占い
今月の全体の流れ

6月の全体のテーマ:「過去に再び立ち向かう月」

先月末に土星・水星が相次いで逆行を開始し、あなたの意識と現実は急速に過去に引き戻されていきます。

現実にも過去のトラブルの再燃、一度やりすごした問題の復活など「過去」が強くフォーカスされるような出来事が多くやってくる月になりそうです。

この「再びやってくる課題」は、主に2017年から2020年にかけてやってきたものと、おおむね同じ方向性のもの。

幸運と拡大の星である木星は強いパワーを保っており、未来への希望や前向きさ・幸運は維持されているものの、前向きに取り組んでいるものが一時停止を余儀なくされたり、過去に足を引っ張られたりといった状況がやってくるラグナさんもいるかもしれません。

今月現れた問題は、土星の逆行が終わる10月半ば頃まで解決に時間がかかるでしょう。特に解決に大きな前進が現れるのは9月頃になる見込みあり。

長期戦の覚悟と完全解決する決意を持って課題に取り組みましょう。

水星の逆行が同時に起こるので、通信の障害やコミュニケーションのトラブルに注意を要する月。特に今月は、携帯電話やPCの故障が起こりやすいでしょう。

今月から7月20日頃までは、水と土に関する障害が起こりやすい時期。雨や台風による大きな災害がやってくる可能性があるので、水と土のある場所に遊びに行ったりする際にはよく注意し、タイミングを計りましょう。

【あなたのラグナ星座をチェック】
ラグナ占星術の「ラグナ星座」は、一般的な西洋占星術と星座が異なる場合があります。初めてラグナ占星術をご覧いただく方は、下記URLからあなたのラグナ星座を調べてみてください。

https://stylehaus.jp/pages/horoscope/

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

今年前半は、行き詰まり・停滞の運が続いた水瓶座ラグナさん。4月から続く開運の影響によって、そろそろ視界が開けるようなアイデアや新しい展開がやってきていることでしょう。

あなたの星である土星が先月末から逆行している影響によって、古い交友関係の復活や問題のある関係の再浮上といったテーマが戻ってきているものの、明るくポジティブな運が今月も続きます。

そこにプラスして、今月の始めから努力と戦いの運が、仕事運におよそ1か月半ほど訪れます。

先月まで続いたインスピレーションを刺激する楽しい仕事運から一転、あまり気が乗らない・楽しくないといった傾向が出てくるものの、予想以上に上手く手早く問題を消化することが出来るでしょう。

競争や争いに非常に強い時期となるので、営業職など成績が重要な仕事にとっては強い追い風となり、良い成績を残せるでしょう。

対して恋愛運には波乱のサインあり。知らず知らずのうちに我が強くなる時期なので、パートナーを知らないうちに傷つけることがありそうです。

特に20日以降から9月までは別れの運が持続するので、別れを決意したり、相手から切り出されることもあるでしょう。

4月から、あなたには好きな相手が他に出来る運があるので、新たな相手の思いを貫くために、別れを選択する水瓶座ラグナさんもいるかもしれません。

ここで別れがやってきた場合、次に縁が結ばれるタイミングは来年4月となるでしょう。

今月の全体の流れ

今月から7月20日まで続く運は、あなたに非常に強い実行力と解決力を与えてくれます。

これまで厄介な問題だと思っていたことが、拍子抜けするほどあっさり片付いていくこともあるでしょう。

この運は水瓶座ラグナさんだけに発生する特殊な運。この強い運を上手に活かし、今月から解決すべき問題に向き合っていきましょう。

今のように自分の意志を実現することに強い運がある場合、自分の意志をしっかり確認したり、強く願ったり、人に宣言したりと、引き寄せの法則的なルールがしっかりと機能しやすい時。

今月から7月終わりまでに、実現したいことを明確にしておくとその望みが叶いやすいでしょう。

ギャンブル運・短期的な投資運も強いので、7月半ばまではそうしたものに取り組んでみるのも良いでしょう。

お腹や下腹部に関する不調が表れやすいので、そうした部分に心配のある水瓶座ラグナさんは注意を払いましょう。

LUCKY ITEM

明るいブルー系の色が今月はラッキーカラー。さらっとした素材のブラウスなど、やわらかい印象のものを選びましょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。