占い
今月の全体の流れ

2020年11月のテーマ:「転換点を迎え、次なるテーマに向き合う月」

今月は全ラグナ星座に共通して、大きく運が変わる転換点となる月。

先月末から今月1日頃までは金星と太陽のパワーが弱まっており、さらに水星と火星も逆行中という星回り。

その影響を受けて、先月から続いていた人間関係のトラブルが起こりやすい時期が今月も続くものの、短期的・個人的な問題は徐々に収まっていくでしょう。

4日には水星の逆行が終了することで、コミュニケーションやメンタルの混乱時期が終わります。安定を取り戻すのも束の間、16日から20日頃になると2020年下半期最大のターニングポイントに突入します。

今年の4月から5月頃にあった閉塞感や先が見えない感覚が復活する流れがあるので、ウイルスの再流行やそれにまつわる問題の再燃が予想されます。

この運気が上書きされるのは来年の2月から4月頃。それまでは、幸運とサポートを司る木星のパワー弱まる期間に入ります。そのため、どのラグナ星座さんも、木星が担うテーマである「法・上司・先生・子供」といった運に問題が発生しやすくなるでしょう。

とはいえ、今年上半期ほどトラブルの気配に強烈さは無く、木星がパワーダウンする期間もおよそ3ヶ月程と陰りの時期はそう長く続きません。

今月の前半は、下半期最大のターニングポイントに備えて、準備が出来る最後のタイミング。ダメージ最小限で嵐をやり過ごせるよう態勢を整えましょう

【あなたのラグナ星座をチェック】
ラグナ占星術の「ラグナ星座」は、一般的な西洋占星術と星座が異なる場合があります。初めてラグナ占星術をご覧いただく方は、下記URLからあなたのラグナ星座を調べてみてください。

https://stylehaus.jp/pages/horoscope/

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

先月あなたの対人関係に波乱を巻き起こした水星の逆行は4日に終了するものの、依然として問題が残る今月初め。

先月に引き続き、今月も魚座ラグナさんにとって「恋愛と人間関係」が中心のテーマになりそうです。もし今あなたの前に三角関係や悩みを伴う人間関係があるならば、来月10日頃までそれと向き合う必要があるでしょう。

今月20日にかけてやってくる大きな運の転換は、あなたの交友関係に大きく影響。急に人恋しくなったり、人の集まる場所に参加する機会が増えたりすることで、交友関係が広がる運に今月から突入します。

友人などを通じてイベントに参加したり、旅行などの移動も増えるでしょう。ただ、体力は少し低下ぎみなので、体調を崩しやすくなるかもしれません。また、交友関係が活発になるのに比例して交際費も増えるので、金運もやや低下するでしょう。

仕事運にも変化あり。これまで強く安定していた組織運&仕事運が揺らぎ、やや不安定に。職場に関する問題が起きたり、コロナ問題に関連した社内制度の変化改定などがあるかもしれません。

資格取得の必要などが出てくることもあり、しばらく仕事で体力を奪われやすいので、セルフケアを心掛けましょう。

今月の全体の流れ

今月は魚座ラグナさんにの元には、吉凶ともにやってくる運気あり。

あなたの支配星である木星のパワーが最も弱まるので、主体的でなくなったり、体力や気力が低下して、メンタルも不安定になりやすい時期。

その反面、成功やキャリアアップに結びつく展開も同時にやってくる運気。友人や同僚との交流が活発になる運気もあるので、公私ともに忙しくなるでしょう。

来年4月頃までは、責任感や義務感から疲れが溜まりやすい時期が続きそうです。この時期は、主に仕事に関するチャレンジの成功をあなたに約束してくれますが、心身共に非常に負荷がかかりやすい時期となるでしょう。

また、人からの期待に応えたいと思ってしまうのが魚座ラグナさん。あまりにも頑張りすぎて自分を壊してしまう前に、仕事とプライベートの線引きをしっかりして、十分な休暇を取るように心掛けましょう。

自分でコントロールするのが難しい場合は、信頼できる友人に判断を委ね、ブレーキになってもらうのが良いでしょう。

LUCKY ITEM

花が今月のあなたのラッキーシンボル。花柄や花のモチーフのアクセサリーなどを身につけると良いでしょう。心が和んだり癒やされるなと思うものを選びましょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。