【グッチ愛】が止まらない♡新作バッグ~シーズン物までトップ・オブ・ハイエンド新名鑑
BAG
2018/04/29
5461 VIEWS

【グッチ愛】が止まらない♡新作バッグ~シーズン物までトップ・オブ・ハイエンド新名鑑

Photo by:www.instagram.com

クラス感ある物を頑張った御褒美に、二人の初めての記念日に、手にしたときめきに酔う気分は忘れられません。今回はキング・オブ・ハイブランド「グッチ」の定番~人気ライン、新作を御紹介。グッチ好きなら一度は手にした物や、親から譲られた等、伝統を守りつつ現在進行形のグッチ・ワールドへ♬

<オフィディア>新作は不滅のシンボル★モノグラム

ダブルGのモノグラム再燃!2018クルーズより遂にSSに登場。タイムレスなGGパターンは幾度も再現するが、実は30年代のディアマンテが進化した物。アレッサンドロ・ミケーレにより創業者の熱き想いが形を変え受け継がれる。エレガントなシェリーラインと共にルーツへのオマージュ。

<オフィディア>をもっと見たい★

<リ(ベル)>新作は気軽は御法度♫格調高い三角トート

早くもオシャレニスタを虜にするクラス感漂う。品位感じるフォルムや絶妙なサイズ感、コーデを選ばない所が◎大きめがトレンドの今はデイリーは勿論、機内持ち込みもOK!見た目より軽いのも嬉しい。こなれた風合いに片面にWGエンブレムが反対側はキャットヘッドが描かれている。

A post shared by Gucci (@gucci) on

<リ(ベル)>をもっと見たい♫

<GGマーモント>懐かしの香り漂う♡新感覚エレガント

アイコニックなモチーフが印象的なベルトバッグが注目。キルティング・レザー素材の風合いが気持ち良くフィットし背中の部分にハートのあしらい。クロスボディやトップハンドルの型もありセレブを虜にする色展開も豊富。ベルトのデザインから着想しメインオーナメントにアレンジ。

<GGマーモント>をもっと見たい♡

<シルヴィ>名門の歴史を刻む♪リュクスなきちんと感

伊のマエストロの風格を感じる逸品。シェリーラインとゴールドバックルにラグジュアリー感溢れる。トリコロールが気品の中に愛らしいエッセンスを振りまく。上質なカーフスキンを使用し見事なハリと光沢感。クラシカルな重厚感にポップな色味を添える事でコンテンポラリーに表現。

<シルヴィ>をもっと見たい♪

<ソーホー>伝統と洗練の証☆自信のアイコンで勝負

シグネチャーを最初に取り入れた革新的ブランドの定番ラインで、2012年SS発表以来の人気ライン。インターロッキングWGエンボスとタッセルがアクセント。少し懐かしい80年代を彷彿するテイストで今なお愛される。リアーナやセレーナ・ゴメス、キアラ・フェラーニも愛用。

<ソーホー>をもっと見たい☆

<ディオニュソス>モノグラムに独創的パーツ♥格式と進化の縮図

2015年秋冬以来愛されているライン。ブランドの顔のオリジナルGGキャンバスに、ギリシャ神話の神ディオニュソスが由来の、虎の頭を2つ合わせた“W タイガーヘッド クロージャー”のメタルパーツで、ポリウレタン加工し耐久性を強化したシリーズ。セレブのItバッグな存在感。

A post shared by GUCCI (@classic.gucci_) on

<ディオニュソス>をもっとみたい♥

<水着>優雅な水着でプライベート★ビーチを二人で独占

新作を始め日本未入荷のレア感一杯の水着。新作の白ワンピース型は背中部分のクロスが控えめにセクシー。肌露出全開のスイムウェアすら優美で品位を感じる。無駄な物を削いだ引き算の美しさはハイブランドならでは。ホットパンツをオンしてビーチの花になろう。

<サングラス>個性的でスタイリッシュな女優メガネ♫

こめかみのチャームが魅力的なアイウェア。18SSは色彩が派手な物が多い為、かける場所を選ぶのでリゾートやビーチでは存分に弾けよう。タウン仕様の頻度の方が高いので、人気のテンプル装飾やラウンドメタルが素敵なウィットの利いた型がオススメ。

<Tシャツ>エッジが利いたハイストリート♡クオリティ

18SSのテーマ「反逆としての創造」の通りWGモチーフやシェリーラインの伝統を踏襲、ストリートやコテンポラリーに昇華した。新作はオーバーサイズの80年代風グッチの主要店の都市名をプリントした物や、グッチが最初というエンブロイダリー(刺繡)入りの物が展開。

<キャップ>小物にキラリと光るラグジュアリー感♪

インスタでも人気のベースボールキャップ。新作は仏の学術書の装丁にインスパイアされたスタンプフォントとグラフィックを使用し、18SS招待状のグッチロゴとフレーズにインビテーションプリントした物。アレッサンドロにかかれば学術もアートに変わる稀代の天才。

変革を恐れず闘い続ける気高きブランド♦その真価を私達は愛す

馬具をバッグデザインに起用したり、シグネチャーをアイコン化し商品に入れる等、革新的アイデアに名門の風格を併せ持ち、90年トム・フォードのデザイナー就任以降の鮮烈な進化は周知。現在はトム・フォードを色濃く残したアレッサンドロ・ミケーレが、名家の威厳と美しきトレンドの融合を打ち出している。「グッチ」を愛する者として、今後もハイブランドの未来を見守って行きたい。

A post shared by @like_mybags on

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

kmrin

EDITOR / kmrin

化粧品メーカーのMDを経験し、色彩のノウハウを勉強。ファッションや美容やライフスタイルで、可愛くなる情報を提案♡他の女子メディアでも執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧