美人はみんな食べている?!「デーツ」の魅力&美味しい食べ方
2020/03/10
2383 VIEWS

美人はみんな食べている?!「デーツ」の魅力&美味しい食べ方

Photo by:www.instagram.com

スーパーフードブームが到来してしばらくたちますが、なんだかどれもそんなに美味しくなくて続かなかった…という方は多いのでは?そんな方に今回おすすめしたいのが「デーツ」!甘くて美味しいデーツは、色々な楽しみ方ができる滋味深い食品です。どんな魅力があるのか、みていきましょう♪

デーツってどんな食品?

デーツとは、ナツメヤシの果実部分をさします。
ナツメヤシの主な産地である中東地域やアフリカ地域の砂漠地帯で特に食されており、主にドライフルーツとして親しまれています。

こちらがドライフルーツになる前のナツメヤシ。

ナツメヤシの実を乾燥させたものがこちら。
大きなレーズンのような見た目で、干し柿のような食感に黒糖のような味わいが楽しめます♪

Talk women01

品種によって味わいや食感は異なるものの、ほっぺたが落ちるほどの強い甘みが特徴。筆者もついつい色々なところで買ってしまいます。

女性に嬉しいことばかり♪デーツの魅力

デーツは「聖書に書かれた生命の木はナツメヤシの樹」とも言われているほど栄養価が高く、アラブ諸国では「妊娠中にデーツを食べると元気な子を産むことができる」と言い伝えられているほど女性の健康にも役立つスーパーフード。どんな栄養があるのかみていきましょう。

食物繊維豊富!腸内環境が整い美肌も手に入るかも

甘さばかりフォーカスされがちなデーツですが、実は食物繊維がとっても豊富な食品。量にしてごぼうに含まれる量の1.4倍も含まれています。食物繊維が豊富な食品を食べることで、腸内環境が徐々にクリーンに。便秘が解消されやすくなり、お肌のコンディションも改善されるようになります♪

ビタミンとカリウムの力で痩せやすい体に

デーツに含まれるビタミンとカリウムも見逃せない要素。
デーツには、ビタミンB1とB2が含まれているのですが、このビタミンB1は糖質をエネルギーに、ビタミンB2は糖質だけでなく脂質をエネルギーに変えてくれるはたらきをもつ栄養素。ダイエットを考えている方にはぴったりですね♪

さらに、カリウムは体内の余分な水分・塩分を体外に排出するはたらきを持っています。体内の余分な水分や塩分が原因で起こりやすいむくみの解消に役立ちますよ。

貧血解消に摂取したい鉄分も豊富

月経中や妊娠中だけでなく、度々貧血になりがちな方にもおすすめなデーツ。
デーツにはほうれん草よりも多く鉄分が含まれていることで知られています。食べ過ぎはよくありませんが、貧血予防に少しずつデーツを食べてみるのも良さそうですね♪

アンチエイジングに◎ビタミンEポリフェノール&βカロテン

さらに、デーツにはアンチエイジングにも欠かせない栄養素・ビタミンEとポリフェノールも含まれています。どちらも体やお肌のサビつきの原因となる活性酸素のはたらきを阻止する役割を持っています。抗酸化力も強く、エイジングケアの大きな味方に。

また、ビタミンEは毛細血管の流れを促進するはたらきにも優れているため、血行不良によるお肌のトラブルをはじめ、冷え性や肩こりの解消も期待されています♪

βカロテンは体内でビタミンAに変化する物質で、お肌の新陳代謝をアップさせるはたらきをもつ栄養素。βカロテンにも、活性酸素による体とお肌へのダメージを予防する効果が期待されています。

Talk women01

これらの栄養素のほか、デーツには葉酸やマグネシウム、ルチン、アントシアニン、カルシウムなどさまざまな栄養素が詰まっています。

Talk women03

栄養素を豊富に含むだけあり、中東では、ラマダン(断食)明けにデーツをジュースにして飲む習慣があるそう。栄養補給やエネルギーの補給にも欠かせない食物なのです。

デーツの美味しいいただき方

Talk women01

次に、デーツの美味しいいただき方をみていきましょう♪

そのままかじる

おやつとしてそのままいただくだけでもとても甘くて美味しいデーツ。とっても甘みが強いので、朝の眠気覚ましとしていただくのもおすすめです♪

Talk women01

種付きのものもあるので、かじるときは種にご注意!

朝食としていただくのも良いですね。
他の栄養素豊富な野菜やタンパク質といただけば、朝からの栄養補給もばっちりです。

ナッツと一緒にいただく

強すぎる甘みが苦手な方や気分ではない…という方には、ナッツと一緒にいただくのをおすすめします。ナッツと一緒にいただくと、甘みが和らぎ、ねっとりした食感にクリスピーさがプラスされます。中東では、すでにナッツが挟んであるデーツもお土産として多く販売されているほど。

こちらは、デーツにピーナッツバター、くるみを挟み、ココナッツファイバーを振りかけたアレンジ。これだけでビタミンEがかなり摂取できそうです。

Talk women01

クリームチーズとナッツと一緒にいただくのもたまらなく美味しそう!

グラノーラやオートミール、フルーツボウルなどに混ぜて

甘みたっぷりのデーツは、フルーツボウルやシリアルなどの朝食に加えるのにもぴったり。他のフルーツの酸味とのコンビネーションが楽しめますよ。

お料理やお菓子作りに必要なお砂糖の代わりに

デーツは細かく刻めば、お砂糖の代わりに使うことも可能に。
例えば、ケーキやクッキーといったお菓子や、カレー、煮物などがお砂糖なしで作れます♪お砂糖をカットしている方に特におすすめの甘味料です。

デーツで美肌&美ボディに♪

栄養が豊富に詰まったスーパーフード・デーツの魅力や美味しい食べ方をご紹介してきました。甘みが強いため、食べ過ぎには注意が必要ですが、女性に嬉しい効果がたくさん期待できるデーツは日常の食生活にぜひ取り入れたいところ。輸入食品ショップやオンラインショップを中心に販売されているので、見かけたらぜひ試してみてくださいね♪

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧