占い
今月の全体の流れ

2020年11月のテーマ:「転換点を迎え、次なるテーマに向き合う月」

今月は全ラグナ星座に共通して、大きく運が変わる転換点となる月。

先月末から今月1日頃までは金星と太陽のパワーが弱まっており、さらに水星と火星も逆行中という星回り。

その影響を受けて、先月から続いていた人間関係のトラブルが起こりやすい時期が今月も続くものの、短期的・個人的な問題は徐々に収まっていくでしょう。

4日には水星の逆行が終了することで、コミュニケーションやメンタルの混乱時期が終わります。安定を取り戻すのも束の間、16日から20日頃になると2020年下半期最大のターニングポイントに突入します。

今年の4月から5月頃にあった閉塞感や先が見えない感覚が復活する流れがあるので、ウイルスの再流行やそれにまつわる問題の再燃が予想されます。

この運気が上書きされるのは来年の2月から4月頃。それまでは、幸運とサポートを司る木星のパワー弱まる期間に入ります。そのため、どのラグナ星座さんも、木星が担うテーマである「法・上司・先生・子供」といった運に問題が発生しやすくなるでしょう。

とはいえ、今年上半期ほどトラブルの気配に強烈さは無く、木星がパワーダウンする期間もおよそ3ヶ月程と陰りの時期はそう長く続きません。

今月の前半は、下半期最大のターニングポイントに備えて、準備が出来る最後のタイミング。ダメージ最小限で嵐をやり過ごせるよう態勢を整えましょう

【あなたのラグナ星座をチェック】
ラグナ占星術の「ラグナ星座」は、一般的な西洋占星術と星座が異なる場合があります。初めてラグナ占星術をご覧いただく方は、下記URLからあなたのラグナ星座を調べてみてください。

https://stylehaus.jp/pages/horoscope/

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

今月やってくる運気の変化の影響を大きく受けるラグナ星座のひとつである射手座ラグナさん。特にあなたの仕事運・財運・健康運が大きく影響を受けるでしょう。

先月後半から仕事運は波乱の運気の影響を強く受け、同僚との摩擦や対立なども起こりやすい時期。さらに、今月は後半にかけて体力やモチベーションの低下が重なります。

月末頃になると、体調不良が原因で仕事を休まざるを得なくなるなど、トラブルがあるかもしれません。そして、それをきっかけに、仕事に対する取り組み方を見つめ直すことになる射手座ラグナさんもいるでしょう。

今月半ばから来年4月頃までのテーマとなるのが「自立と独立」。来年の2月頃がそのピークとなりますが、今月においてもあなたの中で重要な決断や意識の変化があるでしょう。

金運は上昇。先月にもお伝えした通り、副業のスタートやそうした勉強を始めるのに最適なタイミング。トラブルや問題をきっかけに、新しい収入源を模索することになる場合があるかもしれません。

今月以降の新たな収入を得るための取り組みは、来年にかけて実を結ぶ可能性が高いでしょう。

恋愛運は17日以降に前向きな変化あり。あなたの中で「好き」の気持ちが高まる時。特に同僚や友人の中から恋人が現れやすいでしょう。

あなた側からのアプローチが功を奏するので、積極的に働きかけましょう。今月の行動は年末から年明けにかけて実を結ぶはず。

今月の全体の流れ

今月から来年4月まで「自立・独立」がテーマとなる射手座ラグナさん。同時に金運のアップ期間でもあり、金運と関連の強い健康運の改善期間であるとも言えます。

既に今年2月以降から慢性的な体調不良、健康上の問題の現れなどを感じている射手座ラグナさんもいるかもしれません。

7月から今月までは体力・気力ともに高まる時期にだったので、健康上の問題は表面化しませんでしたが、今月からはそうした問題が現れてくる可能性があるでしょう。

そして、問題を解決することで、あなたの金運もそれに伴って上昇していきます。食生活の改善、歯や喉、膝に関する問題がある射手座ラグナさんは、この機会に解決しておきましょう。

今月末以降は、エネルギーの低下に従ってメンタルも少し不安定になりますが、今月から来年4月までは、むしろ不安や不調が運気改善のきっかけになるという逆転の運気があります。

今月以降にやってくる不安や不調は開運のサインとして受け取り、良い方向に変えていきましょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。