ニキビ肌を治すために見直すべきこと11選!~食生活・睡眠・保湿・ファンデーションなど~
2018/12/01
3717 VIEWS

ニキビ肌を治すために見直すべきこと11選!~食生活・睡眠・保湿・ファンデーションなど~

Photo by:www.instagram.com

ニキビはできてしまうとなかなか治りにくい。無理に潰してしまったり、触りすぎてしまうと跡に残ってしまうことも。ニキビは、スキンケアアイテムでケアしていくことも大切ですが、普段の生活を見直すことも大切!ニキビ肌を治すために見直すべき11個のことをご紹介!

ニキビができやすい環境

ニキビは、毛穴の詰まりが原因で起きてしまいます。老廃物や過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで、コメドと呼ばれるニキビの初期段階ができてしまうのです。ニキビができにくい肌環境を作るには、肌のターンオーバーを正常に整えることと、皮脂の過剰分泌を抑えることが大切になります。

ではさっそく、ニキビ肌を治すために見直すべきこと11選をご紹介します。

①揚げ物や甘いものは控える

揚げ物の摂りすぎはニキビの大敵!揚げ物は油をたくさん含んでおり、油は皮脂の原因になってしまいます。また、揚げ物だけに限らず、糖質も皮脂の原因になってしまうので、甘いものや炭水化物も食べ過ぎないように気を付けましょう。

反対に、抗炎症効果のあるビタミンCが含まれている、野菜や柑橘系のフルーツを積極的に採るようにしましょう。

②枕カバーは定期的に洗濯

枕カバーは顔が直接触れる部分。雑菌も増えやすく、寝ている間に長時間顔に当たることで、ニキビができやすくなってしまう原因にも。枕カバーは最低でも週に1回は洗濯するようにしましょう。顔に直接触れる部分だからこそ、清潔に保つことがニキビ予防にも繋がるのです。

③シャワーから入浴に切り替え

忙しくて時間がないからといって、シャワーで済ませていませんか。入浴して体を芯から温めることは、冷え性改善に繋がるだけではなく、血行が良くなることで、体の中に溜まった老廃物を押し出す効果も期待できます。温かいお湯にゆっくりと浸かって、血行促進を図りましょう。

④洗顔のし過ぎはニキビにとって悪影響

過剰に分泌される皮脂を取り除こうと、1日に洗顔を何回もしてしまうことは逆効果。反対にお肌が乾燥してしまい、皮脂が過剰に分泌されたり、洗顔のし過ぎでお肌に過剰な刺激が加えられてしまう場合もあります。

洗顔は朝と晩の2回までにしましょう。

⑤保湿はお肌にとっての必要事項

洗顔後はお肌の水分が奪われやすくなります。そうなると、お肌は無くなった皮脂を補おうとべたついた皮脂を過剰に分泌してしまいます。それを防ぐためにも、洗顔後は化粧水でしっかり水分を与え、乳液やクリームで水分が蒸発しないようにフタをしてあげましょう。

べたつき感が気になるからといって、乳液やクリームを付けるのを怠ってしまうと、せっかくお肌に与えた水分も意味がありません。ニキビがあっても、乳液やクリームでの保湿はお忘れなく。

⑥こまめに水分補給をする

お水は美肌を作るポイント!お水をこまめに飲むことで、体内に溜まった老廃物が排出されやすくなります。また、水分をこまめに摂ることで、代謝が上がり、お肌のターンオーバーを整えてくれます。1日2.5リットルを数回に分けて、こまめに摂るようにしましょう。

⑦運動を習慣に

運動不足はニキビができる原因にも。運動量が不足してしまうと、血の巡りが悪くなり、老廃物が排出されにくくなってしまいます。なので、日々の生活に運動を取り入れることで代謝を上げ、老廃物を排出しましょう。

⑧質の良い睡眠をとる

睡眠はお肌にとっての栄養剤。皮膚の再生を助ける成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。この成長ホルモンは、ニキビに限らず、日焼けやシミなどのお肌のダメージを修復する上でも大事な役目を果たしています。そして、成長ホルモンの分泌のピークは、22時~深夜2時の間なので、この時間にはベッドに入るようにしましょう。

⑨紫外線対策は念入りに

ニキビができている時は、できるだけお肌に負担をかけたくないと考え、日焼け止めも敬遠しがち。しかし、ニキビができている時こそ、紫外線対策は念入りにする必要があります。

皮脂は、紫外線を浴びることでニキビの初期段階であるコメドになりやすく、毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。さらに、紫外線が当たることで、炎症が悪化してしまう場合もあるのです。また、既にできてしまっているニキビは、シミになりやすいので、紫外線対策は徹底的に行いましょう。

⑩クレンジング要らずのミネラルファンデーション

ファンデーション選びもニキビ肌を治すために大切。ファンデーションは、パウダータイプがオススメ。リキッドファンデーションやクッションファンデーションは油分が多く、ニキビ肌の原因に繋がってしまうからです。

パウダータイプの中でも、ミネラルファンデーションがオススメ。お肌に優しい上にクレンジング不要なので、石けんで落とすことができ、クレンジングによる肌ダメージを軽減することもできます。

⑪メイク道具は定期的にお掃除

ファンデーションパフやチークブラシなど、メイク道具はとにかく清潔に保つことが大切。定期的にクリーナーで洗浄したり、新しいものに変えないと、雑菌が繁殖してしまい、その雑菌を肌に付けることになってしまいます。

なので、できれば毎日メイク道具は洗うようにしましょう。毎日洗うのは難しいという場合は、最低でも週に1回は洗うようにしましょう。

目指せニキビゼロ肌!

いかがでしたか?普段の生活の中で少し気を付けることで、ニキビは事前に防ぐことができます。自分の習慣を見直して、ニキビゼロ肌を目指しましょう。

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

かわいあやこ

EDITOR / かわいあやこ

元美容部員→現美容ライター
美容部員時代に培った「スキンケアテクニック」や「メイクテクニック」をお届します♡
Instagram >> @_ayakokawai_

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧