【元美容部員直伝】化粧後に水でジャボン!?夏でも崩れない驚きのベースメイク術♡
2018/06/24
3156 VIEWS

【元美容部員直伝】化粧後に水でジャボン!?夏でも崩れない驚きのベースメイク術♡

Photo by:www.instagram.com

夏は、皮脂や汗によってファンデーションが崩れやすいですよね。そんなメイク崩れが起こりやすい夏でも、崩れ知らずのベースメイクをご紹介します。

ドロドロファンデになってない?

せっかく綺麗に付けたファンデーションも、皮脂や汗によりドロドロと崩れてきていませんか?夏は毛穴が開きやすく、皮脂や汗も出やすいので、ファンデーションが崩れやすくなってしまいます。

ひと手間で崩れ知らずのベースメイク♡

普段のベースメイクにちょっとしたひと手間を加えるだけで、汗をかきやすい夏でも崩れ知らずのベースメイクに仕上げることができます。ではさっそく、崩れ知らずのベースメイクをご紹介します。

引き締め効果のある化粧水

ベースメイクに入る前に、まずは引き締め効果のある化粧水を使い、肌を整えておくことが大切になります。引き締め効果のあるものとは、収れん化粧水のことです。収れん化粧水は開いた毛穴をキュッと引き締めてくれる効果があるので、毛穴の開きによる化粧崩れも防止してくれます。

さっぱりタイプの保湿剤

化粧水の後に付ける乳液やクリームなどの保湿剤は、さっぱりタイプがオススメです。しっとりタイプは、油分が多く含まれており、その分化粧崩れもしやすくなってしまうからです。

皮脂を吸着してくれる下地

では次はベースメイク。肌表面を整えてくれたり、ファンデーションを肌に密着してくれる役割がある下地は、余分な皮脂を吸着してくれるタイプがオススメです。過剰に皮脂が分泌されることで、化粧も崩れやすくなるので、事前にその原因を抑えておきましょう。

リキッドファンデーション

肌の色むらやトラブルをカバーしてくれるファンデーションは、リキッドタイプがオススメ。パウダータイプは汗で流れやすく、ファンデーションの塗り直しが必要になるからです。その分、リキッドタイプは肌への密着度が高く、汗などでも流れにくくなっています。

ルースパウダーでお仕上げ

A post shared by Shenique H. (@mobaybeauty) on

ファンデーションまで塗り終えたら、次はルースパウダー。ルースパウダーでファンデーションのテカリを抑え、肌への密着度を上げていきます。

真っ白フェイスにチェンジ

ルースパウダーを付ける時にワンポイント。顔が真っ白になるくらい、たくさんルースパウダーを付けましょう。これがすごく重要!「え?こんなに付けていいの?」というくらい、たくさん付けてください。

水の中にジャボン

しっかりとルースパウダーを付けた後は、桶に水をため、そのまま顔を水の中にジャボン。10秒ほど水の中に付けておきます。

ティッシュで水分オフ

その後、ティッシュで優しく水分を取っていきます。この工程を行うだけで、ファンデーションが肌にピタッと密着して、崩れにくいベースメイクを作ることができます。これだけでも十分崩れにくくなるのですが、あともうひと手間。

フィニッシングスプレーをひと吹き

最後にフィニッシングスプレーを吹きかけます。シュッとひと吹きするだけで、肌に水分を与え、乾燥から守ってくれるだけではなく、メイクをより肌に密着させ、崩れ知らずの肌に仕上げてくれます。

メイク崩れゼロへ

いかがでしたか?ちょっとしたひと手間で、崩れにくいベースメイクを作っていきましょう♡

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

かわいあやこ

EDITOR / かわいあやこ

元美容部員→現美容ライター
美容部員時代に培った「スキンケアテクニック」や「メイクテクニック」をお届します♡
Instagram >> @_ayakokawai_

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧