ポイントを絞ればクドくない!グリッター&メタリックアイテムでイマドキ顔に♡
2018/08/14
753 VIEWS

ポイントを絞ればクドくない!グリッター&メタリックアイテムでイマドキ顔に♡

Photo by:www.instagram.com

2018年秋冬ファッションのキーワードにグリッターやラメがありますが、メイクにも同様のアイテムに注目が集まっています。一見、やりすぎ感が出たり、普段のファッションから浮いてしまいそうなイメージですが、目元やリップなどポイントを絞れは馴染みやすく、一気に旬顔メイクに仕上がります♡

初心者さんは定番カラーから挑戦すれば失敗なし!

A post shared by min3genie (@min3genie) on

ラメやグリッターは華やかなイメージが強いので、初心者さんがアイメイクに取り入れる場合はブラウンやゴールド、ピンクゴールドなど肌馴染みの良い色から取り入れましょう。シルバーなど白っぽいものは少しのせただけでも色や質感が目立ちやすいので、使い慣れてから挑戦するのがおすすめです。

ラメやパールなどは目立ちやすいので初心者さんがリップに取り入れる際は色はピンクベースがおすすめです。ブラウンやベージュは目立ちにくいと思いがちですが、ベースが控えめな分、逆に質感が目立ちやすいです。

さりげなく取り入れたいならアイライナーがおすすめ♡

アイシャドウやリップなどわかりやすいポイントメイクよりもさりげなく、でも華やかな印象にしたい時はアイライナーがおすすめです!

アイテム単品で使っても可愛いのですが、さらに目元を引き締めたい時はいつものアイラインの上になぞるように引くとより印象的な目元になります。下まぶたに引いても可愛いですよ!

統一感を出すためにベースメイクにもツヤ感を

ポイントメイクにメタリックなものを持ってきても、ベースメイクがマットではちぐはぐでまとまりがありません。ファンデーションはツヤタイプのものを使用し、ハイライトやチークもクリームやリキッド、またはファンデ同様にツヤの出るものを持ってきましょう!

マルチ使いしたいならピグメントは欠かせない!

ピグメントとはラメやパール質感で、主にパウダー状のアイテムを指します。アイシャドウだけではなく、グロスやリップスティックに混ぜて質感を変えたり、日焼け止めやボディークリームに混ぜてキラキラな肌を作ったりと工夫次第でいくらでもアレンジが効きます。

また、ピグメントそのままの色をリップに使いたい時はヴァセリンと混ぜてリキッドルージュのようにして使うと塗りやすいですよ。

ポイントを絞った使い方とベースとの統一感が大切!

おしゃれにキマるグリッターやメタリックアイテムはとりあえずポイントに持って来ればいいというわけではなく、それぞれのポイントメイクとベースメイクとのバランスを見ながら取り入れないと浮いてしまうので要注意です!
でも、そこさえ押さえれば取り入れるのは簡単♡春夏のヘルシースタイルにはもちろん、秋冬のベロアやニットなど温かみのある質感のアイテムとも相性が良いので、ぜひ取り入れてみてくださいね♪

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

JOJO

EDITOR / JOJO

2児の男の子のママ。「ママだからこそ綺麗でいたい」をテーマに、リアルなママ目線で美容やファッション情報を発信していきます。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧