【都道府県別】モンクレールVSカナダグース人気対決!あなたの県はどっち派?
2018/10/25
47300 VIEWS

【都道府県別】モンクレールVSカナダグース人気対決!あなたの県はどっち派?

Photo by:www.buyma.com

ダウンジャケットといえば2大人気ブランド【MONCLER(モンクレール)】と【CANADA GOOSE (カナダグース)】。海外通販BUYMA(バイマ)のリアルな購買データを元に、都道府県別にどちらのブランドが人気か徹底分析!すると意外な結果が明らかに..!!

憧れの高級ダウンブランドといえば..

出典:www.buyma.com

そう、【MONCLER(モンクレール)】と【CANADA GOOSE (カナダグース)】ですよね。今回、会員数524万人を超える海外通販サイトBUYMA(バイマ)のリアルな購買データーを元に、都道府県別に実際にどちらのブランドが支持を得ているか調査しました!

【男女/都道府県別】モンクレールVSカナダグース

男女別でみた各ブランドの支持率を表した地域分布図がこちら!

※上記分布図は、BUYMA内の過去2年間(2016年-2018年)の販売データーを元に、地域毎にみたブランドの支持率を表した分布図です。売上ボリュームを示したものではございません。
※地図デザインの素材元/白地図ぬりぬり 上記画像はライセンスCC BY 4.0に基づく
https://3kaku.work/
https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

パッと見ると、寒さが厳しい県はカナダグース、大都市にあたる東京・大阪・福岡に「モンクレール」が集中しているという結果に。

なぜこんなにくっきりと別れるのでしょうか。その理由を突き止めるため、それぞれのブランドが持つ特徴・魅力を調べてみました。

モンクレールの特徴

モンクレールのダウンジャケットは、「世界最高峰」と言われているほど保温性が高いことで知られています。その秘密は、使われているダウンの種類。モンクレールのダウンは、軽量ながら保温力が非常に優れている“ガチョウの羽毛(グースダウン)”が使用されているんです。

また、モンクレールはファンを惹きつける話題作りにも長けています。2018年2月に藤原ヒロシをはじめとする世界のトップクリエイター8名とコラボした新プロジェクト「MONCLER GENIUS(モンクレール ジーニアス)」を発表し一大ニュースになりました。2017年にはトム・ブラウンが手掛ける「MONCLER GAMME BLEU(モンクレール ガム・ブルー)」を2018年春夏コレクションで終了すると発表し、駆け込み購入するケースが目立ちました。このように毎年プロモーションや話題を発信しつづけるMONCLERは、トレンド情報に敏感に反応する人が多い県に集中するのかもしれませんね。

モンクレールを人気順でもっと見る!

カナダグースの特徴

一方カナダグースは、創業当初よりメイドインカナダにこだわり、極寒地で生活する人々や、南極探検隊や登山隊のプロ向けに製品を提供し続けてきました。そのため、カナダグースのダウンジャケットは、特に保温性を重視し、空気包含力の数値が高いダウンしか使用しないというこだわりがあります。

出典:www.buyma.com

また、寒さが厳しい県で支持される最大の魅力として紹介しておきたいのが、カナダグースはお客様が選ぶ際に機能面で迷うことがないよう対応温度の目安を“「TEI(THERMAL EXPERIENCE INDEX:対応温度指数)」”で表示しているということ。TEI1~TEI5までの5段階あり、TEI1からTEI5に上がるにつれて暖かさが増していきます。

【体感温度指数レベル】
●TEI1:LIGHTWEIGHT(軽量)
5°C/-5°C アクティブな活動に適した軽さ
●TEI2:VERSATILE(万能)
0°C/-15°C 体の芯を冷やさず幅広いニーズに対応
●TEI3:FUNDAMENTAL(ベーシック)
-10°C/-20°C 寒冷地のデイリー使いに適した保温性
●TEI4:ENDURING(極寒に対応した耐久性)
-15°C/-25°C 北極圏で活動する人々のデータを元に開発。
極寒地のデイリー使いに適した保温性を維持
●TEI5:EXTREME(究極の保温性)
-30°C以下極寒地での厳しい実地試験にクリア

真冬は、氷点下となる北海道エリアの最低気温が約-10℃~-30℃なので、カナダグースのTEI3~TEI5を選べば快適に過ごせそうですね。

カナダグースを人気順でもっと見る!

あなたの地域はどっち派でしたか?

今回の結果は、いかがでしたか?
モンクレールとカナダグース、いずれも最高なダウンジャケットブランドであることは間違いありません。もしモンクレールとカナダグースのどちらを購入しようか迷っている方がいたら、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

STYLE HAUSの編集スタッフ

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧