占い
今月の全体の流れ

2月のテーマ:「立ち止まり、自分を確認する月」

1月24日に起こった土星の星座移動を終えて、ようやく2020年が本格的に始まったような雰囲気の変化が感じられたかもしれません。

今月はそうした前に進む出来事と同時に、17日から来月半ばまで「過去と向き合う時期」である水星の逆行がやってきます。前に進むために一度、過去に向き合うような出来事がやってくるのがこの時期の特徴。4ヶ月に1度やってくるこの水星逆行、今回はそこまで大きなの波乱の予感はありません。

ただし、3月末に今年1番ともいえる大きな嵐の予感があるので、落ち着いている今月のうちに少しでも体勢を整え、解決できる問題は解決し、足場を固めておきましょう。

今回の水星逆行は、特に若い男性や公的な組織との関わりを通して起こる事があるので、過去にそうした人間関係や関わりでトラブルが起きたことがある方はその問題が再燃する可能性あり。特に交通違反や、税務関係などにはよく注意しましょう。

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

金運の大きな上昇期間の真っ只中にいる蠍座ラグナさんですが、今月は少し波乱の予兆あり。特に17日から始まる水星逆行の影響が大きく、それは「仕事上の悩みの再燃」を強く示しているので、過去に解決した仕事上の問題が再びやってきたりと、仕事運は少し悩ましい時期になりそう。

22日が問題のピークとなり、来月10日には解決に向かうものの、4月頃までその余波が続くかもしれません。少し大変な時期かもしれませんが、問題をクリアすることで、長期的にはあなたの運気がより上昇するでしょう。

金運にも8日から出費のサインあり。特にこの時期はお酒を通してのトラブルが暗示されており、失言や悪酔いをしやすい時期。特に18日前後のお酒はなるべく控えて、自分の時間を過ごすようにしましょう。

対照的に、非常に良いのが恋愛運・異性運。絶好と言っても良い程の恋愛のタイミングがやってきているので、25日をピークとして異性・パートナーと良い体験を共有できそうです。

今月の全体の流れ

蠍座ラグナさんは長期的な金運の上昇期間にいるので、例え出費やトラブルがあったとしても、それを反省材料とすることで金運のアップに繋げることが出来る時期。ただ予想外の出費を避けたい人は、今月は注意を払っておくと良いでしょう。

今月特に気をつけるべきなのは「言葉」のコントロール。いわゆる失言をしてしまいやすく、それが問題の火種になってしまうかもしれません。今月はいつも以上に言葉遣いを意識し、飲み会への参加極力控えましょう。もし、トラブルが起こってしまった場合は同僚や部下など、親しい関係の相手にカバーしてもらうと大きな問題になりにくいでしょう。

LUCKY ITEM

太陽のモチーフ、オレンジや明るいレッドといった陽の気を感じさせるカラーのアイテムが幸運を運んでくれそう。あなたの自信を強め、失言を防いでくれるでしょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。