ラグナ占星術とは?

ラグナ占星術は、5000年もの長~い歴史のあるインド占星術をベースにした星占いです。ラグナ占星術の星座は、一般的な西洋占星術の星座と違う方が大半を占めます。
ラグナ占星術におけるあなたの「正しいラグナ星座」をまだ調べていない方は、まずはどのラグナ星座か調べてみましょう。

YATAのラグナ占星術 2021年下半期の運勢 おうし座

下半期の全体の流れ

2021年上半期の4月を境に「新たな時代・新たな未来」へ向けて歩み始めた私達の運。2021年下半期は、基本的にその流れが止まることなく進行していく時期になります。

2021年下半期は、木星と土星が逆行するので「過去に起きた問題の再燃とその解決」がテーマとなる時期。

昨年あった混乱の影響で、解決しきれなかった課題や先延ばしにせざるを得なかった問題を、進化した現在のあなたの力でクリアにしていくことがテーマになっていくでしょう。

2021年下半期で少し運に陰りが現れる時期は9月半ば頃。この時期は、木星が逆行して水瓶座から山羊座に戻ることで、再び法と秩序を示す木星が最も弱い位置に入ってしまいます。

昨年末から今年2月頃までのような「先の見えない状況・ポジティブになりにくい状況」が再びやってくる予兆があります。過去の不正な状況の復活、法を無視する人や組織が力を得る時期となりそうです。

7月頃から、ウィルスに関する問題の再燃、台風などの災害による食料不足や金融不安などが起こりやすく、個人の運にも良くも悪くも変化が現れやすい時期に突入します。

木星と土星の逆行が終わり、木星が水瓶座に復帰し、再び世界が安定を取り戻すのが11月20日頃。

そのため、およそ3ヶ月ほどは全てのラグナ星座に共通して、不安定な時期が再びやってくると心得ておきましょう。

特に、波乱の運がピークとなる10月半ば~11月20日頃までのおよそ1か月は、台風などの災害にも注意が必要な時期となりそうです。

これ以降は木星が弱くなるタイミングが無いので、2020年4月から続いた「ネガティブな不正と向き合い解消する時」はこれが最後。

個人個人の2021年下半期のテーマは「再びやってくる過去の自分と向き合い、それをクリアすること」を中心に進行していくでしょう。

全てのラグナ星座さんに「自分の中の古いルール・古い仕組み」を更新していく必要が生じるこの時期は、古い自分のパターンや癖が作り出す悩みや困難を感じやすい時。

9月〜11月20日まで困難に向き合い、12月から問題を克服していくことで、古い自分・過去の自分から脱皮して、新しい自分を手に入れることが出来るでしょう。それ以降は、再び古い自分に戻ることはないでしょう。

年末は木星がパワーを取り戻しているので、そこまで不安定な状況はなく、基本的には一息つける穏やかな年末になりそうです。

ただ、12月5日頃から火星が蠍座に入り強い影響力を発揮するので、やや波乱の気配あり。蠍座に火星が入ると、強烈な愛着・執着、パートナーや恋人に対する深い感情や不安を強く刺激。そのため、年末の恋愛運に影響を受けるラグナ星座さんは、少し注意が必要です。

12月19日以降は金星が逆行するので、復縁や過去の恋愛の再燃が示されている時期。人によってはクリスマス直前に、元恋人やパートナーからの連絡がやってくる場合もあるでしょう。

それでは、それぞれのラグナ星座ごとに2021年下半期の運勢を見ていきましょう。

ビジョンを形にするために自分を鍛える時

4月頃の運気の変化を通して、長く続いたインプットと学習の流れを終え、新たに自分のパワーを発揮しやすい良好な仕事運の始まりを体験した牡牛座ラグナさん。

続くこの下半期は「試行錯誤」がテーマとなりそうです。2021年下半期はじめの転機となるのは7月17日頃。

6月後半頃から上司・師匠に従って、強い努力・忍耐を積み重ねるようなストイックな時期が到来。続く7月17日頃から、これまでの学びを表現するような時期がやってきそうです。

8月10日頃にかけて、高い実力・モチベーションを持つグループやチームへの参加、良い組織との縁が出来るタイミングがありそうです。

ただ、9月15日頃には再び木星が逆行するので、あなたはそのチーム・組織を離れることになるかもしれません。

どちらにせよ、そこまでに得た経験やビジョンを形にするために、11月20日まで知識や経験を蓄積することになりそうです。

基本的には仕事を中心として展開するこの2021年下半期。恋愛への意識や興味は少し薄まり気味かもしれません。

恋愛運にとってチャンスとなるのは、10月1日~月末にかけて。この時期は恋愛相手との出会いが示唆されていますが、まだあなたの中で興味が湧きにくいかもしれません。

持続的な恋愛運・出会いの運は来年の4月にやってくるので、このタイミングで得た良い縁はキープしてしっかりと温めておくと良いでしょう。

飛躍に向けて最終調整をする時

2021年下半期も引き続き、あなたの仕事運にとって非常に大切な時期になります。上半期4月以降は、あなたの仕事観に新たなビジョンが現れるような時期を過ごしました。

続くこの下半期は、古い仕事運を一新し、新たな自分の活かし方や仕事のスタイルの獲得を目指すために、試行錯誤する時期になるでしょう。

9月15日には、新たな仕事の流れがあなたの前から一度失われる可能性があります。この時、あなたにとって理想を現実にするために「これが足りない」というものが、あなたの中で明確になるでしょう。

その「足りないもの」を努力によって補っていくことが、2021年下半期~来年4月までのテーマとなります。

来年4月までは、まだ「下積みと蓄積」がテーマとなる時期なので、基本的には地道な積み重ねを意識すると良いでしょう。

また、上司・師匠との関係は悪くはないものの、プレッシャーを感じやすい時期が続いています。7月17日までと10月22日〜12月5日にかけては、衝突や不和が起こりやすいので注意しましょう。

2022年は、活躍運・評価成功の運が訪れる年であり、今年描いたビジョンを現実のものにしていく時。

今年の蓄積や積み重ねは、来年しっかりと評価されるので、目前に控えた飛躍の時を待ちつつ、努力を続けておきましょう。

これまでとは違う縁が出来やすい時

基本的には仕事と勉強が意識の中心となる2021年下半期。上半期に引き続き、恋愛にはあまり興味が持てない時期が続いているので、恋愛運は少し陰り気味。

意思疎通が難しい相手、違う文化をもった相手との出会いが下半期も示されているので、引き続き外国の方との出会いには縁があるでしょう。

良好な恋愛運の訪れは、10月2日~29日にかけて示唆されていますが、それを追いかけるように10月22日頃~12月にかけて、自我が非常に強まる時期がやって来ます。

そのため、このタイミングでお付き合いが成立しても、関係を長続きさせるのは難しいかもしれません。

でも、その期間を終えた12月5日以降、急激に出会いの運がやってきます。トラブルを通した出会いや、これまでにないユニークな形での急接近となりそう。

これまでの好みとは違った相手との非常に情熱的な恋愛などが示されているので、今年のクリスマスは、とても記憶に残るものになる牡牛座ラグナさんもいるでしょう。

いずれにせよ、穏やかで将来性のある恋愛運は来年以降に本格的にやってくるので、2021年下半期は、自分の中で恋愛に対する意識を緩めておいても良いでしょう。

すでにあなたにパートナーがいる場合「自分のしたい事をしたい」という気持ちが高まり、下半期は嵐の訪れが示唆されていますが、同じく来年4月以降には安定を迎えるでしょう。

アドバイス

2017年半ば~2020年1月まで続いた「自分をまるごと変えてしまうような変化の運」を経て、2020年1月~今まで「自分の中に新しいルールを構築する運」を経験しています。

その運が終わる2022年4月を間近に控えたこの下半期は、あなたの中の「内なる変化」が最も促進される時期。

あなたが今後学ぶべき学問や先生と出会い、努力してそのルールを身に着けていくというテーマが深まっていきます。派手な時期ではありませんが、充実した時期になるでしょう。

仕事運はまだ安定するという時期ではなく、仕事に関する新しいアイデアや可能性が次々と現れる時。

それに伴って、今現在の仕事への不満を感じたり、不足を見つけるところから、徐々に変化が現れてきそうです。

場合によっては、今年1年の間に転職を繰り返すような牡牛座ラグナさんもいるかもしれませんが、来年4月には腰を据えて取り組める仕事に巡り会えるでしょう。

あなたがステージに上がるのは来年。もうそのタイミングは間近に迫っています。

その時になるとインプットを行うことが難しくなるので、この下半期のうちに必要な知識や経験を蓄えておきましょう。

教えてYATA先生!!
2021年下半期どうなる!?

YATA先生がYouTubeで2021年下半期を星座別に直接解説!

STYLE HAUS公式YouTubeでは、2021年下半期各ラグナ星座の占い解説動画を公開中!
占い動画だけでなく、ファッションレビュー動画なども公開しているので、ぜひチェックしてみてください。

2021年下半期 YATAのラグナ占星術
ありのままを知るYATAのラグナ占星術
占い

PROFILE

占い師八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。