今年こそギャルメイクは卒業しなくちゃ。20代後半以降の「綺麗なおねえさん」メイク教えます♡
MAKE
2019/05/17

今年こそギャルメイクは卒業しなくちゃ。20代後半以降の「綺麗なおねえさん」メイク教えます♡

出典:www.instagram.com

年齢とともにメイクにも変化をつけたい。でも普段のメイクを変えるのはなかなか難しい。そんな時に見直したい!20代後半からのギャルメイク卒業方法をご紹介していきます。

お気に入り追加

20歳からメイクを変えていない?それは”黄色信号”!

年齢とともに似合うメイクというのは変わっていきます。10代から20代前半ならば、イキイキとした明るいメイクが似合い、20代後半から30代にかけては、大人の落ち着きのあるメイクが似合ってくるでしょう。

しかし、20歳からずっとメイクを変えていないとすれば、それは少し危険かも。年齢に合わせたメイクをすることで、あなた自身の良さを引き立たせることができるのに、年齢に合ったメイクをしていなければ、メイクで自分自身の良さを潰してしまうことになるかもしれません。

20代後半からはギャルメイク卒業‥!

20代前半までは、盛り盛りのアイメイクに濃いめのチークなど、派手なメイクも素敵ですよね。しかし20代後半からは、そんなギャルメイクを卒業する時期かもしれません。20代後半からは、大人の女性としての魅力が出てくる時期なので、その時期に合わせてメイクを見直していくと良いでしょう。

では一緒に、ギャルメイク卒業方法についてみていきましょう♪

①アイメイクは濃くしすぎない

まずは、メイクの印象を決めるアイメイク。アイメイクはメイクの中でも力を入れるポイントですが、力を入れすぎて、濃くなってしまう場合も。

アイシャドウを濃いめに、アイラインもがっつりと、マスカラもボリュームが出るタイプをたっぷり。そんなメイクになっちゃっていませんか?

アイシャドウを濃いめに付けたのならば、マスカラはロングタイプで控えめに。マスカラにボリュームを持ってきたいのなら、アイシャドウはベージュ色などでナチュラルに仕上げる。

このように、アイメイク全体を濃くするのではなく、アイメイクの中でも足し引きしていくことが大切です。そうすることで、バランスの取れたアイメイクを作ることができます。

②アイラインはインラインでさりげなく

お次はアイライン。アイラインは目元を強調して、ぱっちりアイに見せてくれる、女性にとっての救世主アイテム。そんなアイラインの引き方にもポイントが。

目元を強調しようとして、ついつい濃く、太く引きがちですが、ここは敢えてさりげなく引くことが大切。まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように、インラインに引いていきましょう。そうすることで、自然と目元のぱっちり感をアップすることができます。

③マツエクをするならばポイントメイクは控えめに

まつ毛の長さやボリュームを出したい方、さらに毎朝のアイメイクが面倒くさいと感じている方の味方といえばマツエク。マツエクをするだけで、目元に華やかさが出てきますよね。

その華やかさをさらに味方に付けたいのであれば、リップやチークなどのポイントメイクは控えめにしましょう。マツエクのボリュームに合わせてポイントメイクも仕上げてしまうと、全体的に重たい印象になり、気の強そうなギャルメイクに見えてしまうことも。

リップカラーをベージュピンク系やコーラルピンク系にしたり、チークを肌馴染みの良いカラーにすることで、バランスの取れたメイクに仕上がります。

④ベースメイクは薄塗り+コンシーラーが基本

お次はベースメイク。メイクの美しさを決める上で、欠かせないのがお肌の美しさ。いかにお肌のトラブルをカバーして、つるんっとしたお肌に見せられるかが重要になっていきます。

しかし、ファンデーションの厚塗りは禁物。塗れば塗るほど、老け見えの原因に。そんな老け見えを防ぐためにも、ファンデーションは薄くぬりましょう。そして、気になる部分だけコンシーラーで隠していきます。コンシーラーでポイント、ポイントをカバーしていくことで、素肌感は残しつつ、お肌のアラはきちんとカバーすることができます。

⑤チークは斜め上に向かって

お肌に血色感を与えてくれるチーク。チークも入れ方次第で、雰囲気がガラッと変わっていきます。頬の中心に丸く入れれば、可愛らしい印象に。しかし、大人の女性に近づきたいのであれば、チークの入れ方も見直す必要があります。

凛とした大人の雰囲気を醸し出したいのであれば、チークは斜め上に向かって入れましょう。頬骨に沿って斜め上に向かって入れていくことで、輪郭が強調され、シュッと引き締まりのある顔立ちに見せてくれます。

⑥チークとリップのカラーバランス

メイクの最後の仕上がりを決めるチークとリップ。これらのカラーバランスもとても重要。赤リップにチークも赤を合わせてしまうと、派手なメイクになってしまいますよね。

赤リップを使ったら、チークは肌馴染みの良いコーラル系またはベージュ系をチョイスしましょう。ヌーディーカラーのリップには、チークもヌーディーなベージュ系を。

このように、チークとリップのカラーバランスまで考えた上で、メイクをしていくことで、まとまりのある、大人の女性らしいメイクを作ることができるのです。

明日から始める大人メイク♡

いかがでしたか?今回は、大人の魅力を引き立たせるようなメイク方法をご紹介していきました。明日から、あなも大人メイクをして、周りの人をあっ!と驚かせてみてはいかがですか?♪

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

かわいあやこ

EDITOR / かわいあやこ

美容ライターとして活動中。
オーストラリア留学後、化粧品会社で美容部員を経験。
海外在住経験と化粧品会社でのお仕事を生かし、【海外のトレンド美容情報】や【コスメ・メイク情報】をお届けします♪
Instagram >> @_ayakokawai_

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧