占い
今月の全体の流れ

2020年12月のテーマ:「姿勢を整え、一年を見送る月」

今年も最後の月になりました。大きく運命が変化する11月を経て、今月の運気は少し落ち着きを見せています。

ただ、木星のパワーが弱まる時期=ポジティブさが弱まる時期が続いているので、今年の年末は若干テンションが上がりにくいかもしれません。基本的には静かに過ごすことを心がけると良いでしょう。

特に、木星の影響をダイレクトに受ける射手座さんと魚座ラグナさんは、体力低下や体調不良に注意しましょう。

12月といえばクリスマスですが、今月は半ばから恋愛を司る金星が蠍座に入り、ディープで豊かな恋愛運を演出してくれそうです。

ただ同時に、23日深夜から24日にかけて、戦いと改革の星である火星が牡羊座に移動し、強いパワーを発揮するので、恋愛運を始めとした運気が大きく動くのは23日から年明けにかけて。

ちょうどクリスマスにかかるので、今年のクリスマスも大きく恋愛運が変化するタイミングになりそうです。

火星は、良くも悪くも「スピード感と決断力」を与える惑星なので、上手く味方につけられればあなたの恋愛運を一気に前に進めることが出来るでしょう。

クリスマス前後は、頭痛や頭の怪我、交通事故の経験、火傷や火事など火に関するトラブルの経験がある方は注意が必要。心当たりがあるなら、来年2月頃までは特にお酒と運転を控えるようにすると良いでしょう。

大晦日31日には冥王星が再び山羊座に移動するので、「根本的な変化」を司る冥王星が動く影響から、新年には世界的に大きな動きがありそう。

そして、その影響があなたの仕事や金運など、個人の運にも波及していくでしょう。それでは、各ラグナ星座さんの12月の変化を読み解いていきましょう。

【あなたのラグナ星座をチェック】
ラグナ占星術の「ラグナ星座」は、一般的な西洋占星術と星座が異なる場合があります。初めてラグナ占星術をご覧いただく方は、下記URLからあなたのラグナ星座を調べてみてください。

https://stylehaus.jp/pages/horoscope/

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

2020年最後となる12月。今月は蟹座ラグナさんにとって、気になる相手との良い関係や良い恋愛運がやってくる気配に満ちています。

11月にかけて出会いがあったり、パートナーと次のステップに進む決断をした蟹座ラグナさんにとって、非常に思い出に残る年末になりそうです。

理想的な恋愛運は13日前後からスタート。幸運ながらもクールな雰囲気が強かった先月と比べ、熱愛ムードが高まる年末になりそうです。

また社交性が高まるので、パーティや飲み会などを楽しめる時期でもあります。今年は友人同士や趣味の集まりなどの中から、恋人が現れることもあるでしょう。

この運気は、クリスマスを含んで年明けまで持続。プライベートな落ち着ける場所で恋愛運が高まるので、アクティブに動くよりもリラックスしたデートを心がけると良いでしょう。

水辺や海に面したホテルなどでゆっくり過ごすしたり、家でのまったりデートも◎。荘厳でシックなイメージのある場所や、神社仏閣などもラッキースポットになりそうです。

仕事運には長くストップがかかっていましたが、クリスマスを過ぎたあたりから急にアクティブな運が到来。年明けから忙しさと共に、あなたがリーダーシップを発揮する時期がやってくるでしょう。

金運は16日前後に出費の気配あり。税金や保険金の支払いが予想外にやってくるほか、違反による出費のサインあり。車の運転などで罰金を取られる場合があるので、年末の運転には注意を。

今月の全体の流れ

この年末には比較的、穏やかな運気がやってくる蟹座ラグナさん。13日以降はとにかく「楽しい」と感じる体験に恵まれる時期なので、良い思い出を作ることを意識しましょう。

7月頃から少し軋轢や不満を感じやすかった上司・先生との関係が改善され、仕事運が高まるのも今月のポイント。

年明けから蟹座ラグナさんの仕事運には強い改革の運がやってくるので、あなたの仕事環境に大きな変化やビッグニュースが現れる可能性大。この年末には十分身体を休め、英気を養っておきましょう。

LUCKY ITEM

深いブルーやネイビーなど、静けさを感じさせるカラーが幸運の鍵。ゆったりとしたドレープのあるワンピースやドレスなどがあなたの恋愛運を後押ししてくれるでしょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。