【アイブロウパウダー】眉以外にも使い道があった!?意外な活用術4選
2018/06/27
1528 VIEWS

【アイブロウパウダー】眉以外にも使い道があった!?意外な活用術4選

Photo by:www.instagram.com

眉メイクの必須アイテムといえば、アイブロウパウダー。実は眉以外にも使える万能アイテムです!その意外な使い道をご紹介していきます。

アイブロウパウダーは眉だけ?

眉メイクに欠かせないアイブロウパウダー。眉が薄い部分や、足らない部分にささっと付けるだけで、自然な眉を作ってくれますよね。そんなアイブロウパウダー、実は眉以外にもたくさんの使い道があります。ではさっそく、その使い道をご紹介します。

鼻筋メイクで美鼻をゲット!

鼻を綺麗に見せてくれる、鼻筋メイクが、アイブロウパウダーを使ってできちゃいます。アイブロウパウダーで鼻に陰影を付けることで、立体感が出て、鼻も高く見せることができます。

鼻筋メイクのやり方

付属のブラシを使って、眉頭の下から、鼻筋を囲むように、アイブロウパウダーを入れていきます。この時、鼻の頭まで囲むと、より立体的な鼻筋を作ることができます。アイブロウパウダーを付けたら、ブラシでぼかして完成♡シュッと鼻筋の通った鼻になれますよ。

シェーディングで小顔効果!

小顔効果抜群のシェーディングとしても使うことができます。理想的な顔の形は卵型と言われています。自分の顔を卵型に当てはめて、はみ出ている部分にローライトを入れていきます。そうすることで、顔の周りに影ができ、小顔に見せることができます。

外側から内側に向かって入れるのがポイント

A post shared by Niv Nadav Dahan (@nivdahan26) on

シェーディングは、大きめのブラシを使って、外側から内側に向かって馴染ませていきます。顔の外側に濃い色がきて、内側にいくにつれ、肌の色に近づいていくというイメージです。シェーディングはやりすぎ禁物。あくまでも、ナチュラルに仕上げることを意識して、付けていきましょう。

涙袋を強調して目の大きさアップ!

目を大きくみせてくれる涙袋。涙袋があまりないと悩んでいる方でも大丈夫。涙袋も、アイブロウパウダーで作ることができます。涙袋に影を作ることで、涙袋を大きく見せることができます。そして、涙袋が大きく見えることで、目の大きさも大きく見せることができちゃいます♡

綿棒で馴染ませて、ナチュラルに

ニコっと笑った時にできる涙袋の線の上に、付属のブラシの細い部分を使って、線を描いていきます。この時、太く描かないように注意してください。その線を綿棒で馴染ませれば、涙袋メイクの完成です♪

引き締めカラーで目力アップ!

A post shared by Nikki_Makeup (@nikki_makeup) on

最後はアイシャドウです。アイブロウパウダーを薄い色、中間色、濃い色でグラデーションを作るのもいいですが、一番濃い色を使って、目元の引き締めカラーとして使うのがオススメです。濃いめのカラーを引き締め色として使うことで、目力もアップします。

黒目の上は太めに入れる

普通のアイシャドウ同様、チップや指を使って入れていきます。目元の際に入れると自然に目元を引き締めることができます。また、黒目の上は少し太目に入れるのがポイント。そうすることで、黒目が大きく見え、目力がアップするだけではなく、目の大きさもより大きく見せることができます。

アイブロウパウダーでワンランク上のメイク♡

A post shared by Nikki_Makeup (@nikki_makeup) on

いかがでしたか?アイブロウパウダーを使って、眉以外のメイクをすることで、ワンランク上のメイクを楽しんじゃいましょう♪

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

かわいあやこ

EDITOR / かわいあやこ

元美容部員→現美容ライター
美容部員時代に培った「スキンケアテクニック」や「メイクテクニック」をお届します♡
Instagram >> @_ayakokawai_

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧