老舗からニューフェイスまで!「英国発!4ブランド」をご紹介!
OUTER
2019/01/05
3014 VIEWS

老舗からニューフェイスまで!「英国発!4ブランド」をご紹介!

Photo by:www.instagram.com

今回は、イギリス発のブランドに注目。大人気ブランドからニューフェイスまで、ロンドンのオシャレさんたちから愛される4ブランドの新作アイテムを取り上げて行きます!!

英国発!老舗からニューフェイスまで4ブランドを大特集!!

今回はイギリス発のファッションブランドを特集。英国を代表する老舗ブランドから人気の新鋭ブランドまでに注目してみました。「Bee Inspired Clothing」(ビーインスパイアードクロージング)、「SikSilk」(シックシルク) 、「Vivienne Westwood」(ヴィヴィアンウエストウッド)、「Burberry」(バーバリー)の4ブランドから、新作アイテムを紹介して行きます!!

「Bee Inspired Clothing」

■「Bee Inspired Clothing」(ビーインスパイアードクロージング)とは

元プロサッカー選手により2013年に設立された、UK発のストリートウェアブランド。 スポーツとファッションを融合させた、新鮮なスタイルが特徴。 大人気のジーンズをはじめ、Tシャツやスウェット、ジャケット、スニーカーなどがそろう注目のブランドです。

出典:www.buyma.com

洗練されたキャメル色の生地に、「Bee Inspired Clothing」(ビーインスパイアードクロージング)のロゴが腕元に施されたファーダウンジャケット。インナーとボトムスは黒にまとめて、落ち着いた大人のカジュアルスタイルにピッタリです。

「SikSilk」

■「SikSilk」(シックシルク) とは

2012年、英国発。英国だけでなく、ヨーロッパ、アメリカの ストリートカルチャーに影響を与えるブランド、SikSilk。 Fabolous、トレイ・ソングスをはじめとした海外アーティストの着用により注目度が高まり、 現在では、クリスティアーノ・ロナウドを始め数多くのアーティスト/セレブも愛用しています。 グローバルな展開を視野に入れながら、生活様式全ての 領域へとコレクションを広げ、グラフィックス、デザイン等の象徴的なイメージから、 独自のスタイルを提示するファッションブランドです。

出典:www.buyma.com

カモフラージュ柄のデニムジャケット。ノンストレッチデニムでゆったりと着られます。ショート丈を活かして、フーディッドパーカーと合わせることで、格好いいフォルムを作ることが可能です。ハードなスキニージーンズを履いて、無骨なミリタリーストリートのオシャレを楽しみましょう。

ダウンジャケットを丈から選ぶのも1つの攻め方。ミディアムからロング丈なら、上品でキレイ目にまとまってくれます。ローライズ系の細身ボトムスと合わせることで、コントラストのあるシルエットを完成させることが出来ます。

「Vivienne Westwood」

■「Vivienne Westwood」(ヴィヴィアンウエストウッド)とは

王冠と地球をモチーフとしたロゴでおなじみ、アヴァンギャルドなデザインで世界中にファンを集める「ヴィヴィアンウエストウッド」。ここにいたるまで、SMの要素を採り入れた前衛的なパンクのスタイル、海賊ファッション、魔女ファッションなど、反逆的なファッションを展開。その後19世紀以前のヨーロッパの衣装からインスパイアされた、エレガントな路線に変え、反逆と同居するアヴァンギャルドなデザインとなりました。日本でもショップを進出し確実にファンを増やし続けており、今後も動向が見逃せないブランドです!

出典:www.buyma.com

アヴァンギャルドとエレガント。相反する世界観が同居するブランドのアイテムで、個性を存分に引き出しましょう。紳士的なタータンチェック柄のスウェットシャツで男性ならではの可愛いらしさを。楽園がプリントされたドレスシューズで色気を。上質な攻めのコーデが仕上がります。

ブランドのアイコニックなデザインである”CUTLASS”(カットラス)と”ORB”(オーブ)が、大胆に描かれたトレーナー。群を抜くほどの存在感を放っています。カラーバリエーションやデザインのパターンが充実しているトップスなので、お好みの1着を手にとって。

■英国の老舗メーカー「Gloverall」(グローバーオールの)社とのコラボコート

<Gloverall社とダッフルコートについて> 第二次世界大戦終結後、モリス・ファミリー(Gloverall社の前身)は英国国防省より軍用ダッフルコート等の余剰在庫品を買い取り一般向けに販売したところ需要が高かったため、1954年に今日のダッフルコートとして知られるコートの生産を開始しました。以来60年代の政治活動のシンボルになる等を経て、今日でもイギリスで生産され続けています。開閉部分にレザーやバッファローの角で出来たトグルが使用されたアイコニックなダッフルコートです(こちらのコラボ商品のトグルは実用性を重視しバッファローの角ではなく木で出来ています)。 尚、モデル名の「MONTY」はダッフルコートを愛用したイギリス軍の英雄、Bernard L. Montgomery将軍の愛称から名付けられているそうです。

出典:www.buyma.com

コラボによる作品は、今季で3度目のリリースです。ブラックの生地に、”CLIMATE REVOLUTION”の文字がレッドでプリント。こちらは「Vivienne Westwood」(ヴィヴィアンウエストウッド)のスローガンです。さらにレンブラントの自画像やマニフェスト等がプリントされたパッチが施されており、他にはないダッフルコートの趣となっています。

「Burberry」(バーバリー)

■「Burberry」(バーバリー)とは

今なお受け継がれる英国の伝統を伝えるブランド。1856年に創立のアパレルブランド「バーバリー」。創業者トーマス・バーバリーの開発した耐久性・防水性に優れた新素材を開発、「バーバリー・クロス」が、作家のコナン・ドイル、英元首相ウインストン・チャーチル、米元大統領ジョージ・ブッシュ、女優キャサリン・ヘプバーンら数々の著名人が愛用したことで有名な「バーバリー・コート」でブランドとしてゆるぎない地位を確立させました。 なお「バーバリー・ブルーレーベル」「バーバリー・ブラックレーベル」は三陽商会の企画で日本独自のレーベルです。「ブルーレーベル」は18歳~25歳の女性をターゲットに、バーバリーの伝統にトレンドを融合させた品のある、クラシックなスタイル。一方の「ブラックレーベル」は百貨店向けヤングキャラクターズブランドであり、発表以降同メンズ市場でトップクラスの売上を誇るブランドにまで成長しています!

出典:www.buyma.com

1980〜90年代を彷彿させる「Burberry」(バーバリー)スカーフのプリントにグラフィティを重ね合わせ。リップストップ素材の華々しいグースダウンジャケットです。フェザーの中綿を入れて、オーバーサイズに仕上がっています。言うまでもなく主役として着られるアウターです。

高品質なグースダウンを入れて仕上げられたフード付きアノラックとミトン。適度なボリューム感と、防寒性の高い素材が特徴的。色鮮やかなイエローと、凛とした表情のブラックによるツートンデザインです。対比のあるバイカラーはアメリカの人気アーティスト”Chris Brown”(クリス・ブラウン)が着用したことで、セレブの間で人気が広まりました。まさにトレンドライクな一着。取り外しが出来る手袋も付いています。底冷えする真冬でも、スタイリッシュに乗り切れますよ!

「Burberry」(バーバリー)と「Vivienne Westwood」(ヴィヴィアンウエストウッド)による、英国を代表する憧れのブランドの共演。トレンチコートの襟元から顔を覗かせるタータンチェック柄と、ストールに赤く刻まれているのは王冠と地球をモチーフにしたオーブ。これ以上の足し算も引き算もいらない、秀逸なコンビネーションです。

チェルシー ヘリテージ トレンチコートのご紹介です。 スリムフィットのバーバリートレンチコートを、肩に丸みのあるすっきりとしたシルエットに再解釈。 アーカイブにインスパイアされたスタイルを、イングランドにて悪天候に強いギャバジン地で仕立てました。 裏地と襟裏のヴィンテージチェックがアクセントをプラスします。 テーラリングやTシャツ&デニムに重ねて羽織ればお洒落になること間違いなし☆

出典:www.buyma.com

ロンドンの最旬オシャレを探求しよう

今回はイギリス発のファッションブランドを取り上げてきました。いかがでしょうか?ロンドンの若者をはじめ世界中のファッショニスタから愛される4ブランド。新作アイテムを手に入れて、英国ファッションで最旬トレンドを作ってみて下さいね!!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ISSEY

EDITOR / ISSEY

大阪在住のライター。トレンドをおさえながらも、個性をだせるファッション情報を発信していきます!

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧