占い
今月の全体の流れ

3月のテーマ:「嵐に立ち向かう月」

今年2020年は、主に上半期に大きな変化が集中する年。中でも今月末は特に変化のピークとなり、どのラグナさんも急激な変化に向き合う事になりそうです。急激な変化は、例えるなら嵐のようなもの。

先月半ばから過去と向き合う時期である水星の逆行が続いていますが、これが終わる10日前後はまだ嵐が来る雰囲気はなく、まさに嵐の前の静けさといった時期。22日に火星が山羊座に移動すると、火星の持つ「突発的」「急激」というパワーによって、トラブルの気配が急にやってくるでしょう。木星が山羊座に入る29日前後までの1週間が、今年で一番波乱含みな時期になりそうです。29日までなんとか耐え抜けば、それ以降は木星による救いの手があり問題は徐々に改善へ。火星が山羊座を抜ける5月4日には状況は落ち着くでしょう。

期間は1週間と短いものの、人によっては周囲からの助けが入らないこの時期は少し厳しい時期と感じるかもしれません。1週間がすぎれば救いの手がやってくるので、大変な時期は長くは続かないものの、まさに台風をやり過ごすような対応が必要になるでしょう。

今月は各ラグナさんのどのような部分に嵐がやってくるのかを中心に、運を読み解いていきましょう。

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

好調期にあった先月と対照的に、今月はデトックスの月に突入。3月頭からは、身体が休もうとするので疲れを感じやすく、風邪なども引きやすい状態に。また、眠気が湧き集中力も落ちるので、セルフコントロールが難しい月になりそうです。

仕事運は先月に引き続き良好ながら、今月末から5月にかけてやってくる嵐はあなたの上司運・先生運に波乱を巻き起こすので、「目上の人」との関わりに問題が発生する可能性あり。4月に入れば助けが入りますが、それまでのおよそ1週間は少々忍耐力を求められるタイミングになるでしょう。

対人運・恋愛運も5月までは荒れ模様。というよりも、トラブルで「それどころではない」という気分になり、あまり積極的に人と関わりたい気分にはならないはず。こちらも4月に入ると徐々に助けが得られるようになり、前向きになってくるでしょう。

金運は好調な仕事運と結びついて今月も安定。特に来月にかけては伸びていくでしょう。

今月の全体の流れ

今月は牡牛座ラグナさんにとって、攻めの月ではなく守りの月。積極的に動かず、自分の体調をしっかりとチェックし、不調を感じたら休むことを重視しましょう。恋愛運・対人関係は来月から好調期に突入するので、今月は焦らなくて大丈夫。岩盤浴やよもぎ蒸しなど熱を使ったセラピーが癒やし効果大。

22日を過ぎると地道な作業を求められたり、忍耐を必要とするシチュエーションになっていきますが、そこまでいけば体力は徐々に復活し、嵐を乗り切る気力が湧いてくるでしょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。