【祝】メーガン・マークル妃のウェディングドレス姿から読み解く大人の花嫁メソッド♡
WOMEN
2018/05/23

【祝】メーガン・マークル妃のウェディングドレス姿から読み解く大人の花嫁メソッド♡

出典:www.instagram.com

これを見たらあなたもロイヤルウェディングに近づけちゃうかも♡気になるウェディングドレスのブランドや、シューズやジュエリーなど、世界中から注目を浴びたメーガンの花嫁スタイルを早速チェック!

お気に入り追加

憧れのロイヤルウェディング

ウィンザー城の敷地内にある聖ジョージ礼拝堂にて、イギリス王室のヘンリー王子と米女優メーガン・マークルさんの結婚式が行われました。お二人の幸せそうな姿に心奪われた方も多いのでは?でもやっぱり女子的に一番気になるのは、メーガン妃のドレスやもろもろ...!!ということで、メーガン妃のウェディング衣装や装飾を徹底リサーチしました♪

一着目のドレス

ウェディングドレスのブランドについては様々な憶測がありましたが、一着目に彼女が選んだのはGIVENCHY(ジバンシー)のイギリス人女性アーティスティック・ディレクター、クレア・ワイト・ケラーがデザインしたものでした!7部袖のボートネックのシンプル&エレガントなドレスがとても上品でお似合いでしたね♡

Talk women01

決して露出度は高くないけど、デコルテやボディラインのきれいさが際立ったドレスで素敵!!

Talk women01

ほんと!!大人の女性しか似合わない品のよさをかんじるね♪

レンタルより安い!海外のお洒落なウェディグドレス一覧!

5mのロングベール

A post shared by Vogue (@voguemagazine) on

壮大な礼拝堂にも負けない5mもの長さのロングベール。英国王室を象徴するシルクチュールのベールには、イギリス連邦53カ国を代表する花が手縫いされていました。

ブーケ

この主張しすぎないシンプルなブーケは、挙式前日にヘンリー王子がケンジントン宮殿のプライベートガーデンから自ら摘んできた花を、フローリストがアレンジしたものだと判明!こういった素敵な演出も、後々二人の大切な思い出になるのでマネしたいところですね♡

ジュエリー

一着目のドレスに合わせていたジュエリー詳細も明らかに!!ダイアモンドが美しく輝くティアラは、1932年にメアリー王妃のために作られたバンドー・ティアラで、エリザベス女王のコレクションから借りたもの。イヤリングとブレスレットは「カルティエ」のものを着用しました。

【類似アイテム】

二着目ドレス

【類似アイテム】

イブニング・レセプション用に選んだ二着目のドレスはSTELLA McCARTNEY(ステラ・マッカートニー)でした。ウェディングドレスとは雰囲気の違ったシルククレープのハイネックドレス。ラインは一着目同様、広がりの少ないストレート(ソフトマーメイド寄り)で洗練させたスタイルす。足元は、メーガンお気に入りのイタリアブランドAQUAZZURA(アクアズーラ)のサテンシューズで合わせています。

A post shared by Lucy Felicite (@lucyfelicite) on

↑右手に光る大きなリングは、故ダイアナ妃のアクアマリン・ダイアモンドのリング。亡くなった義母のリングをつけているところからも、メーガンさんとヘンリー王子の新密度や信頼度が伺えます。

レンタルより安い!海外のお洒落なウェディグドレスをもっと見る!

いかがでしたか?

ドレスや装飾品ももちろん素敵でしたが、何よりも二人の愛あふれた笑顔がキラキラ輝いてみえましたね!これからウェディングを控えているみなさん、メーガン妃のウェディングスタイル、ぜひ参考にしてみてください♪

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

yuka

EDITOR / yuka

元化粧品会社勤務のアラサーライター。美容・ファッション・旅行が大好き!

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧