お気に入りの服に《ふわっと香りづけ》♡クローゼット収納時に使えるフレグランスアイテム
2019/10/06
1868 VIEWS

お気に入りの服に《ふわっと香りづけ》♡クローゼット収納時に使えるフレグランスアイテム

Photo by:www.instagram.com

衣類の香りづけといえば、柔軟剤や香水などいろいろありますが、どれも強く感じてしまう…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、衣類にほんのり香りづけられるおすすめのアイテムをご紹介。職場などでもさらっと香らせられるアイテムで印象アップを目指してみませんか♪

ふんわり香りをまとえる女性になりたい!

職場やちょっとしたお出かけの際、お気に入りの香りをふわっと自然に香らせてみたいですよね。でも、ジメジメする季節や雨の日など、柔軟剤や香水じゃちょっときついかな?と感じることもしばしば。あまり香りが強くしつこいと、人が密集する場所やオフィスなどでは敬遠されることもあります。


ここからは、衣類にナチュラルに香り付けするためのコツやおすすめのアイテムをご紹介します♪

お洋服の香りづけをする前にやっておきたいこと

衣類の香りづけは、単にお洋服に香りをつけるだけで完了するものではありません。まずは、衣類に香りづけする前にしておきたいことを見ていきましょう。

洗濯槽のお掃除

人によっては毎日使うであろう洗濯機。
一見きれいに見える洗濯機も、実は目に見えないカビや汚れが溜まっていることもあるんです。定期的(理想は週一回)に洗濯槽掃除をしておき、洗濯したのに嫌なにおいがする…という事態を防いでおきましょう。

「柔軟剤」は正しく使う

毎日何気なく使っている柔軟剤にも、実は正しい使い方があります。


・洗濯量は8割まで
・柔軟剤パッケージに表示されている規定量を守る
・脱水は短めに


この使い方を守っておけば、汚れをすっきり落としつつもほんのり香らせることができますよ。

Talk women01

柔軟剤はつい多めに入れてしまいそうですが、多めに入れると服につく柔軟剤の膜が厚くなりがちに。皮膜が厚くなると汚れが落ちにくくなってしまいます。

Talk women03

より香らせたい場合は、屋外で干すよりも室内干ししたほうが香らせやすくなりますよ。

洗濯物はすぐ干す&乾いたらすぐに取り込んで仕舞う!

洗濯が完了したら素早く干し、乾いたらそのタイミングですぐに取り込みましょう。洗濯完了後に洗濯槽内などに放置していると、雑菌が繁殖して嫌なにおいを発生させることも。せっかく洗濯槽を掃除したり、柔軟剤に気をつけて洗濯しても、雑菌が発生すると全て台無しになってしまいます。

香りだちほんのり。おすすめ香りづけアイテム

Talk women01

洗濯や洗濯機など、香りづけ前に気をつけておきたいポイントの次に、収納時に使っておきたいおすすめ香りづけアイテムを見ていきましょう♪

サシェ

サシェとは、フランス語で「匂い袋」のこと。
オーガンジーなどの素材でできた袋にポプリが入ったものや紙袋に入ったもの、ワックスでできたシートタイプのものなど、形状はさまざまです。紐がついたものや穴が開いているものなら、クローゼットのポールやハンガーからぶら下げて香らせることもできますね。

Talk women01

吊り下げるだけでなく、服と服の間に置いておくのもおすすめです♪

ファブリックミスト

スプレータイプになった衣類用フレグランス。
シュッとひと吹きすることで、手軽に洋服に香りづけすることができます。アイテムによっては、嫌なにおいをカットしてくれるものや、抗菌作用があるものもありますよ。ミニスプレーボトルに入れて携帯するのも良いですね。

フレグランスカード

フレグランスカードは、香りが染み込んだカードをさします。紙でできたカードが主流で、お好きな場所にお好きな時に忍ばせることができる便利なアイテム。かさばらないので、衣類の近くに吊り下げたり、衣類どうしの間に忍ばせるだけでなく、バッグやポーチ、お財布の中に入れて香りを楽しむこともできますよ♪

こちらのように、ムエットにお好きな香水などを吹き付けて使うことも可能です♪

Talk women01

スケッチブックなどの画用紙をお好きなサイズにカットして、お好みの香りのスプレーや香水をプシュッと吹き付ければ、オリジナルフレグランスカードのできあがり!

Talk women03

アロマオイルを染み込ませる場合は、衣類に油染みができないようご注意。衣類のポケットに入れるなど、直接フレグランスカードを衣類にくっつけるよりは、穴を開けてリボンでクローゼットやハンガーに吊り下げておくのがおすすめです。

ポプリ

ポプリは、ドライフラワーやハーブ、精油などを混ぜ合わせてボウルなどに入れたナチュラルな芳香剤。クローゼットなどに置いておけば、自然の香りが楽しめます。

オーガンジーや麻などの通気性の良い素材でできたサシェバッグがあれば、お好みの量を詰めてサシェ作りをするのも可能に。クローゼットやチェストに入れておくのも素敵ですね。

Talk women01

パチュリやラベンダー、サンダルウッドなどのアロマは、防虫効果も期待できる香りです。ドライフラワーや精油を使って、香りを楽しみながら大切な衣類を守ってみませんか?

石鹸

石鹸の清楚で清潔感のある香りは、どの世代にも人気の高い香りですよね。お好みの香りの石鹸があれば、ぜひクローゼットやチェストに入れてみてください。ほんのりと湯上りの石鹸の香りがお洋服から漂ってくるはずです♪

Talk women01

バランスよく香らせるなら、石鹸をお好きな形にカットし、引き出し内部の四隅に置いておくとgood!

Talk women03

筆者は、思っていたよりも香りが強すぎた石鹸や使えなくなったバスソルトを引き出しの中に入れています。お肌に合わなかった石鹸を香りづけアイテムとして活用するのも良いですね。

自然な香りを身につけて「印象美人」に

香水などに頼らず、ほんのりと衣類に香りづけする方法をご紹介してきました。人間の記憶に一番残りやすいのは顔や声ではなく、実は「香り」といわれています。香水などの強めの香りも良いですが、ふんわりと良い香りが漂ってくると「この人、とても心地よい香りをさせているな」と、色々な人の記憶により残りやすくなるかもしれませんね♪


これからの季節、印象を香りから変えてみたい方は、あえて香水ではなく衣類の香りづけからはじめてみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)