占い
今月の全体の流れ

3月のテーマ:「嵐に立ち向かう月」

今年2020年は、主に上半期に大きな変化が集中する年。中でも今月末は特に変化のピークとなり、どのラグナさんも急激な変化に向き合う事になりそうです。急激な変化は、例えるなら嵐のようなもの。

先月半ばから過去と向き合う時期である水星の逆行が続いていますが、これが終わる10日前後はまだ嵐が来る雰囲気はなく、まさに嵐の前の静けさといった時期。22日に火星が山羊座に移動すると、火星の持つ「突発的」「急激」というパワーによって、トラブルの気配が急にやってくるでしょう。木星が山羊座に入る29日前後までの1週間が、今年で一番波乱含みな時期になりそうです。29日までなんとか耐え抜けば、それ以降は木星による救いの手があり問題は徐々に改善へ。火星が山羊座を抜ける5月4日には状況は落ち着くでしょう。

期間は1週間と短いものの、人によっては周囲からの助けが入らないこの時期は少し厳しい時期と感じるかもしれません。1週間がすぎれば救いの手がやってくるので、大変な時期は長くは続かないものの、まさに台風をやり過ごすような対応が必要になるでしょう。

今月は各ラグナさんのどのような部分に嵐がやってくるのかを中心に、運を読み解いていきましょう。

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

今月は水瓶座ラグナのあなたにとって神秘の月。今月末にやってくるイベントが、あなたがおよそ2年という時間をかけて、「生まれ変わる」きっかけとなるでしょう。仕事運は先月に引き続いて良好。やりがいと情熱を感じられる仕事運が月末22日頃まで続くでしょう。

10日を過ぎ、過去を振り返る期間である水星逆行が終わると、恋愛運・対人関係も前に進む時期に突入。異性からのアプローチを受けやすい時期にあたり、飲み会などの誘いが多くありそう。金運には多少のダメージがあるものの、基本的には関係進展の時期になるでしょう。近代的で品のあるレストランなどで食事をすると良い体験ができそう。22日前後だけ予定の中断やすれ違いが発生しやすいので注意を。さらに、今月は旅行運が非常に良好。今月の旅行は異性との関係がぐっと接近するでしょう。

今月の全体の流れ

全ラグナ共通で波乱の予感がある今月ですが、水瓶座ラグナさんにとってそれは多少、不自由な体験をするという形でやってくる可能性があるでしょう。波乱がやってくる22日以降、例えば残業や持ち帰りの仕事などに拘束されて、リラックスする自分の時間を持ちにくかったり、人との待ち合わせで長時間待たされたり、理由なく夜眠れなくなったりといったことで現れるかも知れません。

今月の水瓶座ラグナさんは少しセンシティブ。今月やってくる「不自由な体験」を通して、じっくり自分の10年、20年といった長期スパンでの今後を見つめ直すような考えに向かうこともあるでしょう。その感じで今年はOK。じっくり時間をかけて考えることで、今後の自分を人生をより良い方向に進むための、クリアなインスピレーションがやってくるでしょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。