週間ずつ設けます。全体で二週間弱を通して行われます。何もしない状態で突然3日間ファスティングを行なってしまうと身体に大きな負担がかかるほか、かえってリバウンドしてしまったりと悪影響です。

ファスティングの流れ -準備期間-

まず最初の一週間で揚げ物やジャンクフード、お菓子などの高カロリーなものを控え、できれば和食中心を心がけます。タンパク質や食物繊維を豊富に摂取できるものを食べます。納豆や豆腐、卵、野菜、海藻類などを多めに摂取できるのが望ましいですね。

ファスティングの流れ -ファスティング期間-

準備期間の一週間を終えると、いよいよファスティング期間の始まりです。様々なルールはありますが、話題となっているものは水や酵素系のドリンクを摂取し、固形物は一切とらない方法です。脱水症状を予防するためにも水分はこまめに摂取してください。一番辛いのは1日目なのでここを乗り越えれば、成功率はグッとあがります♡

ファスティング2日目は、1日目より空腹感がマシになるようです。さらに倦怠感や眠気、吐き気などの症状が出る場合があります。これはファスティングにはつきものの"好転反応"と呼ばれるもので、毒素が身体からデトックスされている症状です。もちろんあまりにも症状が重い場合は無理をせず、ファスティングを中止してスープやおかゆなどの消化の良いものを取るようにしてください。

ファスティングの流れ -回復期間-

3日目までファスティングを続けたら次は回復期間です。この期間がもっとも重要といっても過言ではないはず。ここでファスティングが終わったからといって、突然普段通りの食生活に戻してしまっては意味がありません。少しずつ元の食生活に戻していくことが重要です。

回復期間1日目はスープやおかゆなど、消化のよいものを摂取してください。段々と野菜や卵、納豆や豆腐などの準備期間に摂取していた食事を一週間かけて増やしていきます。これでファスティングは終了です。

ファスティングってどんな効果があるの?

ファスティングはダイエット目的だけではなく、様々な効果があります。もちろんダイエットに関しても、食事が体内に摂取されないので脂肪燃焼に繋がります。しかし体重を断食で一気に減らしたい!目に見えて痩せることが分かるくらい一気に痩せたい!という即効性を求めている方向けでは無いです。

月に一回ファスティングする期間を設けて、脂肪燃焼とデトックスできる期間を一定に作れば他のダイエットと併用して効果を望むことができます。他の運動や筋トレなどのダイエットなしでファスティングだけで一気に痩せよう!というのは効果が期待できないと思います。

体内の毒素を排出(デトックス)して普段使っている内臓を休めたり、腸内環境改善に繋がって肌が綺麗になる効果も。また、免疫力も上がる効果もあったりと身体に良いことづくめなんです♡一見断食と聞くと、身体に悪い…というイメージを持たれがちなのですが、やり方を間違えず正しい方法で行えば、むしろ健康法と呼ばれるものになるのです♡

夏までに痩せたい方!ダイエットを始めている方!そして既にwork outが趣味の女性たちにも♡ファスティングを始めてみませんか?work out女子も大丈夫、軽いウォーキングやヨガなど無理のない程度の運動ならファスティング中でもOKです♡無理のない程度にファスティングを始めて体内環境を整えよう♪

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

manami

EDITOR / manami

Fashion editor

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧