ボヘミアンの聖地復活!『ロエベ』×【パウラズ イビザ】魅惑のコラボ第2弾☆
2018/05/19
2266 VIEWS

ボヘミアンの聖地復活!『ロエベ』×【パウラズ イビザ】魅惑のコラボ第2弾☆

Photo by:www.instagram.com

日増しに暑くなりますね♪せめて毎日のお気に入りアイテムはリゾートを味わいたい。今回は昨年に大好評だった「ロエベ」とスペイン・イビザ島の伝説のブティック【パウラズ イビザ】とのコラボ第2弾!現代版“ヒッピー”をテーマに当時のファッショニスタが愛でた楽園のアイテムの御紹介です☆

エッジな人々が集う伝説のブティック『パウラズ イビザ』とは?

1972年アーミン・ハインマンというドイツ建築家が開店し衣服デザイン&製作を担当。続き共同創設者スチュアート・ルドリックがブランドに関わる装飾やアートを担う。店名はアーミンの娘の名前より命名。2000年の閉店まで地中海に浮かぶ“地球最後の楽園”スペインのイビザ島に存在した伝説のブティック。白い街並みに照りつける太陽やエメラルドグリーン一色の海、華やかなナイトシーン等、訪問者を至福で極上空間へ誘う。セレブやレジェンド達が島に滞在中に頻繫に通い、80~90年代のファッションシーンの中心でアバンギャルドなカルチャーを牽引。植物や生物等の自然にインスパイアされ、ドナ・サマーやフレディ・マーキュリー、ヴァレンティノなど最先端のエッジな人々にカルト的な人気を博す。

<バッグ>人魚や生物が華やかにイビザの海を舞う★

今季はよりポップに艶やかにリゾート・シーズンを盛り上げる。デザインはブルーを基調に人魚や珊瑚、貝殻など水中のファンタジーを描いた物、トレンドのポルカドットやアイコンのパズル・バッグ等、現代のモダン・ヒッピーを異国情緒たっぷりに生き生きと表現。「パウラズ イビザ」の前衛的ボヘミアンな感性に頼るだけでなく「ロエベ」の新技法“マルケトリー イン レザー”の精巧で丁寧な職人技や質感とプリントのグラフィック技法も進化させ、互いの良さを尊重し補完する“コラボ”という美しきパフォーマンスに仕上がる。

A post shared by Angel Chu 朱韻韻 (@angelchu) on

【ロエベ×パウラズ イビザ】はバレアレス諸島の煌びやかなボヘミアンやヒッピーのムードを形にする為、アイコニックなプリントのカッティングやデザイン、素材を忠実に再現。コンセプトが「パウラズ イビザ」へのオマージュを感じる『天国に近い場所』と、多彩な色味で描いたレトロなビーチモチーフで“夢のオアシス”の陽気な空気感が伝わる。

A post shared by HBX Women (@hbxwm) on

「パウラズ イビザ」の“ハーモニー、エネルギッシュ、自由”という本質的な魅力と「ロエベ」の“機能性、モダニティ、卓越したクラフトマンシップ”というコアバリューの結晶。主軸のレザーアイテムは柔らかくキメ細かいカーフ・スキン使用。馴染みのラインに加え大容量のトートやバスケットバッグなどリゾートムードを運んでくれる。

A post shared by LOEWE (@loewe) on

<クローズ>ヒッピー♥マインドが眠る奇跡の宝箱

「パウラズ イビザ」アーミン・ハインマンは「ロエベ」にアーカイブより、オリジナル・プリントとベストセラー作品をリニューアルした衣服デザインを提供。今作はよりウェアラブルで動きやすさとデザイン性を併せ持ち、独創的でラグジュアリーな融合は個性的なトップスやワンピースを生みシンデレラ・フィット。特有のライフスタイルに根付くアートでファンタスティックな世界観引き込まれ、賑やかでファンタジアな柄は夏の気分をアゲてくれるカンバセーション・ピース間違いナシ!

A post shared by LOEWE (@loewe) on

A post shared by Bergdorf Goodman (@bergdorfs) on

A post shared by windyaulia (@windyaulia) on

コラボを成功へ導く最大の理由は「パウラズ イビザ」アーミンのボヘミアン美学が「ロエベ」ジョナサンのコンテンポラリーで抽象的なデザインにマッチする事。サンドレスやぺザントブラウスとパーカーやポンチョ等をコーデする中で、違うプリント同士が「パウラズ イビザ」ワールドを共有し溶け込む。プリントには「ロエベ」のロゴを入れアート感覚を滲ませファンタジックに演出。

A post shared by landmee' (@landmee) on

A post shared by sanshai (@sanshai) on

<シューズ&ハット>陽気でパワー全開な楽園からの贈物♬

ハットやタオル他のお出掛けアイテムのレイヤリングを提案する等、ボヘミアンフリースピリットはささやかな小物にも息づく。プリントに天真爛漫さとユーモアがあり「パウラズ イビザ」はボヘミアン・スパニッシュカルチャーと「ロエベ」の解放的な側面を見せるのに大切なアプローチ。タウン使いもOK!でエスパドリーユやハット、スカーフなど熱い陽射しに映える。トータルコーデは勇気が必要なのでアクセントや冷房対策にスカーフや、ショルダーバッグにバンダナなんてグッド♪

A post shared by HBX (@hbxhk) on

【ロエベ×パウラズ イビザ】と共にボヘミアンな夏を始めよう‼

2015年以来「ロエベ」クリエイティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソンは、幼少期の旅での強い想いを抱きつつ、ダルトヴィラの現代美術館にポップアップ・ショップを設置。「パウラズ イビザ」のヒッピーカルチャーに可能性を感じ、昨年遂に念願の“コラボ”という素晴らしい形が実現し「ロエベ」に新しい顔が増えました。ぜひビーチの主役になる【ロエベ×パウラズ イビザ】を手に取ってボヘミアンな夏を楽しもう♥♥

A post shared by Dear Magazine (@dear_spain) on

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

kmrin

EDITOR / kmrin

化粧品メーカーのMDを経験し、色彩のノウハウを勉強。ファッションや美容やライフスタイルで、可愛くなる情報を提案♡他の女子メディアでも執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧