占い
今月の全体の流れ

2月のテーマ:「立ち止まり、自分を確認する月」

1月24日に起こった土星の星座移動を終えて、ようやく2020年が本格的に始まったような雰囲気の変化が感じられたかもしれません。

今月はそうした前に進む出来事と同時に、17日から来月半ばまで「過去と向き合う時期」である水星の逆行がやってきます。前に進むために一度、過去に向き合うような出来事がやってくるのがこの時期の特徴。4ヶ月に1度やってくるこの水星逆行、今回はそこまで大きなの波乱の予感はありません。

ただし、3月末に今年1番ともいえる大きな嵐の予感があるので、落ち着いている今月のうちに少しでも体勢を整え、解決できる問題は解決し、足場を固めておきましょう。

今回の水星逆行は、特に若い男性や公的な組織との関わりを通して起こる事があるので、過去にそうした人間関係や関わりでトラブルが起きたことがある方はその問題が再燃する可能性あり。特に交通違反や、税務関係などにはよく注意しましょう。

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

先月末の土星の移動をもって2年半続いた「戦いと努力」の時期が終わり、ようやく蟹座ラグナさんはほっとした感覚を持っているかもしれません。

「次から次へと問題が発生し、それに立ち向かう」といった流れから、「努力する必要のない、スムーズな流れ」へと今年は変化していきますが、そんな開運の流れの中にいる蟹座ラグナさんにとって今回の水星逆行は少し悩ましい時期になるかもしれません。主に対人関係に作用するため、過去の悩ましい人間関係が再びやってくる可能性あり。

仕事運は良好。今月は自分からアクションを起こして問題を解決する時期にあたります。もし、これまで長くあなたを悩ませてきた問題があるなら、8日に解決のための決定的な行動を起こせるでしょう。今月の8日にはターニングポイントとなる出来事が起こりやすいので、意識しておきましょう。

金運は長期的には良好ですが、今月は少し節約したりとストイックな気分が高まる時期。浪費などの心配はなさそうです。

今月の全体の流れ

4ヶ月に1度やってくる水星の逆行は、タイムマシンのようにあなたの意識を半年ほど前の状態に戻す、という効果をもっています。今現在、運の上昇を迎えている蟹座ラグナさんにとって、意識が過去に戻るという体験は少し悩ましいもの。2019年に感じていた「行き詰まり感」が戻ってくる可能性があるでしょう。少し鬱っぽくなりやすい時期ですが、来月10日以降には嘘のように気分が晴れますので、そのような時期と割り切って過ごしましょう。

今月17日以降は、過去の人間関係に注意を。この時期にやってくる相手は、関係を切ったり、清算したりする必要のある相手である可能性が高いでしょう。冷静に関係を見つめて、それがあなたにとって重荷になるようなら手放してしまいましょう。

LUCKY ITEM

今月のラッキーカラーは赤。特に顔周りにアクセサリーなどで赤を配置しましょう。問題解決力を高め、やる気をサポートしてくれるでしょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。