カジュアルもエレガントもおまかせ♡何はともあれ黒コーデなら間違いない!
WOMEN
2018/10/24

カジュアルもエレガントもおまかせ♡何はともあれ黒コーデなら間違いない!

出典:www.instagram.com

エレガントにもカジュアルにもファッションのジャンル問わず使える黒はまさに万能カラーです。好き嫌い問わずコーデに取り入れている人は多いでしょう。ですが、その色使い次第ではさらにコーデをランクアップすることができます!

お気に入り追加

「とりあえず」ではもったいない優秀カラーといえば黒!

洋服でも小物でも色選びに迷ったら「とりあえず黒」という人は多いでしょう。ですが、黒はとりあえずで取り入れるのはもったいないほどの優秀カラーです。また、便利な色である一方でアイテムや素材、デザインによっては黒で重くなりすぎてコーデのバランスを崩してしまう場合もあるので注意が必要です!

取り入れやすく、飽きがこない、そしていろんなファッションのテイストに合うので気がつけばクローゼットが真っ黒!という場合も珍しくありませんが、特にトップスとして取り入れる際は顔色が悪く見えないように計算してメイクをするようにしましょう!

ボリューム、シルエットに気をつけて選びたい黒ニット

着回しの効く黒はトップスに取り入れる人は多いでしょう。ですが、身長や体格、髪型や肌の色によっては同じアイテムでも見え方はずいぶん変わり、黒を選んだせいでボリューミーに見え、かえって太って見えるば良いもあるので要注意です。

例えば秋冬に活躍するボリューミーな黒ニットを着る場合は、ボトムスをコンパクトにする、もしくは明るめの色を持ってきて軽さをプラスしましょう。また、髪型もなるべく顔周りがスッキリするようなスタイルにし、リップやチークで血色良く見せると重さを軽減できます。

小柄さんはできればスッキリとしたシルエットの黒トップスを選ぶようにするとバランスが取りやすくなります。逆に長身さんはボリューミーなトップスでも映えますが、かえって迫力が出てしまう場合もあるのでボトムスや小物でバランスを取るようにしましょう!

女っぽさをプラスするなら黒ブラウス

秋冬のトップスというとニットを思い浮かべますが、温かく見えるアウターの中に柔らかな印象のブラウスが見えると女性らしく華奢な印象を与えることができます。とは言っても、寒さには勝てないという人は温かい薄手のインナーで調節をして防寒対策をしましょう!

黒スカートならタイトより断然フレアスカート

スカートで黒をチョイスするならタイトスカートよりもフレアスカートやプリーツスカートをおすすめします。黒タイトスカートもスラリとして素敵ですが、可愛い印象もあるフレアやプリーツをあえて黒で引き締めるとおしゃれで、着回しも効きますよ♪

定番の黒パンツはフォーマルにならないように注意!

黒パンツはデザインによってはフォーマルな印象になり、カジュアルスタイルにミスマッチになってしまうことも。そうならないためにも、生地やシルエット、丈などに注意して選ぶようにしましょう。

スキニーやレギンスなら生地によってイメージを変えることができますが、ワイドパンツになると靴やトップスとのバランスも大切です。ハリのある生地ならスニーカーと合わせてもカジュアルに決まります。また、トップにあえてゆったりめのニットを持ってきて全体的にボリュームのあるコーデにしてもおしゃれですよ♡

便利な黒アウターはいかに重たく見せないかが鍵!

デザインさえ注意すればオンオフ問わず使える黒アウターは人気ですが、コーデによっては重たく見えてしまい、まだ寒さの残る3月でも着るには躊躇してしまうという人も多いでしょう。

重たく見せない大きなポイントは丈、そしてストール使いです。丈というのは基本的な点ではありますが、小柄な人が黒のロングコートをチョイスしてしまうと、重たさを強調してしまいます。また、長身さんはスッキリと着こなせますが迫力が出てしまうので要注意です。黒のロングコートを着るなら細身のシルエットにする、ボリュームのあるシルエットのものなら中のコーデに明るい色を持ってきて明るさを出すようにしましょう!

また、ストールでトップに視線を上げるようにすると重さを感じさせなくなります。この時、ストールのボリュームはコートとのバランスを見てチョイスしましょう。

意外にコーデの幅をとるバッグはサイズ感に要注意!

意外にもコーデの幅をとって、目につきやすいバッグはおしゃれなだけでなくコーデに取り入れやすいかも重要です。その点で黒はやはり取り入れやすいので人気のカラーですが、大きなバッグになるほど黒はインパクトが大きくなるので、選ぶ際はデザインや生地に注意する必要があります。

特に大きめバッグを選ぶ際、小柄さんは鏡で持った時のバランスをしっかりチェックしましょう。明るめカラーのコーデの時に持っても視線をバッグに持って行かれないか、全体的に重たい印象にならないかなど注意する必要があります。

黒をさらに味方につけてコーデをワンランクアップさせましょう♡

様々なアイテムで取り入れられる黒は誰もが認める万能カラーですが、ワンカラーコーデでない限り、コーデに取り入れる量が難しかったり、アイテム選びに注意が必要な色でもあります。

アイテム選びに注意すればダークトーンにありがちな重さを回避でき、逆に引き締め効果でスッキリとした印象にしてくれます。幅広いテイストのコーデに取り入れられる黒を味方につけて、さらにおしゃれのランクを上げましょう!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

JOJO

EDITOR / JOJO

2児の男の子のママ。「ママだからこそ綺麗でいたい」をテーマに、リアルなママ目線で美容やファッション情報を発信していきます。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧