あなたはいくつ知ってる?今年バカンスで行きたい!海が綺麗な海外リゾート5選♪
TRAVEL
2018/04/22
2290 VIEWS

あなたはいくつ知ってる?今年バカンスで行きたい!海が綺麗な海外リゾート5選♪

Photo by:www.instagram.com

今年のバカンスは海での〜んびりしませんか?どうせ行くなら綺麗な海!ということで、定番所から日本人にまだ知られていない所まで海外リゾートを5つご紹介します♪

1.海と自然を満喫したい→レダン島(マレーシア)

マレーシアにあるレダン(ルダン)島は、東南アジアで1位2位ほどの美しさと言われています。
まだ日本では知名度の低いこの島ですが、クアラルンプールから直行便が就航し、以前よりもアクセスが簡単になりました。

何と言っても透明度の高い海の美しさが魅力!
また、レダン島はマレーシア政府指定の海洋保護区となっており、サンゴなど手付かずの自然が今も残されています。

A post shared by Teopassi (@teopassi_) on

4月〜9月限定のリゾートアイランドで、それ以外の期間はモンスーンの影響でクローズしているので注意です。
特にベストシーズンは6月〜8月なので夏休みシーズンにもばっちりです。
まださほど観光地化が進んでいないため、ダイビングやシュノーケリングなどマリンアクティビティをしてのんびり過ごすのが定番で、ウミガメとの遭遇率がかなり高いのも魅力の一つです。

A post shared by Rozlin_a (@rozlin_a) on

2.海と絶景を楽しみたい→ハミルトン島(オーストラリア)

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに浮かぶ島、ハミルトン島。
あの美しいサンゴ礁で有名なグレートバリアリーフですから、そこに浮かぶ島とくれば美しい海があることは間違いありません。

A post shared by Kate marks (@kmarksie) on

ハミルトン島には有名なスポットが2つあり、1つはハート形をしたサンゴ礁の、ハートリーフ。近くは遊泳禁止のため、空中から眺めます。
“2人で一緒に見ると「愛が深まる」”という言い伝えがあり、カップルに人気です。

そしてもう1つがホワイトヘブンビーチ。特に上空からみた、河口に堆積した白い砂と青い海が筋状になっているヒル・インレットは必見です。

A post shared by GoPro Italy (@goproit) on

海の他にもコアラと触れ合うこともできます。

残念なことに近年グレートバリアリーフではサンゴの白化が進んでおり、最近行なわれた調査では3分の2が白化しており、今後以前のような輝きを取り戻せるかは不明とのことです。

3.贅沢な気分に浸りたい→ボラボラ島(フレンチポリネシア)

高級リゾート地として有名なボラボラ島。その名を一度は耳にしたことのある方も多いのでは?
年中海に入れるのが特徴ですが、乾季にあたり天気の安定する5月〜10月がベストシーズンです。GWから遅めの夏休みまで行けちゃいます。
ハネムーンで訪れるイメージが強いかもしれませんが、海の透明度の高さからスキューバダイビングに訪れる人も多いです。

ボラボラ島に来たら、水上コテージでのんびりラグジュアリーステイ。
カヌーで水上コテージまで朝食を運んでくれるカヌーブレックファースト(カヌー朝食)や無人島へのモツピクニックツアー、サンセットクルーズなど、贅沢の時間を過ごすことができ、どこを切り取ってもフォトジェニックです。

4.海も観光も楽しみたい→ドゥブロヴニク(クロアチア)

アドリア海の真珠として有名なドゥブロヴニク。魔女の宅急便のモデルとも言われ、近年は日本人にもだいぶメジャーな観光地となりました。
オレンジの屋根が印象的なこの街ですが、実は海もとっても綺麗なんです。

実際に欧米人にとっては夏休みを過ごすビーチリゾートとして人気で、旧市街の周りには数多くのビーチがあります。海沿いにあるホテルにはプライベートビーチがあり、近くの無人島へフェリーで行って、1日過ごすのも人気です。

A post shared by Novara N. (@novara_lifestyle) on

マリンアクティビティーはもちろん、観光地としても十二分に楽しめる街なので、海だけでは飽きてしまう・・・と言う方におすすめです。
ビーチリゾートとしても楽しみたいなら、6月〜9月上旬がベストシーズンです。

5.楽しみながら癒されたい→イスキア島(イタリア)

南イタリア、ナポリ湾に浮かぶイスキア島。
日本ではまだまだ知られていない島ですが、世界的には有名な島です。セレブにも愛される島で、オリヴィア・パレルモ&ヨハネス・ヒューブル夫婦がバカンスに訪れたこともあります。
島のいたるところに海水浴場があり、水着で一日過ごせます。ハイシーズン春〜夏にかけてで、海に入るなら7月〜9月上旬がベストです。

そしてイスキア島の魅力は、海だけでなく温泉にも入れるというところ!
火山性の地質のため、島のあちこちから温泉が湧き出ています。
規模の大きさから有名なのは、ポセイドン温泉公園で、さながら温泉のテーマパークの様です。
もう一つおすすめなのは、天然の海中温泉が楽しめるソルジェート温泉です。こちらは無料なのも嬉しいポイント。

A post shared by Roman Yaskov (@romanya17) on

本日は5つのビーチリゾートをご紹介しました。あなたはいくつ知っていましたか?
海に行くなら、水着はマスト♡新しい水着を持って出かけよう!

水着をチェックする♡

BUYMAならではの旅行体験が満載!

出典:www.buyma.com

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Shoko

EDITOR / Shoko

海外旅行が生きがいの28歳。お気に入りは南イタリアの街巡り。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧