実は真似しやすいポイント満載!パリのアパルトマンのインテリアのアイデアを取り入れよう
2020/05/11
1465 VIEWS

実は真似しやすいポイント満載!パリのアパルトマンのインテリアのアイデアを取り入れよう

Photo by:www.instagram.com

おしゃれなアパートと聞いてパリのアパルトマンを想像する方は多いのでは?実は、日本のアパートはパリのアパルトマンを真似しやすい環境なんです。今回は、この共通点を元に、お部屋づくりのポイントや真似しやすい事例をご紹介していきます♪

憧れのパリのアパルトマン

インスタや映画で見てときめいてしまう、パリのアパルトマン。憧れている方も多いのでは?憧れる一方で「いや、パリとうちは違うし…」と感じがちですが、実はパリのアパルトマンと日本のアパートには共通点も多くあります。今回は、パリのアパルトマン風インテリアを日本のアパートでも楽しめる方法を実例やポイントを踏まえながら見ていきましょう♪

パリのアパルトマンと日本のアパートの共通点「狭い」!

海外のおしゃれインテリアなどの特集を見ていると、私たちにはあまり馴染みがない大きな豪邸やモダンすぎるお家が出てくることも多いですよね。でも、実はパリのアパルトマンはさほど広くなく、日本のワンルームマンションなどのように狭めのところが多い模様。この狭めの空間でおしゃれな空間を作ってみましょう♪

パリのアパルトマンのようなお部屋の作り方

アートを飾る

アートを日常に取り入れるパリジャン・パリジェンヌ。
写真やポストカード、イラストなど、気に入っているアートがあれば、お部屋のアクセントとして使えないか考えてみましょう♪

こちらはモノクロの写真を大きくディスプレイしている一角。
モノクロの写真の周りにアクセントとなるデコラティブなアイテムを置いてみると、バランスのとれた空間を演出することができます。

アートをおうちに取り入れよう♪ キャンバスアートの取り入れ方

アートを飾る場所に迷ったら、廊下にディスプレイしてみるのもおすすめ。
こちらのように複数ディスプレイする場合は、フレームのカラーや質感をある程度統一しておけばうるさくなりません。

歴史が感じられるアイテムをプラス

古いものと新しいものをミックスするのは、日本人だけでなくフランス人も得意。
これもある種の共通点ですね。築年数100年越えを誇る建物が多いフランスでは、古いものをインテリアに合わせるとしっくりくることも多そうです。例えば、こちらのようにソファにヴィンテージライクなキルト、シェルフ上に歴史が感じられるレトロなオブジェを使ってみると、いつもの空間に深みがプラスされます。

モダンなチェアとシャビーなシェルフキャビネットが良い対比になっている空間。
渋みのあるカラーリングなので、くすみカラーやモノトーンのアイテムとも合わせやすいです。

レトロ調のデコラティブミラーは、フレンチシックインテリアで愛されているアイテムの一つ。お部屋に一つあるだけで、格調ある空間を演出してくれます。こちらはマントルピースの上にディスプレイしていますが、大きなサイズのものを床に置くだけでも◎。

グリーンやお花を置いてナチュラルに

フレンチシックな印象を与えるお部屋づくりには、お花やグリーンも欠かせません。アイテム数が少ないお部屋でも、お部屋の一角に観葉植物やお花があるだけで、空間がぐっと華やぎます。

レトロめのフラワーベースに複数のお花をディスプレイするのがフランスらしいディスプレイ方法。複数のお花が手に入ったらぜひ試してみてくださいね♪

アナログなアイテムを組み合わせる

レトロなアイテムや歴史を感じるアイテムに組み合わせたいのがアナログなアイテム。レコードや書籍などがあれば、積み重ねてディスプレイしてみたり、テーブルの下やサイドテーブル周りにまとめて置いておくだけでもお部屋の印象が知的な印象に。

床を変えてみる

古くからの建物を活用して作られたアパルトマンも多いパリ。
床も天然木のものや経年変化がみられるものが多い物件も多いです。パリのアパルトマン系インテリアを目指すなら、床から空間の印象を変えてみるのもおすすめ。ホームセンターなどで手に入るフロアピースやフロアデッキを使って既存の床の上に敷いていくと床がよりナチュラルな印象に♪

こちらはホワイトの壁にオレンジ系ウッドの床。
コントラストが大きな仕上がりを望むなら、壁の色から離れた色を選んでみると良いでしょう。

狭めの物件にお住いの方でお部屋を広く見せたい!という方には、壁と同じカラーのピースを選んでみるのがおすすめ。これだけでお部屋が膨張して広く見えますよ。

Talk women01

床も壁も白い空間なら、トレンドでもあるシンプルめフレンチシックインテリアも作りやすくなりますね。

壁紙は一部だけカラフル/デコラティブなものを

キッチュでモダンなパリのアパルトマンを目指すなら、お部屋の壁のうち一面だけ壁紙を変えてみるのもおすすめ。お部屋の空白が気になる所などに貼ってみるとお部屋が華やかな印象に早変わり♪

ストライプ柄の壁紙なら、太めの無地マスキングテープを貼るだけで完成♪小花柄のテープを使えばガーリーなストライプも楽しめますね。

個性的なアイテムを使う

先ほどご紹介した大きめのデコラティブミラーでも良いのですが、フランスらしいエスプリのきいた空間を作るなら、お部屋のどこかにユニークなアイテムを置いてみるのはいかが?こちらは、某ファーストフードショップを連想させる大胆なライトを置いた空間。色数少なめのエレガント空間に不思議と馴染んでいます。

一脚ずつファブリックが異なる個性的なダイニング。
毎日使うものが個性的なものになれば、生活がもっと明るく楽しいものになりそうですね♪

個性的で楽しくてエレガント!ご自宅をパリのアパルトマン風に♪

日本のアパートと同じサイズ感の、パリのアパルトマンのインテリアから取り入れたいおしゃれなアイデアをご紹介してきました。ご自宅のアパートでもトライできそうなポイントはありましたか?ご自宅での時間がよりおしゃれで過ごしやすいものになるよう願っています♪

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧