アラサー以上世代が「リアルにお手本にできる」!海外セレブ・タイプ別4人
2020/03/03
2736 VIEWS

アラサー以上世代が「リアルにお手本にできる」!海外セレブ・タイプ別4人

Photo by:www.instagram.com

一昔前のセレブブームが過ぎ去った今、憧れと同時に「リアルに真似できるか」という視点でセレブを参考にするおしゃれさんが多いみたい。身近なファッションに落とし込めるファッショニスタ4人をタイプ別にご紹介します。

Olivia Palermo(オリヴィア・パレルモ)

おしゃれセレブとして世界中からラブコールの絶えないオリヴィア。アメリカの名家出身の彼女は、ソーシャライツ(社交界で活躍する人々のこと)として活躍しています。

社交界デビュー後、その美貌とファッションセンスで一気にメディアの注目の的となります。ショーのフロントロウで彼女がどんな服装をしていたか?というのは、世界中のメディアが競い合ってリサーチするほど。

High&Lowのバランス感覚

リラクシーな休日スタイルを上品に着こなすオリヴィア。正真正銘のお嬢様といえる彼女ですが、等身大のファッションを自由に楽しんでいるんです。

白いスウェットとスニーカーに、フラワーのバスケットバッグで「華」を添える。カジュアルコーデでもリッチな気品を出し惜しまない。このHigh and Low を意識するテクニック、さっそく真似できそうですよね。

堅苦しいのはお断り!

セレブリティらしいエレガントなスーツやドレスを愛するオリヴィアですが、「きれいめ」だけで終わらせないのが彼女流。

こちらのスナップでも、チャーミングなブルーのストールとパープルのサンダルで親しみやすいオーラを纏っています。どこかに可愛らしさをプラスして堅苦しさを払拭することで、フレッシュなスタイリングが可能になります。

Pernille Teisbaekペニーレ・タイスベック

コペンハーゲンを中心に、モデル・スタイリスト・ブロガーとしてマルチに活躍しているペニーレ。人気ブログ「Look de Pernille」を2012年にスタートしたことで人気に火がつき、ストリートスナップで見ない日は無いほど注目を浴びている、今いちばんHOTなファッショニスタです。

彼女のファッションテイストは、セリーヌやアクネなどミニマルで上質なアイテムを中心としたほんのりモードな大人カジュアル。日本人のデイリーコーデにも落とし込めるファッション術が満載です♡

エフォートレスが合言葉

シックでベーシックなアイテムをさらりと着こなしてみせるのがペニーレの得意技。上質なニット、メンズライクなジャケット、仕立ての良いスラックスなど、目を引く華やかさよりも「自分が着ていて心地良い」を徹底するのが彼女の哲学。

Talk women01

スタイルを構成するのは、ベージュ・ブラウン・ホワイト・ブラックの4色。

辛口な味付けを忘れず

普遍的なアイテムを愛する彼女ですが、都会的で今っぽく見えるのは、さりげなく個性的なエッセンスを加えているから。ゴールドのチェーンネックレスや、スクエアトゥのパンプス、オールレザーのパンツなど、ぴりっと辛口のアイテムをどこかに忍ばせるのがコツみたい。

Alexa Chung(アレクサ・チャン)

ギリス・ハンプシャー州生まれのモデル兼タレント、アレクサ・チャン。英国人の母と中国系の父のもとに生まれたアレクサは、エキゾチックなルックスと長身を武器に、10代からモデルのキャリアをスタート。

女性なら誰もが憧れる細くて長い手足、力強い瞳、そして何よりも抜群のセンスが光る大胆なファッションセンスで、次世代のトレンドを作り続けているのです。

ヴィンテージを今っぽく昇華する

彼女のスタイリングの最大の魅力は、意外性のあるアイテムをさらっと着こなしていること。
古着屋さんで発掘したようなフリンジのジャケットや、ボーイズライクなオーバーオールを着こなす姿も度々スナップされています。

新作アイテムを追い求めるだけでなく、あなたのクローゼットに眠っているアイテムやヴィンテージショップのアイテムを活用し、ぐっと差がつくコーディネイトを。

テイストミックスを恐れない!

テイストミックスに定評のあるアレクサは、ファッションルールに縛られないマイスタイルを貫いています。例えばこのスナップ、ロックなレザージャケットとロゴTですが、意外にも足元はガーリーなプラットフォームで、アクセサリーはちょっぴりおもちゃのようなピアスなんです。

これにはこれを合わせて…と無意識に制限をかけている私たちですが、アレクサの自由な着こなしをまねすることで、毎日のコーデの幅がぐっと広がるはず。

Jeanne Damas(ジャンヌ・ダマス)

今どきパリジェンヌの代表として注目されているジャンヌ。クラシカルでフェミニン、かつリラクシーなスタイリングで、あのジェーン・バーキンの再来とも噂されています。

自身のスタイルを反映したブランドrouje(ルージュ)のプロデューサーとしても活躍し、パリのミューズとして今いちばん注目を集めているIt girlです。

パリジェンヌの必需品はやっぱりデニム

パリジェンヌの代名詞的アイテム、ハイウエストデニム。ジャンヌももちろんデニムラバーを公言していて、何種類ものデニムを所持しているみたい。

彼女のデニムスタイルは、ロマンティックな白ブラウスやセンシュアルなビスチェといった「女」を薫らせるアイテムを組み合わせるのがお約束!

フェミニンなワンピをリラクシーに着る

大人が着るとやりすぎな印象になりがちなフェミニンワンピも、ジャンヌ流に着こなせば大人顔に。レトロな花柄も、深めのVネックやIラインのシルエットだからチープに見えません。

特に頻出なのがカシュクールのワンピースで、かごバッグやミュールと合わせてリラクシー感たっぷりに着こなすのがこなれ見えのヒミツ。

いかがでしたか?

今をときめくファッショニスタ達のスタイルをご紹介しましたテイストは違えど、彼女たちに共通しているのは自分らしいファッションを思い切り楽しんでいること!お洒落さんのテクニックを参考にしつつ、あなたらしいスタイルを探してみてくださいね。

あなたにオススメの記事はこちら!

コーディネート記事をもっと見る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧