占い
今月の全体の流れ

2021年10月の全体のテーマ:「答えを得て、過去に決着をつける時」

先月に引き続き、嵐の訪れを感じさせる運気が続く今月。

先月末から水星の逆行が始まった影響で、過去に起きた問題の再燃や昔の趣味の復活、古い知人からの連絡など、過去に関する出来事は今月がピーク。

18日には土星・木星・水星の逆行が相次いで終わるので、過去に関する出来事は18日までに決着の見通しが立ち、今月の後半にかけては、未来に向かって歩き出すような流れになりそうです。

変化のピークとなる17日前後からは、嵐の真っ只中に突入。この時期は、来月半ばまでおよそ1か月続き、全ラグナ星座に共通して大きな変化を受け入れる時期になりそうです。

ターニングポイントとなる今月17日以降は風や通信、交通に関する障害が発生しやすく、現実にも台風などの大きな嵐による被害が考えられるタイミング。

そうした不安定さに加えて、来月半ばまで太陽のパワーが最も弱まるので、目上の人物・父親に関する問題、トラブルによる自信喪失などが起こりやすい時。

さらに、太陽が弱まると気温が下がりやすく、体温も下がって風邪などを引きやすくなるので、健康にも注意が必要です。

月の前半のうちに食料の備蓄や災害に対する備えなど、ダメージを最小化する準備をしておきましょう。

また、家や車、不動産などの修繕には良いタイミングになるでしょう。

【あなたのラグナ星座をチェック】
ラグナ占星術の「ラグナ星座」は、一般的な西洋占星術と星座が異なる場合があります。初めてラグナ占星術をご覧いただく方は、下記URLからあなたのラグナ星座を調べてみてください。

https://stylehaus.jp/pages/horoscope/

今月の全体の流れ
今月の全体の流れ

今月は蠍座ラグナさんの恋愛運にピークがやってくる月。月が変わると同時に、異性との関りが増えるでしょう。

ただ同時に、交友関係や仕事運には波乱のサインがあり、人によっては大きな運命の切り替わりを体験するタイミングになりそうです。

恋愛運のピークとなるのは、恋愛をつかさどる金星が蠍座に滞在する月末30日までの期間。

今月いっぱいは異性との関わりが生まれやすいだけでなく、あなたの魅力も高まり、相手からのアプローチを受けやすい時期となります。

8日前後と22日前後は、特に恋愛に関する出来事が起こりやすいタイミングとなるでしょう。

少し変わった相手や外国の方との縁、遠距離恋愛などが特に発生しやすい時期でもあります。

ここで繋がった縁は来年4月以降にやってくる結婚の運に結び付くことがあるので、重要な出会いの時期となりそうです。

仕事運には波乱の気配あり。先月に引き続き。目的達成・成功の運気がやってくると同時に、同僚との不和が暗示されています。

特に男性との縁が悪いので、人間関係が原因となって、17日以降には部署の異動や転職、転居などが起こる可能性があります。問題自体は21日をもって解決に向かうでしょう。

金運は節約を要する地道な時期となりますが、お金に関する勉強や積み立て、保険を始めるなど、守りの運用をスタートするのに向く時期となるでしょう。

今月の全体の流れ

今月17日以降は、あなたにとっての大きな運の変わり目。

9月から続く獲得と成功、それにともなうトラブルといった激しい運から一転、今月半ば以降は少しひきこもり色の強い運気がやってきます。

実際に自分の思い通りにならない状況や、不自由を感じる状況、謹慎期間や自粛期間、長期休暇を体験される蠍座ラグナさんもいるかもしれません。

これまでの無理がたたり、健康に関する問題やストレスが表面化しやすい今月は、緊張を解いて自分を休めるセルフメンテナンスの時期だということを心掛けておきましょう。

また、手足の指先など末端の怪我にも注意しましょう。

再スタートは12月4日以降にやってくるので、じっくりと準備を整えましょう。

2020年以降に身につけたトレーニングや新たに始めた趣味、勉強などがあるなら、それに打ち込むのも良い時間の過ごし方となるでしょう。

LUCKY ITEM

今月はファッションに最も幸運のあるタイミング。大きな買い物は今月がおすすめ。特にコートなどを買うのにぴったりです。9日前後、22日前後に良いものが見つかるでしょう。

占いトップページに戻る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EDITOR / 占い師 八咫(やた)

2010年よりプロの占い師として鑑定を開始。東洋と西洋両方の占いに造詣が深く、双方を融合した高い的中率と地に足の着いたリアルなアドバイスに定評アリ。ファッション業界をはじめ、占い好きな著名人に口コミで広がる注目の占い師。