【涙袋メイク】涙袋はメイクで作る時代!涙袋0の人でも簡単にぷっくら涙袋が手に入る方法
2018/09/20
3931 VIEWS

【涙袋メイク】涙袋はメイクで作る時代!涙袋0の人でも簡単にぷっくら涙袋が手に入る方法

Photo by:www.instagram.com

涙袋は、目を大きく見せてくれたり、可愛らしくみせてくれる大事なポイント。涙袋が目立たない人でも、簡単にぷっくらとした涙袋が作れるメイク方法をご紹介します。

涙袋で目の大きさアップ

涙袋は、目の縦幅を大きく見せてくれる効果があります。涙袋の大きさ次第では、目の大きさを、通常より大きく見せることもできちゃうんです。

可愛らしい印象に

ぷくっと涙袋があるだけで、可愛らしい印に。涙袋があることで、目元の丸みが強調され、丸くクリっとした目元に見せることができちゃうんです。

涙袋ありなし比較

涙袋がある時とない時を比べてみました。その違いは一目瞭然。涙袋がある方は、目の縦幅が大きく見え、目元全体が丸くクリっとした印象。一方涙袋がない方は、目の縦幅が狭く見え、目の丸みよりも横幅が強調されてしまっています。このように、涙袋が目の印象に与える影響は大きいのです。

涙袋はメイクで作れる時代

目を大きく見せてくれる効果のある涙袋ですが、誰もがぷっくらとした涙袋があるわけではないですよね。涙袋があまり目立たない方もいるかもしれません。そんな方でも大丈夫!涙袋はメイクで作ることができます。

必要なのはアイブロウアイテムと綿棒

涙袋メイクに必要なのは、アイブロウパウダーと綿棒のみ。よりくっきりした涙袋を作りたい方は、アイブロウペンシルがオススメ。この2つのアイテムで、ぷくっとした涙袋をつくることができます!

涙袋の位置を確認

まずは、涙袋の位置を確認します。涙袋は、ニコっと笑った時に目の下にぷくっと膨らみの線ができるところ。この位置に、涙袋の線を描くことで、よりナチュラルな涙袋を作ることができます。

涙袋の輪郭を強調

線を描く時は、目の形に添って、半円を描くイメージでなぞっていきます。黒目の下を濃く、目尻側・目頭側は薄く描くようにしましょう。そうすることで、より自然な影を作ることができ、涙袋を強調させることができます。

綿棒でナチュラルに

線を描いたら、そこから綿棒を使って馴染ませていきます。線を綿棒で馴染ませていくことで、線の輪郭がぼやけ、よりナチュラルな仕上がりに。

涙袋でクリっと丸みのあるデカ目に

涙袋メイクをすることで、目元の縦幅と目元全体の丸みが強調され、クリっと丸みのある目元に。目元を大きく見せたいならば、涙袋メイクは外せません!

涙袋メイクで自信の持てる目元に

いかがでしたか?涙袋メイクで、ぷくっとした涙袋にまん丸キュートな目元を手に入れちゃいましょう♡

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

かわいあやこ

EDITOR / かわいあやこ

元美容部員→現美容ライター
美容部員時代に培った「スキンケアテクニック」や「メイクテクニック」をお届します♡
Instagram >> @_ayakokawai_

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧