ダウンより上品、ウールよりお洒落!《キルティングコート》を2020年冬のベストアウターに指名♡
2020/11/10
4892 VIEWS

ダウンより上品、ウールよりお洒落!《キルティングコート》を2020年冬のベストアウターに指名♡

Photo by:www.instagram.com

ハイブランドのランウェイをはじめ、海外スナップでも頻出のキルティングコート。上品ながらこなれ感漂う1着は、どんなスタイルにもマッチしておしゃれ感を高めてくれます。

Talk women01

今年の本命アウターはお決まりですか?

定番のダウンジャケットやウールコートにマンネリを感じるなら、今年らしさがぎゅっと詰まったキルティングコートがおすすめです♡

「クラシカル」がトレンドワードに浮上した2020年。そして同時に、おうち時間の増加でリラックス感も欠かせないポイントになっています。キルティングコートは、それらのキーポイントを押さえた理想のコート。上品ながら、気取らないカジュアルさ、そして軽くて暖かい実用性を兼ね備えています。

Talk women01

トレンドを牽引するフェンディやフェラガモ、クロエ等のハイブランドもキルティングコートを発表!これは見逃せません。

Jason Wu の2020FWルック

今回は、あなたのファッションタイプ別に、おしゃれな着こなしとイチオシブランドをご紹介いたします。

★エレガントモード

カジュアルなイメージのキルティングコートですが、着こなし次第では女性らしくエレガントに昇華することもできるんです。

たっぷりとした生地感のロングキルティングコートのウェストを、大きめのベルトで締めることでまるでドレスのようなシルエットに。さらに大ぶりのアクセサリーやロングブーツを加え、今どきの華やかさをトッピング。

エレガントモード派におすすめなブランド

totem(トーテム)

エフォートレスシックなstyleに定評のある北欧発ブランド。一見シンプルながら、サイドスリットなど、カラダが美しく見えるようこだわり抜かれたシルエットに注目です。

&Other Stories(アンドアザーストーリーズ)

立ち襟デザインや膝下の上品な丈がエレガントなムードを盛り上げます。ベルトは取り外し可能なので、アレンジ自在なのが嬉しい!

Ganni(ガニー)

1枚でドレスのような仕立ての贅沢なコート。ノーカラーなので、マフラーなどの小物と合わせてもすっきりと上品に決まります。

プチプラ

★ハンサムモード

堅苦しくなりがちなハンサム派さんの冬コーデ。キルティングコートが程よいリラックス感を与え、今年顔にアップデートしてくれます。

定番のモノトーンスタイルも、キルティングの艷やかな立体感で奥行きが生まれます。レザーのブーツやタートルネックを合わせ、かっこいい大人像を演出して。

ハンサムモード派におすすめ

ARKET(アーケット)

ミニマル派に人気のアーケットからは、余計な装飾を削ぎ落としたシンプルな1着が登場。着膨れしらずのIラインで、縦長のシルエットが作れます。

HUNTER(ハンター)

大きめのポケットやウェストドローコードなど、細部のワーク感がおしゃれな1着。耐水性や保温性に優れ、真冬でも頼れる実力派です。

ZARA(ザラ)

豊富なデザインが魅力のZARAからは、クリーンな印象のホワイトをご紹介。ハイネックデザインできりっとハンサムな印象に。

プチプラ

★フェミニンカジュアル

フェミニン派さんのデイリーコーデにもばっちりハマるキルティングコート。キルティングの愛らしさを存分に引き出したスタイリングがおすすめです。

ノーカラージャケットを選べば清楚でソフトな装いが叶います。プリーツスカートやサテンスカートなど、動きのあるスカートを合わせて上品かつトレンド感のあるスタイルに仕上げてみて。

フェミニンカジュアル派におすすめのブランド

TRADITIONAL WEATHERWEAR

英国のトラッドスタイルをベースにした、上質な名品が揃うブランド。温かみのあるカラーや、ゆったりとリラックス感のあるデザインが魅力です。

Barbour(バブアー)

無骨なイメージのアウトドアブランドですが、アレクサ・チャンとのコラボモデルはメンズっぽさを抑えたきれいめなデザインが注目の的に。

プチプラ

★ベーシックカジュアル

ベーシックなアイテムとキルティングコートの相性は抜群。元々トラディショナルなアイテムなので、大人のカジュアルにさりげなく品を添えてくれるのが嬉しい!

合わせるボトムスはタイトよりもゆとりのあるシルエットが今っぽい。テーパードジーンズで抜け感を演出し、ハイカットのスニーカーやショートブーツで足元を引き締めると好バランス!

LAVENHAM(ラベンハム)

キルティングジャケットの代名詞とも言えるラベンハム。クラシカルなボックスシルエットで、デニムにさらりと羽織るだけで見栄えする1枚です。

STAND STUDIO(スタンドスタジオ)

トレンド感のあるアウターが人気のスタンドスタジオ。パーカーのような仕立てのキルティングコートは、ドロップショルダーや大きめのフードでこなれ感たっぷりに着こなせます。

プチプラ

いかがでしたか?

どんなスタイルにもマッチし、今年らしいムードを高めてくれるキルティングコート。春秋はもちろんのこと、ニットやインナーを重ね着すれば真冬でも楽しめる優秀アイテムです。
今年の冬はいつもより新鮮なコーデがしたい!と思ったら、ぜひ取り入れてみてくださいね。

キルティングコートをもっと見る

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧