占い
今月の全体の流れ

2023年1月のテーマ:「自由の訪れを待つ月」

大変革の2023年、そのはじまりとなる今月。早速1月17日に今年最大の変化をもたらすイベントがやってきます。

「試練と課題」をもたらす星である土星が、「抑圧と停滞」の星座である山羊座から抜け、およそ3年続いた「不自由な時期」が終わりを迎えます。

今月半ば頃には、コロナウィルス終息に関する声明が出される可能性が高いでしょう。

同時にむこう3年に渡って続く「新しい問題・課題」の出現が示唆されています。

個人の運にもこの影響が作用しますので、今月起こる新しい出来事や状況の変化には注目しておきましょう。

今月1日から17日までは、運が切り替わる前の最後の要注意期間。これまでの3年の「停滞の運」を象徴するような状況がやってきます。

土星が移動する影響により、先月から続く寒さがさらにパワーアップ。大寒波や吹雪といった風+水のダメージが現れ、交通が麻痺しやすいでしょう。17日前後の移動にはご注意を。

蠍座に強いダメージがあり、寒さに関連する症状、低体温症や凍傷、免疫低下からの感染症などには厳重注意が必要です。

特におなかが冷えやすくなるので、腹巻やカイロなどを準備して、下腹部を守り温めるようにしましょう。

大変な時期ですが、この嵐をやりすごせば2月には非常に穏やかな季節がやってきます。そんな大きな運の変わり目となる1月を読み解いていきましょう。

【あなたのラグナ星座をチェック】
ラグナ占星術の「ラグナ星座」は、一般的な西洋占星術と星座が異なる場合があります。初めてラグナ占星術をご覧いただく方は、下記URLからあなたのラグナ星座を調べてみてください。

https://stylehaus.jp/pages/horoscope/

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

全てのラグナさんに共通して大きな課題が現れる今月、蠍座ラグナさんのテーマとなるのは「内側」に関わる問題。

そのはじまりとなる今月は、家族・住居・メンタル・組織といった、表に動きが見えにくいことに関する「内側」の問題から、今後長く取り組むテーマのきっかけが現れるかもしれません。

仕事運は今月から大きな動きあり。組織内での問題の現れが示唆されるタイミングとなります。

それは組織内のルール・コミュニケーションに関する制度の変更などがきっかけとなって始まり、最終的には会社や組織の不正に対するの集団訴訟など「内側の戦い」に繋がるようなケースもあるでしょう。

長く続いた上司との問題は解消。昨年から続く仕事上の幸運の影響はまだ継続しているので、問題をきっかけにして、ヘッドハントや独立などに気が向くこともありそうです。

金運は先月に比べれば少々控えめですが、まだ好影響のある時。

特に今月はギャンブル的な値動きが大きいお金のやり取りへの幸運が続きます。株式や暗号通貨などを通して予想外の収入がやってくるかもしれません。

恋愛運は、年明けからパートナーや気になる相手への幻想が壊されるような出来事を示す運気が継続中。

恋愛ムードが冷めやすく、気分が高まりにくい時期ではありますが、冷静に関係を見つめ直す時期としては最適です。

ここで関係が疎遠になった場合、来月半ば以降には修復されるでしょう。

今月の全体の流れ

大きな課題の現れが示されている今月ですが、蠍座ラグナさんは昨年から続く充実感のある運気が継続。

さらに2月から4月にかけてピークとなるので、今月であっても幸福感や良い気分は維持されるでしょう。

特に恋愛運においては、来月14日以降から最高の体験が得られる時期が到来。旅行の計画やレストランの予約など、特別なイベントを今月のうちに準備しておきましょう。

今月から、これまでおよそ3年間と長く続いた「忍耐の運」が解消されるので、あなたの「耐える力」は失われていきます。

人によっては、これまで耐えることができた状況に我慢ができなくなったり、精神的にダメージを受けてしまうかもしれません。

そうした場合は「もう耐えることはできない」ことを思い返し、耐えることを終わりにして、自分を楽にしてあげるように状況や環境を変えていきましょう。

LUCKY ITEM

今月のラッキーカラーは赤系。特にカーディガンやニットなど、内側に赤を身につけると元気が出てくるでしょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。