ラグナ占星術とは?

ラグナ占星術は、5000年もの長~い歴史のあるインド占星術をベースにした星占いです。ラグナ占星術の星座は、一般的な西洋占星術の星座と違う方が大半を占めます。
ラグナ占星術におけるあなたの「正しいラグナ星座」をまだ調べていない方は、まずはどのラグナ星座か調べてみましょう。

YATAのラグナ占星術 2021年下半期の運勢 いて座

下半期の全体の流れ

2021年上半期の4月を境に「新たな時代・新たな未来」へ向けて歩み始めた私達の運。2021年下半期は、基本的にその流れが止まることなく進行していく時期になります。

2021年下半期は、木星と土星が逆行するので「過去に起きた問題の再燃とその解決」がテーマとなる時期。

昨年あった混乱の影響で、解決しきれなかった課題や先延ばしにせざるを得なかった問題を、進化した現在のあなたの力でクリアにしていくことがテーマになっていくでしょう。

2021年下半期で少し運に陰りが現れる時期は9月半ば頃。この時期は、木星が逆行して水瓶座から山羊座に戻ることで、再び法と秩序を示す木星が最も弱い位置に入ってしまいます。

昨年末から今年2月頃までのような「先の見えない状況・ポジティブになりにくい状況」が再びやってくる予兆があります。過去の不正な状況の復活、法を無視する人や組織が力を得る時期となりそうです。

7月頃から、ウィルスに関する問題の再燃、台風などの災害による食料不足や金融不安などが起こりやすく、個人の運にも良くも悪くも変化が現れやすい時期に突入します。

木星と土星の逆行が終わり、木星が水瓶座に復帰し、再び世界が安定を取り戻すのが11月20日頃。

そのため、およそ3ヶ月ほどは全てのラグナ星座に共通して、不安定な時期が再びやってくると心得ておきましょう。

特に、波乱の運がピークとなる10月半ば~11月20日頃までのおよそ1か月は、台風などの災害にも注意が必要な時期となりそうです。

これ以降は木星が弱くなるタイミングが無いので、2020年4月から続いた「ネガティブな不正と向き合い解消する時」はこれが最後。

個人個人の2021年下半期のテーマは「再びやってくる過去の自分と向き合い、それをクリアすること」を中心に進行していくでしょう。

全てのラグナ星座さんに「自分の中の古いルール・古い仕組み」を更新していく必要が生じるこの時期は、古い自分のパターンや癖が作り出す悩みや困難を感じやすい時。

9月〜11月20日まで困難に向き合い、12月から問題を克服していくことで、古い自分・過去の自分から脱皮して、新しい自分を手に入れることが出来るでしょう。それ以降は、再び古い自分に戻ることはないでしょう。

年末は木星がパワーを取り戻しているので、そこまで不安定な状況はなく、基本的には一息つける穏やかな年末になりそうです。

ただ、12月5日頃から火星が蠍座に入り強い影響力を発揮するので、やや波乱の気配あり。蠍座に火星が入ると、強烈な愛着・執着、パートナーや恋人に対する深い感情や不安を強く刺激。そのため、年末の恋愛運に影響を受けるラグナ星座さんは、少し注意が必要です。

12月19日以降は金星が逆行するので、復縁や過去の恋愛の再燃が示されている時期。人によってはクリスマス直前に、元恋人やパートナーからの連絡がやってくる場合もあるでしょう。

それでは、それぞれのラグナ星座ごとに2021年下半期の運勢を見ていきましょう。

最後の試練を乗り越える時

2021年上半期4月から、射手座ラグナさんの運気&気力体力は上昇傾向。ただし、9月13日から始まる木星が逆行する期間は、2021年下半期の中で最も警戒が必要。

この期間は、射手座ラグナのあなたと密接に関わる星である木星のパワーが低下。木星が最も弱まる時期がやってくるので、昨年末~今年4月までやってきた問題が再び復活する可能性あり。

2021年下半期は、この9月~11月20日にやってくる課題に立ち向かい、完全解決することがメインテーマとなるでしょう。

この時期を終えれば、再び木星のパワーが弱まるタイミングは12年後。この下半期は、最後のチャレンジを達成するタイミングとも言えるでしょう。

6月~7月20日までは、金運・健康運に大きな動きあり。大きなトラブルや障害がお金に繋がる傾向が強く、人によっては健康上・仕事上のトラブルが、保険金などの臨時収入に繋がることもあるでしょう。

金運にはややプラスとなる傾向もありますが、ここでのダメージは9月13日以降のパワーダウンに繋がっていくので、なかなか調子が戻らないかもしれません。

木星が再びパワーを取り戻すのは11月20日。11月頃から徐々に回復の兆しが見え始め、テンション・気力体力ともに上昇し始めるでしょう。

恋愛運は11月~12月頭にかけて高まり、年末頃には安定した関係が望めそう。良好で安定した年末を迎えられるでしょう。

モチベーション高く取り組み成功を手にする時

2021年下半期9月13日~10月10日のおよそ1か月は、射手座ラグナさんの仕事運に大きな変化が示唆されています。

この時期は、あなたのアイデアやインスピレーションが冴えわたる時。それを元に、仕事の状況を改善したり、もっと良い状態にするための行動をすることになるでしょう。

多くの人の前で自分の考えや情熱を示すなど、ステージの上に立つような体験が、9月初頭にやってくる射手座ラグナさんもいるでしょう。

10月17日を過ぎると、成功と達成の運がやってきます。この時期にはライバルが失脚して繰り上げ当選的に成功を得たりと、少し予想外の展開によってあなたに成功が運ばれてくるかもしれません。

11月20日~12月8日にかけては、働くモチベーションが低下気味に。趣味などにハマりすぎて睡眠時間が削られ、仕事に気が向かない射手座ラグナさんもいそうです。スケジュール的にもキャンセルや空回りが起こりやすく、休止の時期。

12月8日を過ぎるとモチベーション・状況ともに安定するでしょう。年末の仕事運は安定し、予想外のことは少なく順調に物事を進めることが出来るでしょう。

時出会いに恵まれ安定した恋愛運が見込める時

2021年下半期は、6月から始まる木星・土星の逆行と共に、出会いの運があなたに訪れます。

この運は、土星の逆行が終わる10月10日頃まで持続するので「再会と復縁」が恋愛のテーマとなる射手座ラグナさんもいるでしょう。

この下半期は恋愛運にとってマイナスの要素は少ないので、良い展開が期待できる時期となりそうです。

6月から恋愛運が高まる時期を経て、下半期の始まりである7月の恋愛運は、やや複雑な様相を呈しています。

7月17日頃までは、突然の告白や三角関係、問題のある相手からのアプローチなどが起こりやすいでしょう。

それ以降は、上司や目上の人からのアドバイスやサポートによって問題が解決。さらにこの時期は、問題解決をサポートしてくれた人物との恋愛も示唆されています。

8月10日頃をピークとして、あなたの恋愛運は良くも悪くも、非常に動きのある時期になりそうです。

それ以降の恋愛運はおおむね安定。9月13日以降は、相手のために世話を焼いたりとパートナーにエネルギーを注ぐ流れがあるでしょう。

11月20日~12月8日頃までは、仕事が原因ですれ違いが起こりやすいのですが、大きな問題にはならないでしょう。

年末の恋愛運は安定しており、さらに恋愛ムードが盛り上がるのが29日以降。大晦日から年越しは恋人と二人で過ごすと良いでしょう。高層階にあるレストランやホテルがラッキースポットになりそうです。

アドバイス

昨年から体験されている木星のパワーが低下する時期は12年に1度。この時期は木星の状態に最も影響を受けるラグナ星座である射手座ラグナさんにとって、気力体力ともに低下しやすい試練の時期。

はじめてこの運がやってきた昨年4月頃から、主に金運・健康運において問題に悩まされている射手座ラグナさんは多いかもしれません。

問題が大きければ大きいほど、それを改善しようとする動きも大きくなり、問題を乗り越えた後の運の上昇も大きくなります。

振り返れば、土星が射手座に入っていた2017年頃から現在に至るまで、射手座ラグナさんにとっては長期に渡って負荷がかかる時期が続いています。

この数年、大変だなぁと少し疲れが溜まっているのを感じるかもしれませんが、その分来年やってくる運の上昇は大きなものになるはず。

来年あなたの運を大きく上昇させるのは住居運。不動産の購入が頭に浮かぶ方は、今年の年末から実行の計画を立てていきましょう。

実家や家族、先祖といった領域にも幸運が及ぶので、お墓の立て直しや実家のリフォームといったことがあなたに良い影響を与えてくれるでしょう。

教えてYATA先生!!
2021年下半期どうなる!?

YATA先生がYouTubeで2021年下半期を星座別に直接解説!

STYLE HAUS公式YouTubeでは、2021年下半期各ラグナ星座の占い解説動画を公開中!
占い動画だけでなく、ファッションレビュー動画なども公開しているので、ぜひチェックしてみてください。

2021年下半期 YATAのラグナ占星術
ありのままを知るYATAのラグナ占星術
占い

PROFILE

占い師八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。