来年はチークNG!?《2019SS》最旬メイクトレンドをチェックしなければ。
BEAUTY
2018/12/22

来年はチークNG!?《2019SS》最旬メイクトレンドをチェックしなければ。

出典:www.instagram.com

早いもので、もう2018年も終わりそう。既に来年の流行にアンテナを張っている方も多いのでは?2019年春夏コレクションでは、続々と次のトレンドが発表されています。メイクのポイント別に、2019年のトレンドメイク予想を解説していきます。

お気に入り追加

ーー来たる2019年。

メイクは世相をあらわす、なんて言うように、その時代の風を強く受けるもの。2018年は深い赤みのあるレッドやブラウンでのメイクが流行り、「自立した大人っぽい女性」が時代の象徴となったともいえますね。

2019年は、ミニマムでシンプル、かつ遊び心のあるメイクがトレンド入りしそう。自由で媚びない女性が、もっと輝く時代になるのかもしれません。ファッションよりも気軽に挑戦できるメイク。誰よりも早く先取りしてみては?

♯リップメイク編

▼カラーレスリップ

肌にとけこんでしまいそうなヌーディリップ

濃い色リップの旋風は少し落ち着きを見せ、正反対のヌーディなリップメイクに注目が集まりそう。2000年代にも同じようなメイクが流行りましたが、当時のように、リップグロスでテラテラの唇にするのはNG。コンシーラーで丁寧に色を消し、自分の肌色とぴったりのセミマットなベージュカラーをのせて、素の唇を装って。

▼レッドリップ

照りつく太陽のような鮮烈なオレンジレッド

ダークレッドやブラウンが流行った2018年。2019年は、ヴィヴィッドなレッドが注目されています。中でも、オレンジよりの鮮やかなレッドが今っぽい。指のポンポン付けよりも、リップブラシを使って、唇の輪郭をはっきりさせるのがモード。

♯アイメイク編

▼囲み目アイ

強い意思が宿る、吸い込まれそうに深い目元

懐かしい「盛りメイク」はもう遠い記憶の彼方…。アイラインなしメイクや、ビューラーをしないアンニュイな"しだれまつげ"がトレンド入りした2018年。つけまやまつエクを卒業した女子も多いんじゃないでしょうか?

2019年は、スモーキーで目力のある目元が流行の兆しを見せています。今までと違うのは、目を大きくみせるのではなく、奥行きがあって印象的な目元に見せること。下まぶたにもラインを引いて、エキゾチックな雰囲気を漂わせて。

▼カラーアイ

メイクにルールはない!自由に目元を彩って

アクセサリーのように色を楽しむメイクに注目が集まっています。目じりにポイントで置くのも定番でかわいいですが、眉の下まで大胆に色を入れるのが2019年流。くすんだイエローやピンクは肌なじみもよく、一気にプレイフルな目元に変身できます。アイラインを引く場合は、ホワイトのラインをチグハグにまぶたに置いたり、目頭だけに黒いラインを入れるなど、遊び心がテーマになりそう。

♯ベースメイク編

▼ツヤとマットのハイブリッドフェイス

均一肌はもう時代遅れ。質感はパーツで変える時代。

ルースパウダーも極力つけないピチピチのツヤ肌がお洒落でしたが、2019年はツヤとマットをバランスよく取り入れた立体フェイスが旬顔になりそう。フェイスラインや小鼻周りはしっかりとパウダーを乗せ、光と影を操るメイクに。今までナチュラル派が敬遠していた、シェーディング・ハイライトがマストな時代に突入するかも。

▼ペールトーンメイク

ナチュラルメイクの究極系。どんな服もお洒落に決まる

ペールトーンメイク=チークを乗せない、全体的に淡いトーンのメイク。まんまるチークのハッピーフェイスも可愛いけど、2019年はミニマムで限りなく自然な頬がトレンドに。日焼け風のチークを乗せてエフォートレスな仕上がりも注目されています。

いかがでしたか?

挑戦してみたいメイクは、見つかりましたか?2019年には年号も変わりますし、思い切ってメイク道具を新調してみてもいいかもしれません。トレンドに自分らしさのエッセンスを加えて、2019年も思い切りメイクを楽しみましょう。

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧